« 広くて素敵な宇宙じゃないか | Main | 職業病? »

May 22, 2005

シンデレラストーリー@テアトル銀座

出演 大塚ちひろ 浦井健治 池田成志 橋本さとし 宮地雅子 森若香織 福本伸一 デーモン小暮閣下(キャスト表にもちゃんと閣下、と書いてある) 尾藤イサオ 高嶺ふぶき

微妙に記憶と違うけど、シンデレラのお話を割と忠実にミュージカルとして再現。

特に主役の二人は見た目もかなり正統派にシンデレラと王子のイメージを満たしているのだけど、このふたりに王と王妃を除いたほかの俳優をことごとく小劇場系の曲者でそろえたことでいわゆる普通のシンデレラとだいぶ印象が違うお話になってます。その筆頭が橋本さとしさんと、池田成志氏。さとしさんは王子の侍従長(?)と言うおいしい役どころで、比較的上品にはじけているさとしさんはいいとして、継母役で水を得た魚のようなナルシーの怪演ぶりは、これまでいろいろな舞台でかなりバラエティにとんだ「変な役」を見ていてもなお、ぶっ飛びました…ええ、あまりに似合いすぎて。夢に出てきそうだよ(笑) 他の方々もそれぞれに芸達者で誰を見ていても楽しかったです。
で、そんな百鬼夜行(失礼)な面々に囲まれて食べられちゃいそうだった主役の二人。大塚ちひろちゃんはSHIROHの時の哀しみを顔にはりつけたような役とは打って変わって、普通の女の子の役で楽しそうでした(←境遇はやっぱり悲惨だけどー笑)。ちょっと妖精っぽい雰囲気がシンデレラが「灰かぶり」から謎の美少女に返信する設定にもマッチして、これの初演がデビュー作というのも納得。衣装が、お遊びの一箇所をのぞいてクラッシックなひらひらしたものが多くてそれがまたよく似合っていました。さらに浦井くん…王子だねえ(笑)…ひ弱そうな頼りなげなところまで含めて。まだ始まって一週間たってないこともあって歌はちょっと安定していない感じでしたが、やっぱりこの芝居でシンデレラと王子にもとめられるのは何よりも「らしく」あることだと思うのでその意味でははまり役だと思います。これからまたよくなっていくと思うしね。あと意外だったのはコミカルな場面や演技を非常に楽しそうにやっていたこと。年明けに観た「R&J」でもジュリエットの乳母役を巧みに演じていて、意外な芸達者ぶりに驚いたりもしたのですが、実はご本人としてはこういう小劇場っぽいのも含めて芸域を広げて行ききいところなのかもしれませんね。いろいろな可能性もありそうな気がするし。ただし、「王子」っぽいものを求める浦井ファンは本日わたしの周囲で観劇していた方たち(知人ではないが話の内容から)も含めてたくさんいらっしゃりそうなので、「新しい浦井君も観たい」「で、でもイメージがっ!!」と悩ましいことになるかもしれません(笑)。でも、これからも観てみたい役者さんではあります。

というわけで「いまさらシンデレラ?」とは思いつつ非常に楽しかったんですが、やっぱり長いよ。衣装がえや配置転換の都合もあるのかもしれませんが、特にネズミとシンデレラのからみや、デーモンさん演じるお父さんや魔法使いとのからみがどうしても中だるみのイメージ。あとせめて20分短くなって、さらにもうすこしチケ代安くなればもうちょっと空席埋まると思うんだけどなあ(^^:)

|

« 広くて素敵な宇宙じゃないか | Main | 職業病? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/4227192

Listed below are links to weblogs that reference シンデレラストーリー@テアトル銀座:

» なるしー様。 [日々たわごと]
いちまんえんで引き受けたレポートチェックに、朝の3時までかかる羽目になるとは思わなかったMachikoです。・・・ち。またしてやられたよ。(単に取り掛かったのが遅かったとも言う)てなわけで、本日は寝不足気味。...... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 at 09:59 PM

« 広くて素敵な宇宙じゃないか | Main | 職業病? »