« 俊哉移籍 | Main | 先の舞台など »

May 01, 2005

暗澹

ここのところ、どこもトップニュースいえば先日の列車事故のことで。死者107人…天災でもそうそうないくらい、たくさんの人たちが犠牲になった。自分や、家族、友人と同じような年齢の人たちのそれぞれに明日につながるはずだった未来があり、それぞれの思いがあり、人間関係があり…自分自身も通勤やプライベートに電車を毎日のように利用するだけに、他人事とは思えない恐怖と、哀悼の念を感じる。実際、一時間遅かったら事故にあってた、とか、その路線を使うことがある、と言う友人もいるし。今回のことがなかったら、(安全の見直しなどが行われずに)自分の路線でも起こった事故だったかもしれないのだし。
たぶん、その思いは多くの人が共有するもので、だからこそ報道の量も必然的に多くなるんだろう。そして、今わかっている状況から、運転手にも過失があったんだろう、とは思うんだけれど。

でも、それだからと言って当時まだ生死がわかっていなかった運転手の自宅のインターホンをレポーターが何度も何度も鳴らしていい、と言うことにはならない。原因の解明、と言うことに必要な以上に克明な再現ビデオをCGで作って流していい、と言うことにもならないと思う。それはただの、過剰な野次馬根性だ。死者をいたむ、と言うことからも、遺族や被害者の感情を大切にする、と言うところからも逸脱している。まあ、そもそもそういう感情がメディアにあるか、と言うところも問題なんだけれど。

理想論といわれるかもしれないけれど、やっぱり報道においても一番の目的は「同じことを二度と繰り返さないような努力をする方向に問題提起をする」って言うことだと思うのね。犯人探しではなくて。
だって実際運転手はミスを犯したかもしれないけれど、コレだけ多くの人を乗せている列車においてひとりのミスがカバーできない、と言う点が一番問題だと思うもの。大きな事故になった本当の原因はそこだと思うんだけれど、それが運転手個人の問題や、上層部の責任問題(←確かに上である以上責任は取るべきかもしれないけれど、辞めてうやむやに終わる、と言うのは困る)にすりかえられてしまったらたまらないし、散々騒いで何も残らない、と言う事態になってほしくない。

それに加えて、さらにさらにやりきれない、暗澹たる気分になっているのが、あの事故のあとに線路の置石が頻発している、と言うニュース。これさ、愉快犯だとか酔った上でのいたずらとか片付けられるレベルの問題じゃないでしょ。最悪の場合、列車が脱線したらどうなるか、と言うのを毎日毎日見せ付けられてそれでなおそういうことをやっているんであれば、「殺人未遂」くらいの容疑で拘束してほしい…後続を絶つためにもね。


|

« 俊哉移籍 | Main | 先の舞台など »

Comments

TBさせていただきました。
また、お読みになってください。

日本の企業はリスクに対する意識が足らないといわれます。
JR西日本だけを責めるのは、勝手ですが
マスコミだって、お前とこ、どやねん!と思います。

フジテレビとライブドアの一件かて、まさに
企業の「ミス」をいかにフォローするかという問題だったはず。つまり経営陣が企業買収のリスクをどう回避するかという問題でした。
でも、ふたを開けてみれば・・・・ですよね。

この問題は、日本の企業全体に突きつけられた大きな問題だと思います。

置石については、酔った上でもそうでなくても
ふざけんなって感じです。
鉄道業界はなめられているという気さえ覚えます。
一生懸命頑張っている方もみえるのに。

あと、みなさん。JR西日本エリアへ行ったら運転台を覗くのはやめましょう。
ああいうのは、運転手にとってとても気が散る
原因になるみたいです。

安全運転にご協力をよろしくお願いします。
一介の鉄道ファンからでした。

Posted by: ともっち | May 05, 2005 at 08:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/3928285

Listed below are links to weblogs that reference 暗澹:

» 安全神話 [オヤジライター、かく語りき。]
去年の暮れ、こんなことがあった。 昼の3時ごろ、僕は打ち合わせを終えると、帰宅するために電車に乗った。 乗り込んですぐの扉口に立ち、ドアが閉まるとそこに体を預けるようにもたれ、先ほどの打ち合わせの資料に目を通し始めた。 しばらく読んでいたのだけれど目の疲れでいったんやめ、顔を起こして車内をなにげに見回した。その車両には乗客が10人程度で、僕以外の人間はみんなシートに腰掛けていた。この時間帯だとこんなに空いているのか、�... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 02:18 PM

» 福知山線の脱線事故(その2) [ともっちの日記]
本当にかえすがえすも残念な事故である。 最初は人為的ミスを否定してきたJR西日本も今日社長が 幹部たちへの訓示で、業務の再点検と全面的な改善を指示した。 (NHKのニュースによると。) ところで、先日脱線事故の話題を取り上げた時に 京阪びわこ号さんが寄せてくれたコメントを もう一度読んでいただきたい。(カテゴリー、鉄道で検索) なにやら、難しいことが書いてあるが、 要は、ATS−SWというJR西日本が福知山線... [Read More]

Tracked on May 05, 2005 at 07:58 PM

» 献花に行ってきました [ともっちの日記]
大阪は梅田駅前のネットカフェにて書いています。 本日列車事故現場に献花に行ってきました。 とても暑く感じたのは上着を着ていたせいもあるのでしょう。 現場付近の高架の上には、立ち往生した普通列車が 現場付近の踏切の手前には、急停車した特急北近畿が とまっていました。 現場付近には、交通規制がかかっていて 警察のかたが交通整理をしています。 踏切のすぐ向こうに献花台。 JR西日本の職員の方が暑い中 一礼程度です... [Read More]

Tracked on May 05, 2005 at 08:00 PM

« 俊哉移籍 | Main | 先の舞台など »