« ようやく復旧♪ | Main | 開幕 その2♪ »

March 06, 2005

開幕 その1♪

例年だと迷わず埼玉スタジアムに行ったことと思われますが、今年は迷ったあげくに群馬まで。
だってやっぱり自分が県リーグのときから応援してきたチーム(まあ去年はほとんど行けなかったとは言え)が
J2デビューするのを生で見られる、なんて経験はそうないと思うから。しかし、今までいろいろな縁でチームこそ違えいろいろな場面に遭遇しているなあ…昇格、降格、優勝でも県リーグ、社会人リーグ、J2、J1、ナビスコ…準優勝も何度か見ているし(苦笑)。観戦者冥利に尽きると言うものかしら?…あとは天皇杯優勝とJFL優勝くらい…もう二度と見たくないシーンも中にはありますが。

久しぶりの敷島。前来たのっていつ以来だろう?…あの時は乗ったタクシーの運転手さんに「サッカー場」って行ってもわからなくて別のところに連れて行かれそうになったんだった。前橋の駅にもザスパのポスターが張ってあったし、だいぶザスパとともに「サッカー」も浸透しつつある感じ。スタジアムに到着して人の多さにびっくり…だいぶ最近人が多くなった、と言う話を聞いていたもののホームには来れていなかったし、今日は初めて来る人たちも多いだろう。S席ゾーン@ホーム すでに席はなし。帰りの電車で座れるかどうかわからないこともあって立ち見は避けたかったので、座席ブロックの一番下の段が張り出しているところに座らせてもらう(そういう人が多く、その段自体が座席のようになっていた)。

選手入場と同時に青いテープと黄色い風船が飛ぶ演出。入場に手間取って選手紹介が聞けなかったのは残念だったなあ…さすがに昔のように「髪形を変えてかえって老けてしまいました」とか「最近○◎に凝っています」とか言うのではないんだろうけど(笑)。ああ、昔話ばっかりしてますね。スタメンは宮川、御給、高須、鳥居塚、氏家、寺田、依田、小田島、籾谷、岩丸。約半分が2002年からのメンバー、ベンチには小島さんと堺くん…ちょっと胸が熱くなる。
自分も好きな選手が移籍して、他のチームで外様扱いしたり「生え抜き生え抜き」というひとたちに腹を立てたりもしたので、こういう言い方はあんまりしてはいけないとは思うんだけどね(^^;)
対する山形…けっこうな数のサポが来ている…ああ、晃平@元フロンターレが居るよ(汗)…去年フロンタ戦でもけっこうてこずらされたイメージがあるのでいやだなあ。原竜太は今山形に居るのね。一時期名古屋の期待の星で、ちょうど今の深井くん@鹿島のような扱いだったけれども。

試合が始まってしばらくはザスパがけっこういい感じに押し込んでいる…でも最後のところでしっかり相手につめられている…さすがはJ2の先輩で上位争いにも参加して来たモンテディオ。何か、せめて入るもののどうもボールが足元に落ち着かない後輩ザスパ。攻めているのに点が入らない焦燥感の中で相手に一点取られる…すくなくとも前半で一点返せていれば流れは変わっていたかもしれない。しかし、テラ…出場機会はともかくJに出ていた同僚が多い中で、Jでの経験はない。普段大きな局面でも比較的バタバタしなかった彼が、つめ切れなかった相手からのボールが先制点となり、その後もボールが足元に落ち着かなかったのがJでの重圧、って言うものなのかもね。今日は正直、代えられても仕方ない、と思ったし私が今まで見てきた中で一番よくなかったかもしれない…。2点めとられたら正直厳しいな、と思い事実危ない局面がいくつもあったのを何とか乗り切って前半が終わる。後半戦前半にうまく一点取れたら流れが変わるかもしれない。

せっかくなのでハーフタイムの間に外へ。屋台で地元のお弁当業者の鶏飯や地元の温泉饅頭など。まだまだ裁ききれてはないけれど、地元の特性を出してていい!と思う。途中で間食しないでくればよかったよー。敷島のコンコースが整備されたら、もっともっと地元カラーを前面に出して欲しいなあ。

後半始まってすぐ、マークの受け渡しがうまくいかないところをあっという間に行って決められる。ばたついたところをあっという間に追加点。ここで頭を冷やせ、と言うのが無理なのか余計に頭に血が上ったプレー。鳥さんは大舞台に強い、と言うイメージがあって信頼していたのに、その彼をしてJ2開幕と言うのは特別なのかフリーキックはまっすぐ相手へのグラウンダーへ、簡単なパスが難しいバウンドになって通らない。ましてやほかの選手はもう浮き足立つどころか何だか所在なげに、次はどこへ行ったらいいんですか?というプレーで味方へのパスが足元で弾んでは相手のいい餌食になっているし。個人的には今日一番責められるべきなのは三点取られたことなのではなく、三点とられた後に試合を投げてしまったように、少なくとも観客席からは見えたことだと思う。白旗をあげながらのプレー…絶対に一点は返してやるんだ、と言う気概が感じられなかった。でも、実のところこういう場面って過去にも見ているような気がするんだよね。ザスパは雑草集団とは言われつつ、前のチームから数えると2チーム目、と言う選手が多いからなのか良くも悪くもおっとりとした、打たれ弱い面が多い気がする。最初に見た天皇杯のホリコシ戦とかにけっこうイメージが近かったりするのよ。一発勝負には頑張れるんだけどね…J2は長丁場でけっこうしたたかに勝ちに来る相手も多い…その辺がこれからの課題かな。そうそう、「小島がいれば」とか観もしないで言う人も多いと思うんだけど、岩丸くん頑張っていましたよ。これからに期待です。最後の最後で交代で出た堺くん、一回いい突破も見せただけにもう少し長く観たかったなあ。

小島さんもスーパーサッカーで言っていたように(しかし、試合に出ていない小島さんが唯一のコメント、ってどうなんだろ?)まだ44分の1。選手もサポも下を向く必要なんて全然ないし、下を向いたらおしまい。来週の京都戦、楽しみにしましょうよ。夢に観たJ2の舞台なんだもの。そんなにうまくいったらつまらないじゃない…もう落ちる心配はとりあえずないんだし(ぼそっ)。
ただ、鹿で育った私としては全員が暖かく拍手、というのも正直違和感。選手に罵声を浴びせる輩はきらいだけど、全部が全部拍手というのもね…少なくともかける声は「よくがんばった」ではなく「次こそ頑張れ」なんだと思う。

負けたから余計に、また近いうちに来たい、と思ってしまう(苦笑)。幸い今年はJ1の中断期間も長いし、今度こそ勝ち試合を見なきゃね。帰りの新幹線でもなぜかあんまり落ち込まなかった…やっぱりJの舞台で彼らを見られたのは嬉しい。最初は苦労すると思うけど、臆せず前向きに頑張って欲しい。

|

« ようやく復旧♪ | Main | 開幕 その2♪ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/3214255

Listed below are links to weblogs that reference 開幕 その1♪:

« ようやく復旧♪ | Main | 開幕 その2♪ »