« モーターサイクルダイアリーズ | Main | 微妙に »

July 02, 2005

J1再開 磐田VS川崎F

何かさ、大げさに聞こえるかもしれないけれど勝ち負け以前にあのジュビロと堂々と渡り合える、という時点で何だかしみじみと感動。2000年に藤田にPKでハットトリックというあとにも先にもなさそうな記録を作られてから何だか勝手に「最大の鬼門」だと思っていた。実際のところ、私は幸か不幸かその試合は観ておらず、さらに調べなおしたら2000年、1ST、2NDともに一点ずつは取ってるんだよね。勝手に両方一点も取れずに負けたように頭の中で作り変えていました、ごめんなさい。
           *                          *
先制点のジュニのゴールも凄かったけど、その前のオヤジ→ケンゴ→クロ→川口のナイスセーブ(ちっ)の流れがうっとりするくらいきれいでした。
           *                          *
解説「いやあ、普段おとなしい監督がここまで抗議してくれると選手としてもやる気になるでしょうねえ」
…いや、まあ川崎の試合を観てなければ知らないのは無理ないが、セッキーの場合 あのくらいの抗議は普通だから。写真にだまされてはダメだから(笑)。というより、ピッチの上の戦いと同じくらい熱い戦いがセッキーと4審の間で繰り広げられているのが常ですから。
           *                          *
一点リードで終了。まあ、ある意味フロンターレというのは一点を守りきって勝てると信じられるチームではないですからねえ。それでもリードだよ、前半終わったところでリードだよ♪
           *                           *
後半開始。いやいやヤスの二本続けての駆け上がりと飛込みが素敵すぎだから~。まあ、1本目のそのあとのクロスがなんだが(汗)。

シーマン(相澤)がすっかり自信をつけた感じ。あと、谷口がいいですね。タニにせよ、クロにせよ、自分の今の力の100%、できることをほんとうに精いっぱいやっている感じがする。これがセッキーが作ったチームカラーならば、その中で柱として育っていく若い選手は本当に幸せだと思う。
           *                            *
さて、原田拓ですよ。どうだろう?どうだろう?どきどき。

さてフッキですよ。えっフッキ?セッキー?それはどうよ?と思ったのは私だけではあるまい。ごめん、実のところ点を取ってくれるとはあんまり(←控えめな言い方)期待していなかったよ~。点が入ったとき、「うぉー」と叫びながらもちょっとだけ、「もしやサイドネットだったりして…」とか思っちゃったり…ごめんよ~本当にごめん。チームメートが心から嬉しそうに祝福していたのにもちょっと感動。
           *                            *
名波のフリーキックは鹿サポにとってはトラウマなので(苦笑)、蹴った瞬間に嫌な予感が(--;)。でも、中断前にその後に必ずおまけでついてきたバタバタ劇場がなかった。すごく長く感じたロスタイムを経て試合終了。
さて、次はジュニが出場停止、相手はもう後がなく調子上向きのFC東京、そして注目の加地さん。何だか、あたし今までリーグ戦で加地さん見た覚えないんですけど…でもわたしが観た試合ではほとんど出場しているらしいんですけど(^^;)。さて、次は加地さんが観られるか?(次に限っては観たくないけど)。それよりも、いいかげん相馬さんが観られるか?(ホームで300試合にしようよー>セッキー)。
秀樹ナイトはハーフタイム、と言うことなので休みはとらずにダッシュで等々力に向かおうと思います。

ちょっとだけネガティブな補足。
昨年の今ごろ、左サイド一押しだった村井。これまた勝ったからいえることではあるけれど、何だか存在感がなくて寂しかった。個人的にはやっぱり、自分の成長をチームに頼らず、チームを背負ってたとうとする選手が好きなので、正直あんまり肩入れはできなくなっていたのだけれど。

|

« モーターサイクルダイアリーズ | Main | 微妙に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/4799637

Listed below are links to weblogs that reference J1再開 磐田VS川崎F:

« モーターサイクルダイアリーズ | Main | 微妙に »