« シャッフル@PARCO劇場 | Main | 至福(PSV対ミラン) »

May 05, 2005

飽くまでも

相馬ファンの相馬ファン的戯言なので聞き逃しておくんなせい(←何時代の誰だよ)。

あのですね。サカダイとかのコラム見ても思ったんですけれど、「相馬直樹を入れて守りきる」っていうコンセプトが微妙によくないかなあ、とか思うのよ。何か、攻め気でいたチームが相馬さん投入をきっかけに「そーだった。そーだった。僕たちは守るんだったっ~」と夢から覚めたようにばたばたするんですよね。セッキーにとっては鹿島のホンダヤスト的な役割を期待してるのかなあ?少なくとも選手たちはそうだと思っているみたいな気がするんだよね。だとしたら、ちょっと違うような気がする。もともと守りが得意なチーム、と言うわけじゃなし。
確かに相馬さんはDFだし、どちらかというと印象は「守」なんだけど、わたしのイメージ的には本田さんのような「守りの職人」(←これはこれでほめ言葉だ)ではないのよ。もう少し攻撃が勝った感じ。飽くまでコンセプト的には「しっかり守っていこう」ではなくて、「試合の流れを相手に渡さず、時間の使い方を考えつつ、あわよくば攻める=守り」。ある意味、相馬さんの投入は合図ではなく、「修正」のはずだし、どっちかというとそっちが持ち味なんだと思うんですよ。それが何となく、「守りの合図」みたいになってベタ引きになっている印象なのですわ。そりゃあ、サンドバックにもなるよ。
ただ、今の時点でそれが監督の指示なのか、真意が伝わっていないのか、あるいは相馬さん自身も「守るぞー」になっているのかはわからないのだけど(まあ全部なのかもしれないが)、何だか持ち味も出せていない上に一緒になってバタバタしている気がすることもあって。本当は、「相馬直樹が入っても周りの選手が一見何も変わらないかのように動いている」上で、その穴を埋めていく、と言う方がいいんだと思うの。まあ、その辺は本人もよくよくチームメートとも監督とも話し合って欲しいんですけどね。何か、ひどく抽象的なわかりにくい文章ですみません。

左サイドで入ったときは比較的、あわよくば攻めてやる、って言う雰囲気も感じるんですけどね。ボランチだと実は本人の無意識の理想系が本田さんだったりして(^^;)。
いっそ、セッキー「よーし、一点とってこい!」って送り出してはくれないかしらん。

|

« シャッフル@PARCO劇場 | Main | 至福(PSV対ミラン) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/3989427

Listed below are links to weblogs that reference 飽くまでも:

« シャッフル@PARCO劇場 | Main | 至福(PSV対ミラン) »