« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

October 30, 2005

心理テスト

こちらのエントリで拝見して早速トライしてみました。

四字熟語を二つ思い浮かべてください。


さて、皆さんも考えてみてください。

Continue reading "心理テスト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2005

うつむくな、君のサッカー人生はまだまだ長い 浦和VS川崎 2ND

用事があったし、埼玉スタジアムは三大験の悪いスタジアムのひとつなので(ちなみに三番目。一番が市原臨海で次が長居)、行かないつもりだったのに相馬直樹さん前節に続いてサブ入りに、強引に前の予定を早退して行ってみました埼玉スタジアム…しっかし相変わらず遠いな。

浦和御園駅についた時にはもうとっくに試合が始まっていたので、つい最終だというバスに乗ってしまう。前も乗ったもんね…とついてチケット売り場に行けば「アウェイ側は南門での販売になります。半周歩いてください。」とお姉さんにっこり…前バスに乗ったのは代表戦の時だったよ、そういえば(TT) と、のっけからつまづいた上に、半周歩いているうちに大歓声と三都主のゴールのアナウンス(--;)。一点とられてるのは知っていたのですっかり2-0の気分でいたらばチケットもぎられてるうちに一点入っていたらしい。その矢先にマルクスのFK決まる…やっぱり好きだわマルクス。

気分よく迎えたフリータイム…練習に出てくるかなあ、と思いきやそういえば練習場所は別にあるんだったよ…ちぇっ。

後半始まる。ベティが前節に続いて切れている気がする。結構サイドにも展開しているし、『Jリーグ屈指の攻撃力を誇るレッズの攻撃陣』とやらにそうそう押し込まれている感じでもない。むしろ、ゴール前の集中は切らさず、奪ったボールをちゃんとシュートにまでつなげている…そりゃあ不用意なパスミスでひやひやすることもあるけれど。サイドが大きく使えていて、ゴールラインぎりぎりまで上がってくるヤスやおやじにちゃんとボールが出てくる。ええ、ひいきめかもしれませんが少なくとも後半の「内容では僕達が勝っていた」(誰かさんのぱくり。)
何度もつくりながら、点につながらなかったチャンスの鬱憤を晴らすかのようにコーナーキックから目の前で決まった佐原のヘディング。思わず周り中が立ち上がって大歓声。前の人たちのハイタッチに混ざりたい気分♪…なのにいつまで経っても得点が変わらない。…ざわざわ…「ファールとられたらしいよ?」…えっ?どう見てもそうは見えませんでしたが?風邪気味でお留守番のYさんから「ファールじゃなーいっ」とメールが入る。
釈然としないまま、逆にトゥーリオに決められ3-2。
この時点で、最近の使われ方からみて出場は難しいな、と(泣笑)。埼スタの選手のアップする場所は異様に狭いんですが、今日も戦況をひたすら気にしながら、アップのペースを緩めないビブス姿。
に、目をやっているうちにとんでもない事態が。ゴール前の混戦から、倒れこむ都倉くんにパンチを繰り出す都築。この時点で座っていた位置から都倉のプレーは見えなかったので、私にとっては一方的な暴力行為にしか見えなかったわけですが。それでもって、都倉一発レッド、都築イエローはもう、「はぁ~?」(激怒)だったわけですが。確かに今観ると、わざとではないといえ都倉君の足は都築の腹に入っているので、レッドはまあ仕方ないとしよう。ただ、倒れこんでいる人間にあんなにきれいな(毒)パンチを叩き込んでもイエローですか?あれはもみ合いでうっかり入ったパンチなんていうのとは違う、あからさまな報復、暴力行為なんですが。似たような場面で暴言だけでカードをもらう選手も何人も見てきた気がするんですが、とりあえずやったもの勝ちってことなんでしょうか?家本さん。レッズは好きなチームじゃないけれど、今の双方のチームの勢いを象徴していいゲームになりそうだったのに、どう観ても変な笛と(ひいき、って言うんじゃなくて何だかどっちにとっても後味の悪い、後半だけでも無茶苦茶な笛だった。)暴力行為でぶち壊しでした。ちなみに、某Sサッカーさん、どうせ取り上げるなら都倉のプレーだけで映像を切るのは何だか作為的かと。
I氏に限らず、審判の仕事はゲームの円滑な進行と、手綱を引くべきところはひいて選手を心身ともに守ることだと思うんだけど、自分が感情的になって帰って事を荒立てている人が多い気がする。カードを出すことでしか、権威を守れないと勘違いしている審判が多すぎる。

都倉くん、泣いていたそうで。別に今日負けたのは君のせい(だけ)じゃないし。でも、今までいろいろな選手の悔し涙を観てきたし、そしてその悔し涙をきっかけにたくさんの選手が大きくなってきた。この借りは、いつかレッズ戦で勝利につながるゴールを決めて返せばいい。「そういえば、あの時泣いてたよね」なんてことが笑い話になるように大きな選手になっておくれ。

Continue reading "うつむくな、君のサッカー人生はまだまだ長い 浦和VS川崎 2ND"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 23, 2005

久々のピッチの上の相馬さん♪

今日の等々力は他チームの試合がなかったからか、天気がよかったからか何だか異常に混んでいてバス乗り場は長蛇の列…しかもバス来るの遅いし。選手紹介がどうしても観たかったからバス停から走ったのでとても苦しかったです(←軟弱もの) スタジアムの入り口に着いたときには既に相手チームの選手紹介。一人しかいないもぎりのおじちゃんのペースがやったらゆっくりに見えたのは気のせいばかりじゃないはずだ。それでも、何とかオープニング映像、さらに「23番、MF 相馬直樹!」とねぐせっぽい相馬さんの顔が映ったときには何だかほんと、「久しぶりだねえ」としみじみするものがありました。最近、柵のこっち側で見ることが多かったから。

タニの怪我をよしとするものではもちろんない。でも、プロ選手である以上、舞い込んだチャンスにはしがみついて欲しい。チャンスには後ろ髪はないのだから。

柏のスタメンにはマスくん。サブに加藤くん。ともに怪我をして、鹿島を出ることになって、いろいろあった末に今は柏でプレーしている。試合が始まれば敵だけど、かっての仲間が元気にプレーしているのは嬉しい。特にマスくん、ドリブラーでありながらサイドも生かしてくれる、大好きな選手だったしね。…しかし、その髪型はどうだろう…(汗汗汗)。伸ばして、無理やりポニーテールにして、何だか怪しげな居酒屋のマスターみたい…さらにもともとオフとかリハビリの時には太りやすい体質だったとはいえ随分大きくなって…まるで…横にいたYさん。「いやープロレスラーみたい!(涙)」 はい、その通り。そんなマスくんですが、満面の笑顔で試合前、川崎ベンチに挨拶に着てくれました。ああ、関塚さんも、マルセロも、まっさも長年の顔見知りだもんねえ。入れ違いに相馬直樹さん、登場。せっかくの再会の機会を逃したのが何だか悔しい。
さて、試合のほうはベティが久々の先発。周平の代わりにサハラ。ベティが試合の頭から、相手に文字どおりの、密着マークで張り付いていて、とにかくひたすらついていく。すごく懸命な感じで、何だか胸が痛くなる感じ…ベティも、きんちゃんもみんな試合に出たいのは同じなんだよね…。でもその反面、(密着マークに疲れたら後は任せrくれ!!…というか、任せてベティ…お願い…)などとも切実に思う。
ここのところの攻撃の好調さ、一人がボールを持ったらみんなの気持ちが前に向くイメージはこの試合も持続しているんだけど、守りのどことない危なっかしさも健在で今週もシーマン様さまな前半。バーとポストが助けてくれなかったらこの試合、結果は変わっていたかもしれない。ただ、前と違うのは危ない場面でもみんなどことなく、余裕があること。いや、慌ててはいるんだけど、ばたばたもするんだけど、この状況には出口があるから頑張ろう、みたいな一体感があるような気がする(気のせいか?) 
柏ではやっぱりマスくんに目が行ってしまう。好きな選手だったんだよね。ドリブラーだけど、サイドを生かす術も知っていた。大きくなった(^^;)せいか、華麗なドリブルは見せてくれなかったけれど、運動量が豊富で攻守に効いていた、と思う。審判にもかなり突っかかっていたし、ヤスをどついてYさんの怒りを買う(笑)などすっかり武闘派だったけれど。見た目にやっぱり抵抗がある…と目をやれば、横にいることが多い大野が少しふっくらして、ちょうど数年前のマスくんと同じ体型、しかも14番。「現実逃避に(?)大野をマスくんと思ってみる!」とか勝手にやって遊んでました…ごめんね、マスくん。

さて、ハーフタイム。鳥かごを始める相馬さんをみているだけで楽しい。向こうでボール回しをしている柏のサブの選手の中から、歩み寄ってくる姿が…加藤くんだ~。さらに、帰りがけにはピッチに戻ってきたマスくんが歩み寄って旧交を温めて…この二人が作るサイドのコンビネーション好きだったなあ。そんな同窓会風景が見られるのもちゃんとメンバーに入っているからこそですよ!

さて、後半 アップのペースがあがるサブ組にこっちもそわそわ。相馬さん、アップに手を抜かないのはいつものことだけど割合「自分の世界」のいつものアップ姿と違って、今日はひときわピッチが気になる様子。久々のゲームの流れをからだに刻みつけようとするように、頻繁に目をやっていました。鹿島の伝統か?セッキーもけっこう選手交代は遅めだし、この流れなら変えないこともあるので、祈るような気持ちでセッキーに念を送る私たち。そんなわれわれの視線が痛かったのか(ウソ)、試合も残り10分をきったところで呼ばれる相馬直樹さん。何だか、ちょっと泣きそうになりました。ベティと交代で、ボランチにイン。三点勝ち越してるので、とりあえず失点だけはしてくれるな、と祈っているにもかかわらずほとんどボールに触ってもいないうちに、ミノがレイナウドを倒してPK。あーあ。あーあ。関係ありませんからっ。でも関係なくてもどうも間が悪いよね。それに、昔からDFとして失点しないこと、ニこだわった発言を知っていることもあってかなり切ない。

終盤でどちらも疲れが見えてることもあって、連携もバランスもいまひとつで、本人もちょっと気負っているのかややぎごちない出だし。それでも、守備の時に相手のボールだしを想定して、相手のボールホルダーと違う方向に走る姿や、味方と連携してファールをせずにボールを奪う姿は変わらない。…でもみんなに認めてもらうにはいかんせん地味なんだよー…やっぱりここはシュートとかアシストとかぱっと派手に目立ってもらわなきゃ。と願っていたらセットプレーの時にやや後方でお留守番をしていた相馬さんの足元にお膳立てをしたかのようにボールがっ!!

…ダフッ……

…力はいりすぎたんですかねえ?しかし、どーしてそーまなおきさんのシュートはとっても凄いか、とってもへぼいかどっちかなんだろう?(泣笑)

でもね、やっぱり久々に試合で見られてうれしかった。本当に嬉しかった。本人にとってもまだまだかもしれないけれど、帰って来たときいい顔していました。

次も期待していいかな?いや、駄目って言われてもするけど。お願いセッキー(祈)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2005

ご無沙汰でございます

遠い昔の代表戦で、ミノがでたーってところからだいぶご無沙汰しております。いや、もちろんその後の顛末に関する感想などもありますし、会社のシステムが変わるけど大丈夫?だの、変なお客さんの話だの、誰かさんのけっこん式とその後のちょっと大人の京都の話だの、サッカーネタだの、芝居だのいろいろあるんですけれども。
相変わらず会社に10時くらいまでいて、うちに帰って片づけをする生活から抜けられておりません。
週末くらいには復帰できるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

でっでたー

ミ、ミノ…まさか見れると思わなかったのでちょっとびっくり、でもうれしい。
たこの退場がなければたぶん大久保や松井が優先だったと思うのでこれも運かもね(^^)
…というか、時間稼ぎのためだけに出されたスペイン戦の隆行より全然ましだよ。
がんばれーっ ロボ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

近況

更新ペースがちょっと落ちそうかも…な今日この頃です。
書きたいな、書こうかなと思うことは相変わらずたくさんあるんですがどうもうちに帰ってPCに向かうことは
向かっても文章を書く気にあまりならない今日この頃です。
仕事が忙しい、って言っても深夜になることはないんですが、結局会社でも一日PCか、手配システムか、予約端末に向かっていることが多くて、もうキーボードはお腹いっぱい、って言う感じになっているのがひとつ。まあ、そうは言っても仕事が多忙でも妙に文章を書きたい時期もあるので、バイオリズムとか他の理由なのかもしれないけど。

あと、実は家の老朽化が進んでいる分に無理が出てきたので、いきなりちょっと手を入れることになり荷物をかなり整理しなければならないのがひとつ。何だかんだたまった荷物や本や雑誌や何やかやが思いのほかたくさんあって、仕事を終わって家に帰ってもうひとつ仕事をしているようなもんで。まあ普段からちゃんと整理しておけばインですけどねえ(汗)。さらに言うなればこのタイミングで独立できれば最上のタイミングだったんですが、いろいろな意味でその余裕もなし。ああ、所詮言い訳だなあ。馬力ないなあ、とちょっと自己嫌悪だったりします。

まあ、来週末の某さん(笑)の結婚式&それに伴う小さな旅&再会(予定♪)を皮切りに、10月後半から楽しみな予定も多かったりするし、そのあたりには否が応でも家の方は片付いていなければ困るので、徐々に復活する予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »