« あちゃー | Main | 生きる@乙川優三郎 »

January 27, 2005

中田浩二強奪

「おいおいまるで裏切り者扱いじゃないか?!」 たまたま読んだ某アナウンサーさ
んのブログ。中田浩二のマルセイユ移籍を巡って、鹿サポとチームに対し、なぜもっと暖かく見守ってはくれないのか、と。「僕だって大事に育てたアナウンサーが独立する時、ショックだったけど頑張って来いよ」と温かく送り出した、と。

悪いけど外野でそういうこと言って欲しくないよ(怒)。
これまで見てきた中で、鹿島と言うのは時に驚くほど選手にやさしい(見方を変えれば甘い)チームだ。隆行の時だって、ヤナギの時だってチーム状況は決してよくなかったのに、彼らの希望を入れて、快く送り出した。隆行やヤナギのレンタル延長だってそうだ。時にサポーターから「選手に甘すぎる」と言う批判が出るくらい、選手本位で物事をすすめてきた。今回だって、もしもっと早くオファーがあって、向こうが歩み寄りを示してきたならばチームの状況が苦しくても無理して送り出したと思う。

トルシエがマルセイユの監督に就任したのが11月28日。中田リストアップ報道が流れたのが1月1日で、リザラズが怒ってバイエルンに行っちゃったのが1月5日。12日から練習参加、と言う名目で行ったのに、行ってみたら入団テストであちらのHPに発表され、相手のGMが契約してないことを承知でそれを待つこともできる、と言うような発言。帰国後に届いたオファーは20万ユーロ、相手はそれ以上の交渉も非公式のレンタル移籍の打診も聞く耳持たず。これさ、そもそも正当な取り引きといえるんだろうか?
お金が欲しい、と言うよりも(まあ補強のことを考えると実際欲しいんだが) 中田浩二の価値をちゃんと認めて,それでも欲しいといってくれる感じがしないのが不満。海外における日本人の地位,なんて卑下することはないでしょう?だってW杯にも出ている、代表キャップもいつのまにかかなり上位にきている(最も上位に行くほど起用しつづけた人が今回の仕掛け人の一人な訳だが)、J三冠のチーム(今の成績は置いておいて)のゲームキャプテンなんだし。ええ、世間がどういおうともここは主観で行くわけだ。さらに、一応はフランス代表のリザラズさんの穴埋めに一環としても考えてるわけでしょう? それでこのオファーは誠意があるっていえるんですかね?
何だかさ、行くなら行くで「来たいなら来れば?」じゃなくって、「君が必要なんだ」って言う姿勢を見せて欲しいわけですよ。「ほんとに望まれていくなら」ってちょっと気が楽になろうってもんじゃないですか。トルシエがいなくなった後も、
ちゃんと戦力として考えるつもりなのか、チームとして。
何だか海外行きたい若者(苦笑)にとっては願ってもない美味しい話をちらちらさせつつ、後ろの思惑はちっとも明朗快活でない胡散臭いものを感じずに入られないんだよ。

「モー娘と同じ事務所には入れるよー。東京に来て芸能界デビューしない?」って東京に連れ出す怪しげなブローカーみたいなんですけれど。で、実際の仕事は怪しげなVシネマや写真集だったりしないよね?…で、あげくの果てに売られちゃったり(←たとえですから、飽くまで)それに実のところ、かってないほど鹿島の先行きは厳しい。補強はどうみてもうまくいってない感じで新外人の名前も浮いては消え、浮いてはきえ。それでも、もしも浩二がこんなに早くいなくなるとわかっていたならもう少しやりようはあったはずなんだけどね。

あたしも含めて、サポーターだって本当なら祝福して送り出したかったんだと思うよ。
例えば天皇杯、例えば1st Stageが終わるあたり(今年で言うなら前半)、カシマスタジアムを赤く染めて、最後は敵味方も一緒になって何回も、何回も続く中田コール。味方からちょっと多めに出るパスからか、満男から譲られたフリーキックか、きっと浩二はゴールを決めるだろう。彼がこんなにおいしい場面を見逃すはずないもの。
いつだって、中田を後の憂いなく送り出す事なんてできないだろう。鹿島の戦力はここのところそれは不安定だし、彼はそれでも中心として支えてきた選手だし。でも、それでもちゃんと義理を通してくれれば、なるべく送り出してやりたい、という気持ちは持っているはずだ。
その、ささやかな惜別の機会さえ与えてくれないなんて。
こんな別れ方は寂しすぎるよ。

フランスのピッチに立ったなら、やっぱり気にせずにはいられないだろう。でも、活躍すると嬉しい反面、ひどく寂しい思いを感じてしまいそうで。
頑張れ、中田浩二。頑張って、向こうで活躍して、そしてJリーグには帰ってくるな。
間違っても他のJのユニを着る姿を見ないで済むように。

…そして他の選手は中田がいないから○○(←適当に入れてください)とか言われないように、意地を見せてくれ-(←切実)

|

« あちゃー | Main | 生きる@乙川優三郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/2717552

Listed below are links to weblogs that reference 中田浩二強奪:

« あちゃー | Main | 生きる@乙川優三郎 »