« 「夢から醒めた夢」@劇団四季 | Main | あんなに重い鉄の物体が »

August 12, 2005

行くべきか行かないべきかそれが問題だ

同期でもはやばやと海外志向を表明していたナカタコやモトと違って、「日本でもサッカーはうまくなれる」というスタンスだった満男ちゃん。それは強がりだったのか、代表にもようやく定着して、でもあと一歩レギュラー奪取までは行かない現状に焦りがあるのか、ここへ来て海外志向が強くなってきたのはいろいろなところの発言でも感じていましたが。ついに、今夏中の移籍を出し渋っているチームに直談判、って言う事態にまで発展したようで。

ええと、私は結局のところ容認派です。理由はいくつかあります。
ひとつ、だって結局今まで行きたがった人はみんな行かせちゃってるじゃん。ヤナギも、隆行も、結局はなかたこーじも…それもどう観てもいい、とは思えないタイミングで(苦笑)。ここで満男ちゃんだけ行かせない、って言うのもどうなんだろう?納得できるんだろうか?「行けばよかった…行けばよかった」って思いながらプレーはして欲しくないなあ。

ひとつ、海外で「活躍する」んだったら年齢的にぎりぎりだと思う。野球と比べてもサッカー選手のプレーできる年齢は短い。それに、とりあえず試合に出れば打順が回ってくる(まあ、試合に出ることが難しいのはどのスポーツでも一緒だけど)野球と違って、チームプレーの要素がより強いサッカーはチームに馴染むまでチームメートからパスを出してもらえない。特に満男ちゃん、最初は苦労しそうだしねえ(苦笑)
接触プレーが多いスポーツだから怪我の恐怖とも隣り合わせだしね。中田浩二の移籍のときはどうも代理人の某氏のやり口が気に入らなかったけど、本人の「(怪我をしてから)来年プレーできているかもわからない」、思うようになった」という発言についついほろりと来て、頑張っておいでモードに。やっぱり相馬さんが怪我をしてから、何だか自分自身の価値観が代わった気がする。

そして、やっぱり「結局チームだって切るときゃ切るんだからさ」と思ってしまう私はだいぶやさぐれてますかね(苦笑)。確かに鹿島というチームはかなりに選手思いで、それは移籍した選手たちの発言にも表れているけどそれでもやっぱり営利団体だし、監督次第であう選手もそうでない選手もいるからねえ。絶対ということがない以上は、やっぱり選手の方もいろいろ考えるでしょう…何か最近のサラリーマンの愛社精神とは?と同じような問題だわね。まあこの辺は今、鹿島をちょっと外から見ているから、という点も大きいな。昔みたいなサッカー=鹿島というところにいることができないでいるから。いや、鹿は大好きですよ。でもやっぱり常に試合を鹿側から観ることができていたときとはちょっと違うのかもしれない。

あ、でも本当のところは海外の舞台で満男ちゃんがどれだけやれるかを観てみたい、ということなのかもしれないですけどね。といいつつ、別のユニフォームを着た彼を観たらとてつもなくさびしくなりそうですが。

|

« 「夢から醒めた夢」@劇団四季 | Main | あんなに重い鉄の物体が »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/5425990

Listed below are links to weblogs that reference 行くべきか行かないべきかそれが問題だ:

« 「夢から醒めた夢」@劇団四季 | Main | あんなに重い鉄の物体が »