« TRUTH カーテンコール篇 その1 | Main | それは話が違うんじゃ »

March 20, 2005

そんなに勝ち点1が好きか。

本日はナビスコカップ第一戦 川崎F対旧川崎こと東京VERDY。
仕事で少し遅れて到着、前半15分過ぎくらい。VERDYにはワシントンがいるよ…こわいよーとか思いつつスタジアムについてみれば一点先制してて正直ちょっとびっくり(^^;)前半はもう、本当にいい感じ。ボランチからもいい感じにボールを散らせていたし、サイドの上がりにもボールが出ていたし、そしてジュニは相変わらず別次元を形成していたし。ワシントンは確かに怖いものを秘めていたけれど、それでも宏樹がよく対応していたと思う。あれよ、あれよという感じで得点を重ねて4-0。ちょっとほっぺたをつねってみたいような感じ。もうゴール裏は行け行けムード、それでも一抹の不安感が漂っていたのは気のせいだろうか。

後半開始。J1とJ2が違うところは前半ほころんでいたところを後半にはある程度修正してくるところだ。ハーフタイム、というのはちゃんとそれなりの意味があるのね、という感じ。
前半にはあったスペースがなくなり、前半はつかれなかった隙を突いてくる。巌さんが突進してきたワシントンを倒してPK…これはしょうがないと思うの。2点目をとられてからの絵に描いたようなバタバタぶりが…(--;)
「てんやわんや」というのはどういう状態なのかよくわからないけどきっとこういう状態なんだろうな、という感じ(←どういう感じ?)。何だかほかの選手が視界に入っていないし、行き当たりばったりで次に何をしていいか見えない。 自分でも仕事をしていて、慌てると手に書類を持ったままうろうろ立ったり座ったり挙動不審になることがありますが、なーんだフロンターレの選手でも同じじゃん、って安心していてどうする。

要は、チームがそういう状態になった時に締める選手がいないんだよね。ベティも巌さんも下川もヤスもベテランなんだけど職人タイプだから、後ろからくだくだ言う人が必要かも…というわけで、相馬さん出番がありそうですよ!(←説教要員かいー汗) 

しかし、さすがに4点差で追いつかれるとはあんまり思ってなかったよ(ため息)
負けてない、というのはすごいことだけどそろそろ勝ち試合がみたい。

蛇足その1
後ろの男の子がミノが倒されたときに「ロボットこわしちゃだめだぞーっ!!」と叫んでいた。しっかりロボとして認識されているらしい。

蛇足その2
周平、あわやハットトリックだったのにヒーローになりそこなったねえ。

|

« TRUTH カーテンコール篇 その1 | Main | それは話が違うんじゃ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/3361902

Listed below are links to weblogs that reference そんなに勝ち点1が好きか。:

« TRUTH カーテンコール篇 その1 | Main | それは話が違うんじゃ »