« まあいいや、勝ったから | Main | 準備中 »

April 02, 2005

祝 ザスパ初勝利!&されど仙台

長かったねえ。これで前を向いて、自分たちのサッカーができるようになるといいねえ。
殊勲の吉本くん、「勝ったことがチームにプラスに」と言っていたけれど、勝つことが何よりの妙薬になるのよ。「もう勝てないんじゃ…」って言う不安からチームも、サポも開放されるから。ここのところ、失点が少なくなっているからこの流れでつないでいってほしい。Sサカで真っ先に抱きつくテラの姿にちょっとうるっと来ました。

心配なのが仙台。クマも、大ちゃんも元鹿組の中では相馬さんをのぞけば1,2を争うくらい常に常に気にかかる、幸せであってほしい(いや、みんなそうだけどさ)選手なので今の状況はつらいです。
特にクマの今の状況は2000年の奥ちゃんの状況に似ていると思われ…仙台関連のブログとか掲示板とかチラッと見ても胸を刺すような言葉の数々。

*****
「奥野!出て来い!こっち来いよっ!」「お前なんか鹿島へ帰れ!」
チーム全体が何もかも見失っていたかのような2000年。スタジアムに行って心ない野次を浴びる奥ちゃんを観ているのは本当に辛かった。それでも、ゴール裏には必ず挨拶に来ていた奥ちゃん。執拗に野次をあびせ、とりあわず歩いていく奥ちゃんに「逃げる気か!」とさらに罵声が追いすがる。HPのTOPに前のキャプテンこそがキャプテンにふさわしい、というバナー…関連サイトを見るのは辛かったけれど、どうしても観ずにはいられない性格ゆえ何だか意地になって観にいっていた。力になろうなんておこがましいものではなくて、自分が行くことでスタジアムの中にひとりでも奥ちゃんを応援している人が増えればいい、勝つ喜びはもちろん、負ける辛さも少しでも一緒に感じられればいい、なんて何だか悲壮に思いつめた気分で…今から思えば怖いファンだったかしら。当時はネガティブな部分がどうしても先行したけれど、後から冷静に考えれば暖かく応援してくれたり、少なくともフェアな目で見てくれた川崎サポーターもたくさんいたんだけれどね。そのころはこっちも余裕が思いっきりなくなっていたんだと想う。まあ、あのころの経験がなければ、その後、特に相馬くんがVERDYに移籍していた2002年あたりに鹿島の試合もあわせて三つ掛け持ちしつつザスパの応援、なんてできなかったとも思うんですよね。あの辛い中でも代わらず頑張っていた奥ちゃんを観て何というか「ファンになり直した」感があります。ご本人はどう思っているかわからないけれど、その後の奥ちゃんを観ていると、あの一年も意味があった一年だったのかな、とも思ったりします。

クマにとって今が底で、これからいい方向に向かいますように。何よりもクマのプレーが、チームや試合への思いが周囲にわかってもらえますように。いや、選手に関してはあんまり心配していないんだけどね…鹿島のころからサポーターをとっても大事にしてきたクマとしてはやっぱりサポーターにわかってもらえないのはとても辛いことだと思うので。「東北のサッカー」に賭けた熊谷さんの気持ちが、J1昇格という形で実を結ぶことを祈ります。

|

« まあいいや、勝ったから | Main | 準備中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/3542959

Listed below are links to weblogs that reference 祝 ザスパ初勝利!&されど仙台:

« まあいいや、勝ったから | Main | 準備中 »