« Jリーグをを愛する1ファンとして | Main | ハッピーマンデー »

September 19, 2005

VIVA! きんちゃん

なんて題名を前にもつけたような(^^;)
今日も相馬直樹さんはいない、味の素スタジアム。もちろんフロンターレ応援モードで観ているし、ピンチやチャンスには一喜一憂するものの、何だか予想を超える暑さと、K点越えを達成してしまったからかどうもまったりした試合展開からかややもすると集中力が途切れそうになる。いない試合でいつもだとポイントになってくれる、ヤスとケンゴが何だかいつもより調子悪げ。いつも基本的にはヤス愛好家のYさんが、「今日のヤスには癒されない~」とぼやいておりました。といっても、対面の「新(?)そーま」にも結構興味しんしんだったのだけど、これまたイマイチ。いや、惜しいシュートがあろうがなかろうが、所詮私のポイントは上がりと切り替えなのよ。

そんな試合と、見ているこっちの頭の中の膠着状態を吹っ切ってくれたのはきんちゃんでした。何となくどっちも間延びした中盤の穴を埋めるかのように、せっせせっせと走り回り一瞬の隙をのがさずボールを奪取、それを即座にスペースに展開したと同時に自分も走り出す。二手も三手も先を考えながらプレーしているきんちゃんのおかげで、試合全体が何だかリズムを刻みだしたような気がする。ゴールは何だか一寸法師が鬼をしとめたような感じでした(←だから失礼だよっ!!)…じゃあ、牛若丸にする(←それでも失礼)。

きんちゃんは2000年の頃から好きなプレーヤーだけど、いつもいつも新しい監督が来ると、必ずといっていいほどサブからのスタートで。だいじょうぶかしら?きんちゃん?と思っているうちに、だんだんけが人が増えたり、チームの事情が悪くなったりで浮上してきて出場機会を得る。で、出ると必ず機会をものにしてサポーターの心を掴んできたんだよね。ずっとスタメンを張っている選手もすごいと思うけど、体格にも恵まれずいわゆる全国区の有名選手でもないのに(なにしろ、某TBSのサッカー番組のドゥンガ特集のドゥンガに怒られる場面で『おれ、今野』とかひとりだけせりふで名前言われちゃったくらい地味だ。)、サブで自分の居場所をものにしてきたきんちゃんは本当にすごいと思う。

しかし、帰り道の緑のユニの人たちの中にはかなりの新そーま(微妙含)ユニの人たちがいて、Yさんとふたりでこそり「偽ソ」とか指差しながら変える大人気ない私たちでした(^^;)


|

« Jリーグをを愛する1ファンとして | Main | ハッピーマンデー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/6008348

Listed below are links to weblogs that reference VIVA! きんちゃん:

« Jリーグをを愛する1ファンとして | Main | ハッピーマンデー »