« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

June 28, 2005

モーターサイクルダイアリーズ

やっと観れました。観たい、観たいといい続けて結局恵比寿でのロングラン上映中行けなくて、ギンレイホールでのリバイバル上映も今週で終わり。今日見逃したら本当に最後になりそうだったので、重い(体調的にも物理的にも)腰をもちあげていってまいりました。いや、今週残業多かったしねえ…ちょっとショックなことも重たい仕事もあったりしたので。でも到着してみたらそこは大好きな神楽坂♪紀の善は残念ながら満席。もう氷かきが出ていました。近いうちに宇治金時食べに来よう…季節の移り変わりは常に食べ物から、といういつもながらに色気より食い気。替わりに金時屋で紫いもとバニラのミックスソフトクリームを購入。まあ10分も前に行けばいいだろう、と映画館に着いたら受付で「座れなくてもいいですか?」、と言われてびっくり。短そうに見えた行列は階段を下り、地下鉄の駅のところまで続いていました。何とか3列目の端を確保しましたが、通路に座っている人や立ち見の人たちもいました。

映画はキューバの革命の英雄として知られるチェ ゲバラの若き日を描いた物語です。前にも書いたけど、観に行こうとしたきっかけは「製作総指揮 ロバート レッドフォード」。 「クイズショウ」はややアメリカ的正義感が強すぎて違和感があり、「モンタナの風に抱かれて」は本人出演、ということで逆にちょっと引いてしまい観なかったのだけれど、家族間の行き違いを描いた「普通の人々」、ブラッド ピットの出世作となった、「リバーランズ スルーイット」、どちらも透明感のある、後に余韻が残るいい映画でした。今でこそ家族問題を描いた映画は多いけど、「普通の人々」みたいな映画、当時はまだ新鮮だったんじゃないでしょうか。私は、何年かたってからビデオで観ましたが。

さて、本作。ハンセン氏病を専門とする医学生、フーセル(←あだ名。エルネスト ゲバラ=後のチェ ゲバラ)は年上の友人アルベルトとバイクで南米大陸を旅する計画を立てる。ブエノスアイレスを出発し、アンデス山脈を越え、最後はベネズエラまで行く予定だ。早々にぽんこつバイクにがたが来て、行く手の困難を予想させるが…。

Continue reading "モーターサイクルダイアリーズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2005

さてさて

楽しかったけど時間かかった~↓ 自分の中で脱線しすぎ(汗)。何か、またオフにネタ換えてやってほしいですよ。「いちばんむかついたゴール」とか(爆)

さて、明日から研修…1泊2日だけど。昨日もうっかり?コンフェデ観たから眠いし、仕事はいっぱいたまっているし、すでに持っていかなければいけないもので会社に一個忘れたことに気がついたし(汗)、渾身の力で行きたくないです。だってさー水曜会社行くのこわいし。

だから珍しくさっさと書いたわけですね。戻ってきて余力があったらファン感のそーまさん以外の話とか、今日観てきた映画の話とか、その他書きかけの日記とかアップしようと思ってるんですけれど、きっと余力ないな(←おい)。

気がつけばもう今週末はJ1再開ですよ。磐田戦はいろいろあって行けません(涙)が、出ろっ出るんだ相馬直樹。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 26, 2005

FOOTBALL BATON?!

FOOTBALL BATONなる企画がありまして。こちらからこちらへ渡されたのは知ってたので楽しみだなーと思ってたら、何とまわしていただきました(汗)。え、楽しみって…その…読むのが。だって、サッカーレポもほとんど書いたことがない自分のところなんて、サッカー系?だと思ったなかったから関係ないかと思ってたよ。いやいや恐縮至極でございます。でも回されたからには参加してみる企画もの好き(単なるネタなしとも言う)。ちなみに発祥元はここ

質問は5つでござんす。

1.Number of your soccer video (DVD)
  あなたの持っているサッカービデオ(DVD)の数

2.People who patronizes it now
  今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)

3.The GOAL I remained
  印象に残っているゴール
  
4.Five players favorite of me, or that mean a lot to me
  好きな、または特別な思い入れのある選手5人

5.One-Five people to whom I'm passing the baton
  バトンを廻す1~5名

Continue reading "FOOTBALL BATON?!"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

観づらいってば

スパサカコンフェデ特集鑑賞中なんですけど。ほんと、サッカー好きな人が作ってるの、って毎度思うのですが、今回も好プレー集のくせにプレーシーンがものすごく見づらい。大体パスワークなんて流れが命なのに、わざわざぶった切って表情とか間にちりばめたりして。コーナーキックやパスだって軌跡が見たいんだよー。ドリブルだって、周囲の味方や遠目の敵も合わせて観たいんだよー。もう、こうなると名場面集のあとに (イメージ映像)ってつけて欲しい。
たまに水沼氏や加藤氏、ゲストが「よくここまで走ってましたよねえ」とか「○×の動き出しが良かった」とか語っている割にはそれをわざわざ隠すような映像だと思うんですけれども(--;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2005

クールビズ

最近の風潮に漏れず、うちの会社もクールビズなどという状態になっております。まあ、女子は数年前からもともと私服なんですけどね。省エネ、というのが会社の目的としては一番なんだろうけれど、わたしとしては例年の冷房戦争に終止符が打たれることを期待。特に外勤の男性社員が帰ってくるたびに、いつも冷房を極限まで下げてしまい、内勤の女子と冷房上げ下げ合戦が行われるのが常だったのですよ。数年前の職場でもそうだったんだけど、とばっちりをこうむったのが当時の課長。なぜか送風口が頭の真上にあって、冷風温風が交互に吹き付けおかげで「薄くなった」とかならないとか(笑)

さて、今年のクールビズ。管理職は率先してノーネクタイが奨励されているようなんだけど、どちらかというと仕事一筋、休みも会社かまたは家で休養、という世代のため白シャツに紺や黒のズボン、と地味な感じが半分。残りの半分のほとんどはおそらくゴルフウェアだな。こっちはロゴ入りのポロシャツ、または半そでシャツ…関西出身系がちょい派手目。若年社員は、上の様子をうかがいながらまだ様子見? 総じて地味目。某課長は慌てて週末にユニ☆ロに行って買ってきたらしい、などという噂も聞こえてきたりして。
どっちかというと、スーツよりふけて見える人が多いかも、と私たちはお昼を食べながら話題にするのでありました。女子が制服廃止になったときのほうが、変化が早かったなあ。まあ、女の子の場合会社に来るまではもともとが私服だから、家からスーツを着てくる男性陣とは違うけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

眠り

一時期眠りが浅い、とか良く眠れない、とかいう時期があって某薬局で普通に買える睡眠誘発剤なんてものを買っていた時期がありました。ええ、仕事も職場での人間関係も上手くいかなかった時期ね。
まあ仕事をしている以上、普通に悩みはありますが今の仕事に移ってからは普通に熟睡しております。

でね、そのあたしとしてはよく眠れなかったころ、健康診断のアンケートなどには「よく眠れない」とかいうところに○をつけたりしていた訳なんですけどね。「雨夢」のつながりで、柳美里さんのサイトを覗いたら‥

「ごめんなさいっ。あれで眠れない、とか言っててゴメンなさいっ」って感じ。だって、そのころでさえ一応寝てたもの。起きたけど寝た気があまりしない、とか疲れが取れない、とか言うレベルじゃないよね。

‥96時間不眠。

ほとんど想像を絶するレベルです。まあ、私の場合普通に「眠れる」という場合、たとえばうちのわんこの夜泣きで他の家族が全部起きても起きないし、会社で「明け方凄い雨の音で起きちゃった」とかみんなが話してても起きない。地震とか、体感的なレベルではけっこう目が覚めるんですけどね。たまに、目がさえちゃって眠れなかった、とか言っても朝には眠ってて目が覚める、というレベルですから。
徹夜とか、1-2時間睡眠とかそりゃ、した事はありますが睡眠不足だと何だか足が立たなくなって来るんだよ、夕方になると。「眠れない」時代になった、といわれる現代‥自分でもそーだよねえ、とか思っていたけど基準が大きくずれてるような気が(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2005

ブラジル戦@どーでもいい感想

いややっぱりブラジルの凄さを思い知らされた試合でした(^^;)
今のところ「そんな狭いところを通すかー」→「ありえねー 通っちまったよ」がブラジルで「だから言ったのに」が日本、って感じ。そんなありえないパスが通る、通る。特にロナウジーニョ、あれは地球上の生き物ですか?

しかし、前の試合では「シュートだって打てるんだもん」というところを証明した加地くんですが、最近ちょっとずつ評価が上がってると思ったら何と海外スカウトまで(!) 人選が日本人観光客をねらっているとも思えないし(←失礼だよ)、ポイントが「シンプルなプレー」っていうところがまあ観方はあってるな、と。最近見てて思ったのですが、もしや加地くんの魅力のひとつは「俺の色に染めたい」みたいなところにあったりして(笑)。何となくイメージが無色透明。サイドフェチのくせに特に予備知識はなく「はて?何で加地?」と観はじめ、しばらく「えー、何で加地?!」と怒り半分、最近は加地が上がったりすると妙にほのぼの嬉しかったり…クロスあげたら「えらいえらい」って見方間違ってないか?(^^;) 頑張れ~加地~かめは最後にはうさぎに勝つ…かもしれない(←加地ファンが見ても嬉しくない応援の仕方)。
好きか?っていうと微妙なんだけど、ちょっとだけ情がうつってきたらしい(笑)。まあ、アレックよりも後ろから長い距離をオーバーラップしてくれるから好みに近いんだとは思いますが。

まあ、もうこの試合は俊輔でしょ。ボール持ってないときも比較的ボールよく追っかけていたし、点が取れない今の日本で二点に絡む、って言うのはやっぱり絶賛するに値する。満男との相性がどうだ、秀人の相性がどうだ、とよく言われますが間違いないのはヤナギとは相性よさそう、ってところではないでしょうかね。満男ちゃんはあのコーナーが入っていればなあ…満男ちゃんからヤナギなんて、最高のパターンだったのに。

個人的にけっこうツボだったのは福西ですね。磐田で見ても別に好きじゃないんだけど、何か代表だと頼もしく感じるのはなぜだろう?味方を壊される心配がないから?(笑)  しかし、何だか福ちゃんってばポーカーフェイスだってこともあってアンドロイドちっく。鈴木京香のコマーシャルじゃないけど、いきなりユニ脱いだら胸に扉があって、そこがぱかっと開いて何か出てきそうな気がするよ。福西2号とか、福西3号とかたくさんいたりしそう…いやあ、福西に囲まれてかごめかごめとかされたら恐そう(爆)。ヒデにしろ、福西にしろ、相手のスペースをけっこう地味につぶしてたり、淡々とパスの受け手をつかまえてたりするんだけど、放送的には結局パスミスばっかりとりあげられちゃうんだろうね。

ジーコの喜怒哀楽がとっても可愛らしかったです(笑)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 23, 2005

スタンディング オベーション

さて、そろそろほとぼりも冷めたころかな、と思うので書いてしまう。五月の勘三郎さん襲名披露、終幕後歌舞伎座には珍しいカーテンコール。立ち上がる人ちらほら…私は座って手を叩いていたのだけど、ふと肩に手が置かれた。びっくりして振り返ると、品の良い感じの女の人が満面の笑顔。

「立ってあげませんか?」

びっくりした。それなりに余韻に浸ってはいたのだけど何だか、すっと冷めたような気がした。
いや、善意なのだとはわかっているのだけれど。私が狭量で、難しく考えなきゃいいのかもしれないけれど。
でも、やっぱり違うと思っちゃうんですよ。
だってさーやっぱり「立ってあげる」=賛辞じゃないでしょ。そんなサクラが入った満場総立ちよりも本当に立って感動を表現したい人だけが立ち上がったほうが舞台の上の人だって嬉しいと思う。(それで総立ちだ!って喜ぶならそれも問題だと思うしさ。) 自分が勢いよく立ち上がることで周りで立とうかどうか迷っている人を促す、と言うのはありだと思うのよ。それなら飽くまでも本人の意思だ。
それに、立つだけが感動の表現じゃないと思うんですよね。勢いよく手が腫れそうに手を叩くのも、静かに涙を流すのも、魂抜かれて呆然といすから立てないのも、どれも感動の表現だ。それはやっぱり人に言われるものじゃないと思うのよ。
何か最近、この手の「それなりの舞台なら立つもの」「好きな役者さんのために立ってあげる」的スタンディング オベーションがとても多いような気がする。バレエや来日ものなどの場合はブラボーおじさん(おばさん)がいて、よくよく見たら関係者バッジつけてたりしたこともある。やっぱりさ、チケットを買って観に行くのが個々の自由であるのと同じくらい、どういう感想を持つか、それをどう表現するかも周囲に迷惑にならない範囲で個々の自由だと思う。で、感動したらそれぞれのやり方で感動を伝えればいいと思うんですよね。(演目の雰囲気を壊さない程度に)

前、「RENT」の来日公演(初演)を観に行ったとき、隣のお兄ちゃんが終わった瞬間立ち上がってずっと涙を流しながら手を叩き続けた。あれは何だか、舞台と同じくらい感動して印象に残っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2005

雨と夢のあとに@最終回

最初はやっぱり成井さんと真柴さんだしなあ…西川さん出るしなあ、位の感じで見始めたんですが結局久々に毎回観ちゃいました。簡単に今までのあらすじ。

娘と二人暮らしのジャズミュージシャン朝晴は趣味の蝶の採集で台湾に行ったところ足を踏み外して墜落死しちゃうわけです。でも気がついたら家に帰っていて…。娘を思う気持ちが強いあまりに魂だけ日本に戻って来ちゃった訳ですね。で、この幽霊の朝晴、娘の雨の目には生前と同じように見えるのですが、他の人には見えたり見えなかったり。朝晴のことが見える隣室の女性 暁子にいろいろ助けられ、親子二人の生活は続いていくのですが、幽霊と一緒に暮らしているせいか雨にも成仏していない霊が見えるようになり、様々な事件に巻き込まれます。あるきっかけから幽霊と暮らすことは生きている人間の生命力を奪うことになると知った朝晴は娘のために、全てを話して消える決心をする…と言う展開。で、今回が最終回。

しかし、キャラメルボックスを知っている方ならわかるとおり、幽霊、親子愛、などキャラメルテイスト満載のコンセプト、しかも11時過ぎからの放映なのにキャラ倫(笑)に引っかかりそうなお色気シーンほぼなし(それでもあの二人にしては思い切った台詞はあったりしましたが)。放映前は、刺激的な作品が多い昨今のテレビドラマの中で果たして視聴者に受け入れられるんだろうか?などと要らない心配したりもしましたが、終わってみたらば結局杞憂でした。

Continue reading "雨と夢のあとに@最終回"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 10, 2005

娘は娘 @アガサ クリスティー

ハヤカワ文庫
クリスティが別名義で書いた、人が死なない、ミステリーではない作品のひとつ。
夫を早くに亡くし、女手ひとつで娘を育ててきた家庭的でつつましやかな母親が娘の不在中に恋をするのね。相手も不器用な人なんだけど、あっという間に結婚話にまで進展し、もうあとは娘に紹介するだけ、と言うところにまで行ったのに、帰ってきた娘は彼が気に入らない。それどころか「母親のために」この結婚を妨害しようとし、結局娘と婚約者の不仲に切れた母親は婚約者に別れを告げてしまう。

Continue reading "娘は娘 @アガサ クリスティー"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2005

ちょこっとだけ試合の感想

とずいぶん感傷的なことを書きましたが。
敦は前回の動きが良かったのであんまり心配してなかったんですよ。すごく正直なところ、ゴールよりはむしろアシストを決めてくれるんじゃないかと思っていましたが(笑)…試合が終わったとたん、知人からメール「柳沢ってひと、シュートできるんですねえ」にっこり笑って返信「ええ、この日のために封印しておいたんですよ。」。いや、あたしも時折、打ち方を忘れたんじゃないかと心配になることが(^^;)。でも、今までの言われようを吹き飛ばすくらい、凄いシュートでしたね。二年前?の親善試合イタリア戦を髣髴とさせるような。で、また二年後と言うのはいやだからね。日本に帰ってきてくれるものと期待していたのに、まだあちらにいる以上次は向こうでばんばん決めてね。
で、そんな敦よりさらに心配だったのが中田浩二…だってここのところ試合に出てないし。せっかくあんなに「母さん、僕は夢があるんだっ!止めないでくれ!」状態で(←誰だよ)で行ったのに、返品されそうなどという噂もあって「やっぱりお前 異人さんに騙されたんぢゃないかっ。小さい弟たちが頑張ってくれたけど、みんな怪我しちゃって家計は火の車なんだよっ」(←だから誰だよ)という感じなわけですが、今日は普通に良かったですね。一回ああこれもまた中田浩二、と言うミスパスもあったと思いますが、あがるタイミングも守備も頼もしかったです。いや、ジーコがどうしても今のメンバー以外に手を出す気がない、って言うならあたしは左は中田浩二がいいんですけれど。
で、家計は苦しいところなんですがあれだけ大口叩いて旅立ったんだから戻ってきて欲しくないです。向こうで、ちゃんと結果出してきて欲しいです。

隆行はね、悔しいだろうね。あ、でも大舞台男だから。コンフェデのブラジル戦あたりに次なる期待かしら。
本山もね、悔しいだろうね。正直追加点が取れなかったときは、こういうときこそ本山だろう、と思っていたんだけど。たくさん食べて大きくなろうね(?)

それでやっぱり満男ちゃんだなあ。まあ、本人もいろいろ言っちゃうからなんだろうけどももう結果残すたびに海外組への悔しさを胸にあーだこーだって全紙一緒だっつーの。しばらく前はトルシエに泣かされたネタばっかりこれまた全紙一緒で(苦笑)。本人があんまり口開かないからネタを拾うのが難しいのか、それとも珍しいネタが印象的に過ぎるのか。寡黙、寡黙といわれるけど隆行と共に多くの鹿サポにとってはあれでもしゃべれるようになったなあ、って感じなんだよね。ようやく得たチャンス、きっちりものにしたのだからそれを手の内から離さず、ドイツでもレギュラーで存在感を発揮して欲しいです。W杯までには野沢君や誓志、興梠あたりが独り立ちしている予定なので、海外へ羽ばたいてくれてかまわないから(^^)。

と鹿のことだけ書いて終わりそうなので
ボンバー中澤さん、よくがんばった!いや、もう手あわせて拝みたくなるくらい予選を通して神でしたね。
若頭福西さんも良かったよね。何と言うか、任侠映画とかで「ボスに手を汚していただくには及びません…」って不敵に笑って出入りにいくようなイメージが(笑)

そして、田中マコ…やっぱり転んでもただでは起きないな!(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドイツへ

直前の退場騒ぎもあって、何だか意外とあっさり決まっちゃったな、と言う感じでしたが肩を組んで笑顔の中田浩二とヤナギの2ショットを見ていたら何だかしみじみと幸せな気分になりました。前半交代は悔しかっただろうけどやっぱり仲間を笑顔で祝福の隆行も、大黒と喜び合う満男ちゃんもよくがんばったねえ。
そして、ジーコもようやくゆっくり眠れるんじゃないかしら。まだ終わっていない、と言う声も聞こえてきそうだけど、しばしゆっくりと楽しい夢を見てください。

前(仏W杯予選)のときは「感動をありがとぉ~~~!!」と某ジェイさんのようなテンションあがりっぱなしな浮かれ騒ぎ気分だったけど、今回は何だかほっとしたような、何だか安らいだ気分です。昔はまだ選手の名前も覚えたばっかりで、まあある意味雲の上の人たちでその意味騒ぎやすかったんですよ。それが、気がつけばそれなりにサッカーを観てきた年月も長くなり、それこそデビュー戦とか初ゴールとか、退場やPK外して涙とか、若気のいたりとか、怪我で苦しんだり、オフに子供と遊んだり、とかなにやらいろいろな姿や画像や記事やらに触れてきちゃうとどうもちょっと客観的に観られなくなっちゃった気が。物理的に選手との距離が近くなったわけでは全然ないのだけれど、何だか世評で叩かれたり、怪我を押して出ていたり、疲れた顔をしてたりすると何だか妙におろおろしながら観戦しちゃうんだよね。点を決めると「やったー」よりも「これで言われなくて済む…」(苦笑)…っていうかあなた家族でも何でもないですからっ! まあ、この極めて勝手に家族モードと言うのが選手またはチームサポのある意味宿命みたいなものですからね。ある意味、特に思い入れがある選手もチームもなく(好みの選手と言うのは存在する)、対戦カード本位でスタジアム渡り歩いて観戦している人の方が、純粋にサッカーを楽しむことが出来るともいえるのかもしれませんが、今さら後戻りは出来ないです(笑)。こっちにはこっちの楽しみがあるもんね。

今回の予選を観て、満男ちゃんや大黒のファンになったりした人たちが、次の次の次のワールドカップの頃にすっかりベテランになった彼らの試合に足を運びながら、一喜一憂してるんだろうなあ、って考えると何だか妙に楽しいです。その頃には監督の顔ぶれにも、今現役でプレーしている選手たちが何人も顔を出すようになっているんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2005

決戦直前

一週間たまった疲れから来る眠気と戦いつつ、うろうろと落ち着かない日本全国の皆様こんばんは(笑)

おお敦のワントップですか。ジーコにとっても日本代表にとっても瀬戸際にあるこの試合。やっぱりジーコとしてはこの大事な大事な試合に、自分が一番昔から一番よく知っていて、大事な手札を使いたいんだろうなあ、って思います。そのプレースタイルからMFに転向した方がいいのでは?とささやかれ続ける柳沢敦ですが、ジーコはいつも彼のFWしての才能を高く評価し、目を細めてそのプレーを見守ってきました。監督としてそれが正しいのかどうかは正直わからないけれど、ジーコは他の選手に対しても監督、と言うよりむしろ父親のようなイメージが強いです。家族を切り捨てられないことが、兵に対して時に冷酷さを見せる将であれ、と求める周囲からの批判を呼ぶのだけれど。

最近生でプレーを見ていないけれど、敦のいい時を知っている鹿サポならやっぱり期待せずにはいられないはず。
気がつけばフリーになっていて、そこへ魔法のようにボールが出てくる。司令塔コンビは敦ファン(笑)の満男と俊輔だし。切羽詰った試合に漂う重苦しさを吹き飛ばすような、わくわくするプレーを見せてほしいなあ。
                     *              *

北朝鮮は監督退席なのね(--;) 絶対に国家的陰謀だ、ってことになるんだろうな…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 03, 2005

ダヴィンチ コード映画化で

トム・ハンクス演じるラングドン教授の相手役、暗号解読官のソフィーの役がオドレイ トトゥに決まったそうです。個人的には噂にのぼったジュリー デルピーが好きで、けっこうはまり役かも、と思っていたので残念(ティコ ムーンのイメージね)。だから、というわけではないし さらに「アメリ」も観ていないので書けた義理ではないんだけれど、あんまりイメージわかないなあ…トム ハンクス&オードレィ トトゥのダヴィンチ コード。トム ハンクスはうまい役者さんだけれど、ラングドンにはけっこう男の色気が求められると思うので、そういう意味ではあまりぴんと来ない。ソフィもどっちかというとクール ビューティのイメージがあるので、オドレィ…どうなんだろう?どちらかと言うと、追われる女性と言うより、追う女の子と言うイメージがあるんですが。人気と実力があるからといってすべての役が似合う、と言うわけじゃないからねえ。たとえば、「オーシャンズ11」でジュリア ロバーツが運命の女、と言うのはかなり無理があったし(苦笑)。まあ、公開されたら一応観に行ってみようかな。

トム ハンクスといえば「SHALL WE DANCE」の映画化の際には真っ先に名前があがったのが彼だったらしい。これは逆に観てみたかったなあ…リチャード ギアより日本版に近いイメージになりそうな気がする。ダンスとも縁が遠そうだし(笑)。

もっとも役者さんとしては自分のイメージに合った焼くより常に違うイメージに挑戦し続けたいんでしょうけどね。前にも書いたかもしれないけれど、その意味でとっても残念だったのはハリーポッターの2作目に出てくる、絵に描いたようなナルシストで頼りなげな美男のロックハート教授が、噂だったヒュー グラントではなく、ケネス プラナーだったこと。いやあ、ヒューのロックハート教授観たかったですよ。壁にびっしりとはった自分のポートレートと微笑み交わすところとか、後半の弱々なところとか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2005

ささやかな願掛けなど(笑)

アルコール断ち+α(^^;)
所詮自己満足なんですけれどねえ。

一応到達目標は「某Sさん(笑)が20分以上出て、試合に勝つまで」なんですが、
それに「無失点」というのと「自分が目撃」という条件を追加しようかどうか迷っております。

今週達成してくれないと+αが微妙に増える予定(苦笑)
というか、週末飲み会なので頑張ってください>Sさん(←そのためか?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »