« イラン戦 | Main | まあいいや、勝ったから »

March 27, 2005

走り続けた20年

今日は「TRUTH」東京公演千秋楽の日。チケットももちろんなかったし、ちょうど夕方から用があったので公演(または中継)を見る予定はなかったのですが、日ごろお世話になっているお友達(<って言っていいよね?)が来京されていたのでお昼を食べに池袋まで行きました。短い間だったけどいろいろお話できて楽しかったです(^^)

で、せっかくなので夜公演ばかりだったので見られなかったキャラメルボックス20周年写真展へ。サンシャインの展望台なんて○年前にお客さんの付き添いで来た以外は大学時代以来だよ…。割と展望台ってすきなのですがそれでもここまでビルばっかりだと味気ないねえ。高いところにいる、って爽快感は感じるけれど。やっぱり山やら川やら色のメリハリがあるほうが好きだわ。

写真は60枚ほどでしたが、さすがに選りすぐりの写真ばかり。初期は西川さんの、そしてTRUTHのせいもあるのか?上川さんが出ている写真が多めだったかな。ふだんカレンダーなどで使われている伊東さんの写真はひいて撮った舞台全体を写すものが多い気がするのですが、個人の表情まで読み取った写真が多く迫力がありました。
どれも良かったけど、あえて言うなら1989年の「スケッチブック ボイジャー」の津田さん…あり得ないほど綺麗。そして、やっぱり「風」の菅野さん…迅助@細見さんに呼びかけられて何か心の中を押し殺してかみ締めているような表情。この二枚は思わず何度も行き来してみてしまいました。菅野さんの写真はあと、「我が名は虹」の黒江さんを追い詰める場面と、あと「キャンドルは燃えているか」の1シーンの後ろのほうに。個人的に菅野さんの台詞がないところの演技(表情とかしぐさとか)が大好きなので、こういう「語る」表情はとってもツボです。

写真だけ見て、買い物でもして帰ろうと思っていたのですが(後ろに用事ありだったので)、出たところで10年前のビデオの「DECADE」の上演をやっていてついついずるずる見てしまいました。みなさん、若っ(笑)。菅野さんなんてまるっきり学生(って今も学生だけどー笑)。上川さんが、なんだか素朴な好青年風で、まだすれていない(←失礼な)
感じで可愛らしかったです。
買い物する時間もなくなったため、せっかくなのでキャラメルソフトを食べて帰りました。かなり甘かったけど、おいしかったです♪

|

« イラン戦 | Main | まあいいや、勝ったから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/3465097

Listed below are links to weblogs that reference 走り続けた20年:

« イラン戦 | Main | まあいいや、勝ったから »