« 久々のピッチの上の相馬さん♪ | Main | 心理テスト »

October 29, 2005

うつむくな、君のサッカー人生はまだまだ長い 浦和VS川崎 2ND

用事があったし、埼玉スタジアムは三大験の悪いスタジアムのひとつなので(ちなみに三番目。一番が市原臨海で次が長居)、行かないつもりだったのに相馬直樹さん前節に続いてサブ入りに、強引に前の予定を早退して行ってみました埼玉スタジアム…しっかし相変わらず遠いな。

浦和御園駅についた時にはもうとっくに試合が始まっていたので、つい最終だというバスに乗ってしまう。前も乗ったもんね…とついてチケット売り場に行けば「アウェイ側は南門での販売になります。半周歩いてください。」とお姉さんにっこり…前バスに乗ったのは代表戦の時だったよ、そういえば(TT) と、のっけからつまづいた上に、半周歩いているうちに大歓声と三都主のゴールのアナウンス(--;)。一点とられてるのは知っていたのですっかり2-0の気分でいたらばチケットもぎられてるうちに一点入っていたらしい。その矢先にマルクスのFK決まる…やっぱり好きだわマルクス。

気分よく迎えたフリータイム…練習に出てくるかなあ、と思いきやそういえば練習場所は別にあるんだったよ…ちぇっ。

後半始まる。ベティが前節に続いて切れている気がする。結構サイドにも展開しているし、『Jリーグ屈指の攻撃力を誇るレッズの攻撃陣』とやらにそうそう押し込まれている感じでもない。むしろ、ゴール前の集中は切らさず、奪ったボールをちゃんとシュートにまでつなげている…そりゃあ不用意なパスミスでひやひやすることもあるけれど。サイドが大きく使えていて、ゴールラインぎりぎりまで上がってくるヤスやおやじにちゃんとボールが出てくる。ええ、ひいきめかもしれませんが少なくとも後半の「内容では僕達が勝っていた」(誰かさんのぱくり。)
何度もつくりながら、点につながらなかったチャンスの鬱憤を晴らすかのようにコーナーキックから目の前で決まった佐原のヘディング。思わず周り中が立ち上がって大歓声。前の人たちのハイタッチに混ざりたい気分♪…なのにいつまで経っても得点が変わらない。…ざわざわ…「ファールとられたらしいよ?」…えっ?どう見てもそうは見えませんでしたが?風邪気味でお留守番のYさんから「ファールじゃなーいっ」とメールが入る。
釈然としないまま、逆にトゥーリオに決められ3-2。
この時点で、最近の使われ方からみて出場は難しいな、と(泣笑)。埼スタの選手のアップする場所は異様に狭いんですが、今日も戦況をひたすら気にしながら、アップのペースを緩めないビブス姿。
に、目をやっているうちにとんでもない事態が。ゴール前の混戦から、倒れこむ都倉くんにパンチを繰り出す都築。この時点で座っていた位置から都倉のプレーは見えなかったので、私にとっては一方的な暴力行為にしか見えなかったわけですが。それでもって、都倉一発レッド、都築イエローはもう、「はぁ~?」(激怒)だったわけですが。確かに今観ると、わざとではないといえ都倉君の足は都築の腹に入っているので、レッドはまあ仕方ないとしよう。ただ、倒れこんでいる人間にあんなにきれいな(毒)パンチを叩き込んでもイエローですか?あれはもみ合いでうっかり入ったパンチなんていうのとは違う、あからさまな報復、暴力行為なんですが。似たような場面で暴言だけでカードをもらう選手も何人も見てきた気がするんですが、とりあえずやったもの勝ちってことなんでしょうか?家本さん。レッズは好きなチームじゃないけれど、今の双方のチームの勢いを象徴していいゲームになりそうだったのに、どう観ても変な笛と(ひいき、って言うんじゃなくて何だかどっちにとっても後味の悪い、後半だけでも無茶苦茶な笛だった。)暴力行為でぶち壊しでした。ちなみに、某Sサッカーさん、どうせ取り上げるなら都倉のプレーだけで映像を切るのは何だか作為的かと。
I氏に限らず、審判の仕事はゲームの円滑な進行と、手綱を引くべきところはひいて選手を心身ともに守ることだと思うんだけど、自分が感情的になって帰って事を荒立てている人が多い気がする。カードを出すことでしか、権威を守れないと勘違いしている審判が多すぎる。

都倉くん、泣いていたそうで。別に今日負けたのは君のせい(だけ)じゃないし。でも、今までいろいろな選手の悔し涙を観てきたし、そしてその悔し涙をきっかけにたくさんの選手が大きくなってきた。この借りは、いつかレッズ戦で勝利につながるゴールを決めて返せばいい。「そういえば、あの時泣いてたよね」なんてことが笑い話になるように大きな選手になっておくれ。

ここからはとっても主観的な蛇足、と言うかまあ、言いたいだけなんですけどね。

●長谷部誠選手(浦和):
「前半何点か取られてもおかしくなかった場面もあったし、勝ててラッキーだった。(PKでの先制点だったが?)相手のDFはペナルティエリア内でファウルもしてくれるし、激しく来るんで、『試合前から狙おう』と話していた」

いつも思うんだけど、浦和の選手はインタビュー講習した方がいいんじゃないかなあ。「PKねらってた」っていうのはありだと思うけどいっちゃまずいんじゃ。

試合がヒートアップしていた中、冷静にアップに励んでいた相馬さん。数々の修羅場を潜り抜けてきただけに、喧嘩の仲裁役と冷静な審判への抗議には必ずや一役買えたはずだと思うんだけどなあ。ええ、ちょっと言ってみたいだけ。
さて、次節は佐原とベティが出場停止です。周平が間に合わなくても、佐原の代わりはヨンデだろう、と思いますがベティの代役は今日の感じだと拓? でもベテラン、必要だと思うよ(願)

|

« 久々のピッチの上の相馬さん♪ | Main | 心理テスト »

Comments

埼スタって練習場、別なんですね・・・ (そこに反応するか・笑)
自分の無知さを再確認。
HT は若い衆と戯れる相馬さんを想像して楽しんでいたのに。

四文字熟語は「七転八倒」と「一期一会」でした。
「匍匐前進」に大うけ。
「虚心坦懐」を、迷わず「こしたんたん」と読んでしまった私もアレですが(笑)

Posted by: kotty | October 31, 2005 at 10:30 AM

>kottyさん

何か強引にトラバしてコメントさせちゃった感じですみませんねえ(笑)
等々力では見られるんですけれどね。若い衆と戯れる相馬さん。特に飯尾は妙に懐いておりまする。

七転八倒、って(笑) サッカーを観ながらテレビの前で?
どうせなら欣喜雀躍といきたいものですな。

Posted by: EM/蒼@家主 | November 02, 2005 at 11:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/6735052

Listed below are links to weblogs that reference うつむくな、君のサッカー人生はまだまだ長い 浦和VS川崎 2ND:

» 勝たせてくれない何か [生まれながらの…]
マリが勝ったのに…生中継なし。あぶれ組。 雨の中、選手もサポもお疲れ様でした。中澤ってのが泣ける。 久保も制限時間以上にがんばったようだ。 で、テレビで見れた川崎の方をちっとばかし。... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 10:18 AM

« 久々のピッチの上の相馬さん♪ | Main | 心理テスト »