« ベルリン フィルと子どもたち | Main | 結局今さら »

January 11, 2005

他人事ながらいらいらはらはら 

ここのところ、ついついジェフサポのBLOGをうろうろしている。外野が何を、と言われるかもしれないけれど様々な思いがあふれ出て切ない。村井や茶野が他チームながら好きな選手で、噂される先が思い入れがないところ(旧ライバルとしての淡い思いはあるけどね)だって言うのもあるけれど、やっぱり今回の件、同じサポーターとしての立場を思うならやっぱり絶対に納得できない、と思う。

すみません、サッカーネタばかりが続きます…オフなのに(苦笑)
どのチームにも何人かいると思うんですよ。鹿島なら、例えば中田浩二、例えば満男ちゃん…まだ、子供っぽさを残した顔で入団し、初出場、初ゴールに歓喜、泣けばこちらも胸を詰まらせ、不調の試合でははらはらし、いつしか気がつけばすっかり大人の顔になって、チームの核になっている。 「チームの顔」みたいな、マスコミが作り出したカリスマとはちょっと違う、自分がそのチームを観てきた歴史の一部、下手すると全部にその選手の歴史が沿うようにある選手。試合の後には気持ちが入らないプレーに文句を言っては勝手に怒るんだけど、他のチームのサポがけなすと妙にムキになって弁護してみたり勝手に不機嫌になってみたり。

村井も茶野も、そう言う選手でしょう?
ジュビロのファンは嫌じゃないのかな?
他のチームの色の中心を成す選手が二人来たら、間違いなく来られた方のチームの色も変わる。川口からのボールを茶野、村井とつないでヨンスのゴール、それで勝って磐田スタジアムは沸くか?
たとえば、去年鹿島にきたのがイバだけだったからある程度はすんなり受け入れる事が出来たけれど、たとえば新井場と遠藤ヤットが一度にきて、鹿島のレギュラー張ったら、と思うとやっぱり二人いることで違和感が倍増すると思うのだけれど。
二人とも、特に村井くんは好きな選手だけれど鹿島のユニを着て、プレーして欲しい、と思うには二人ともあまりにジェフのイメージが強いんだもの。
贅沢にサッカーを見たいと思うならば、自分のチームも、相手チームもそれぞれに色があって、そのチームらしい顔になる選手がいて、「ああ、○○ うちのチームの試合にはお休みしてくれないかなあ」とか言いながら、出ていなかったらちょっと寂しかったりして…そしてコンディションがいい相手にかった時の喜びは計り知れないのだ。

純粋にサッカーファンとして、ジェフで村井や茶野が見られなくなったら寂しいよ。
ジェフサポ、頑張れ。君らの思いは多くのチームサポが共有する。
大逆転、期待しています。

|

« ベルリン フィルと子どもたち | Main | 結局今さら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/2582321

Listed below are links to weblogs that reference 他人事ながらいらいらはらはら  :

« ベルリン フィルと子どもたち | Main | 結局今さら »