« 雨と夢のあとに | Main | 国と国、人と人 »

April 17, 2005

鹿島VS市原 於国立

もうひっさびさの鹿島の試合。年間通して観るようになった1999年以降、開幕からここまであいたのはたぶん初めてだと思う。前に用があってぎりぎりになっちゃったけど、道すがら妙にそわそわわくわく。
以下、まとまらない(←それはいつも)けれどポイントだけ。

>生では初見の噂のアレックス・ミネイロくん。おおっ外人でスキンヘッドなのによく動く~!!(←間違い)トラップが隆行のガシ、や他の選手のポコンと音がしそうなトラップとはまた違い、トン、とリズムよく真下に納まる感じで好印象。久々に「助っ人」って感じで頼もしいわ~。
>青木くんが何だか頼もしくなっていた。前は何だかひとりてんやわんや状態か、あるいは僕はどこに行けばいいでしょうか@ただようくらげ状態なことが多かった気がするんだけど、どことなく、プレーに意図が見える気がするようになっていた。後は苦しい試合で、どれだけ頑張れるようになっていくか、なんだろうな。
>岩政親分、やっぱり秋田さんを髣髴とさせるなあ。二代目襲名間近って感じ…まあ、本人は初代岩政がいいんでしょうが(笑) 
>うっちーがユニになったのを見て、何やら周り@知らない人から「うちだだよ…」という声が。まあさ、あのメンバーの中では確かに一般的にわくわく感はないだろうけど、なんだか聞き覚えがあるなあ、と思ったらこの間まで出るたびに「ほんだだよ…」といわれていたのは主将だったんでした。え、わたし?あたしゃ地味なサイドバック好きなんでうっちーわくわくですよ?(←微妙に失礼だ>ウッチー他に対して(笑))
>ああまた上川さんだよ。モットーは「疑わしきは罰せよ」「人を観たら泥棒と思え」「一日一赤」…すさんだ人生だねえ(大きなお世話)。というかですね、審判が発表された時点で「さあ、今日は荒れるぞー」という思いが掠めるっていうのはどうだろう。今回ババを引いたのはジェフのほう。次がうちじゃないとどうしていえようか。

今回のゴールはどれもきれいだったけれど、個人的に一番好きなのは満男ちゃんから岩政親分のゴール。足を伸ばした岩政も偉いけど、ピッチを割りそうな、普通は諦める選手が多そうなボールを取れると踏んで必死で追いかけ、さらに得点につながるクロスを上げた満男ちゃんに惚れ惚れ。2ゴールもよかったけど、それ以上に価値のありそうなアシストだった。
あとはすっかりスタメンに定着した野沢くん。鹿島の選手はみんな好きだけど、サイドバック好きのあたしとYさんが一致して「拓ちゃ~ん」とプレーに黄色い声(??)を上げる選手なのよ。いや、あたしにとって、「天才といえば野沢拓也」だから。私と鹿を一緒に見た人なら既に数回は聞いていると思いますが、いつか練習で観た満男、ヤナギ(いわずと知れた柳沢)、大分にいるネモちゃんと野沢くんの4人の、異次元のようなパス回しが忘れられませんです。どーしても守備とスタミナが不安で、さらに中盤選手トニーコレクションのおかげでなかなか先発で出れなかったけど、やっとつかんだチャンス今度こそ大事にして欲しいです。というか、満男や隆行、本山さん@海外志向組の命運を左右するのは君だと思われる。いや、相馬さんがフロンターレにいるうちはフロンタ優先、と割り切っているし、それにもういまやフロンターレも私にとっては大事なチームだけど、さらにザスパやベガルタも観に行きたい、などと思ったりするけどでも、何だか野沢くんのプレーを観ると次もふらふら鹿に引き寄せられそうで怖い…恐るべし、野沢拓也の魔力(爆)

しっかし、鹿島。パス回しを観ていてストレスを感じなくなったねえ。
去年まで「何で密集するんだよー」「逆サイ(ド)っ!!!…(と言ってるまに持ちすぎでとられる)」「後ろにばっかりパスしないでよ」「そっちは味方じゃないっ」「シュートを打たないほうが勝ちなのかー」などなどと叫んでいたチームとはおもえん(苦笑)。それとも久しぶりに見るからそう思うのかしら?
まあ、悪かったころを知っているから余計ありがたみが増すのかもね。
これが当たり前だと思ってちゃいかんよ>今年から観はじめた人たち(笑)。

|

« 雨と夢のあとに | Main | 国と国、人と人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/3732031

Listed below are links to weblogs that reference 鹿島VS市原 於国立:

« 雨と夢のあとに | Main | 国と国、人と人 »