« おめでとう、ミノ | Main | 近況 »

September 30, 2005

大宮戦 場外乱闘篇(?)

新潟戦の前に、ちょっとだけ書き残して置く大宮戦。いやとにもかくにも試合以外のところがあんまり面白かったもんでそこだけ抜書き。だって試合のレポはオフィシャル含めて立派なものがいっぱいあるもん。

まずは試合始まってから結構激しい応酬が続いていたミノと富田。相手のファールにミノが倒されて、立ち去ろうとする相手を主審呼び止めてミノのところに連れて行き、謝らせる。何だか小学校とかの先生が、「よーし、○○は謝ったぞ!さあ、もう二人とも仲良く出来るな!」みたいな感じで妙におかしい(笑)。

ジュニに対する厳しいタックルから乱闘寸前に。執拗に言い募るマルクスに、ケンカ上等!とぶちきれる藤本主税…何か相変わらずだな(笑)。マルクスもオヤジ@アウグストも野放し状態で、ヒロキ全然止める気ないし(爆)最後は大宮奥野キャプテン、いい加減にしろっと味方選手を突き飛ばして黙らせていました。いや、名前がいいからじゃないけど(笑)ちょっとかっこよかった。
その、ほんのちょっとあとにミノのゴール。何だかまたもめるか?と一瞬わけもなくヒヤッとしたのだけど、ゆりかごダンスが毒消しになったらしく何事もなし。

後半、2-0でリードしている時間帯、倒れこんだケンゴをトニーニョと西村、両脇から抱え込んで「お前立てるだろう?」と無理やり起こす。私は「連行されるみたい」と思ったのですが、Kさんのたとえがさらにナイス「デパートでおもちゃが欲しい、って床でじたばたして親に無理やり起こされる子どもみたい」(爆)

審判が野放しで割と無法状態、双方ともに納得いかなかったらしく微妙に荒れてた試合。アウグストは水を飲みに行くときだったか、試合中に三浦監督に直接文句言いに行っていた。
でも、何といってもおかしかったのは終了間際の三浦監督。本人はコーナーだと思ったボールをゴールキックと判定されて、突き上げた両手を激しく振り下ろし、さらに繰り返し…と三回くらいやっていて何だかエキセントリックな指揮者みたいでした(笑)まあ、セッキーも負けずに熱かったですけどね。鹿島戦の対セレーゾの時はトニーが思ったより大人しかったからあんまり白熱しなかったけど、今日はどっちが先にピッチに踏み込むかマジではらはらしました。踏み込むか、踏み込むか、と思ってもいつも踏み込まないのは、踏み込みそうになると電気が流れる、とかいう仕組みになってるんだったりして(笑)。いや、しかし川崎戦の四審は災難だな…時給二割増しくらいにしてあげてもいいんじゃ(笑)

|

« おめでとう、ミノ | Main | 近況 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/6206731

Listed below are links to weblogs that reference 大宮戦 場外乱闘篇(?):

« おめでとう、ミノ | Main | 近況 »