« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

November 27, 2005

歌おう、 感電するほどの喜びを!

題名だけブラッドベリから拝借。別名、FC東京VS川崎フロンターレ 極めて視野の狭いバージョン主観ミニレポ。
すまん、ほとんど相馬直樹しか目に入っていないのよ。

で、題名なんですがひとつは私たちのこと。ここのところ、サブにすら入らず「も、もしや もうユニフォーム姿は観られないのではあるまいか」とくよくよし始めていたところだったので、スタメンの喜びはもう、言葉に尽くせず。ましてやサイドで見られる、と言うわくわく感は右サイドという極めてまれなポジションに入ったことによる心配をはるかに越えていきました。

そして、ご本人。勝利に貢献したいとか、印象に残るプレーをしたいとかいう自負や想いももちろんあったでしょうが、何だかそれ以上にとにかくピッチに立ったことが、大好きなサッカーをやれることが嬉しくてたまらない、そんな風に見えたのは感傷的な思い込みでしょうか。選手紹介では東京側からも大きな拍手(感謝)。写真撮影が終わるや否や、いつもに輪をかけての猛ダッシュ。最初は何となくサイドが違う違和感もあったんだけど、ボールタッチが重なるに連れ、ほとんど気にならなくなりました。試合開始から、いきなり飛ばしていて最初のボールに猛ダッシュ、たぶん90分出ることを前提としては考えてはいないんだろうけど、それでもひやひやする。いつから私(たち)こんなに心配性になったんだろうね(苦笑)?
相手がボールを持っている間、ボールフォルダーをミノやヒロキに預けて、ボールの出る先の選手を消しにいく。ボランチが相手をサイドに追い詰めれば、すかさず助っ人ではさみに言って苦し紛れのパスを出させる。セットプレーからのカウンターには逆サイドまで出張してボールカット。
そして、すきさえあれば上がる、上がる。ボールを出して、なおかつワンツーをねらってさらに上がるぞ、上がるぞ、とプレッシャーをかけながら外側を、外側を上がっていく。
クロスは昔から、実のところピンポイントを売り物にするものばかりではないし(それでも得点機会につながるクロスはもちろん何本かあったけど。)、スピードももともとそんなにあるわけじゃない(だからスピードのある選手とよーいどんになると厳しいのは前から)。でも、この仕掛ける姿勢、すきあらばいつでもいってやる、っていうのが相馬直樹の真骨頂で…最終ラインで守備に行っていたのに味方がボールを持った瞬間、「前へ」という意志を体現するかのようなオーバーラップに魅せられて、ずっと、ずっと追いかけてきた。走りが無駄になって、相手にボールが取れれると、これまた必死に最終ラインに駆け戻る上下の動き。川崎の皆様、サイドは違えどこれが相馬直樹の標準形です(不調時除く)。もっともっと観て欲しかった、本人ももっともっと観せたかったと思う。
さすがに、後半途中からは疲労が隠せなかったけど久々に幸せでした。

正直、もう観られないかもしれない、と覚悟していた。でも、出てくれると欲がでるから次もスタメンで、と願わずにはいられない。一分、一秒でも多く、だって来年はないのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2005

これは奇跡に違いない

いや、タイトルが大仰な割に個人的な話なんですけどね。実は今日、日本にいない予定でありました。
職場旅行で近場の国へ行く予定で、まあこの大事な時に試合一試合棒に振るのはかなりブルーではありましたが、まあ普通であれば行かないわけには行かないので覚悟を決めてじゃあ楽しんでこようと。それが、金曜の明け方から腹痛やら吐き気やら…これは飛行機に乗れないだろう、行っても迷惑をかけるだろう、と言うことで幹事の人に連絡してドタキャン。基本的に丈夫なのがとりえなので、病欠もほとんどないし、ましてや旅行のキャンセルなんぞしたことは初めてなので少なからずへこんでいたりしたわけです。

それが…何と実のところ予想もしていなかった

相馬直樹さん先発出場ですよっ アナタ!!

いや、具合が悪いのはそこはもとが丈夫なもんで、昨日の夕方くらいには元に戻っていたわけですが、特に悪いものを食べたわけでもなさそうだし(仕事で胃が痛いときはあるけど) 風邪も一歩手前くらいの状態から悪くなっているとは思えないし…要は原因不明(←医者に行けよ。)。
まあ、具合が悪くても行くけど(笑)

いや、何かこのタイミングのよさは、何だか人間の知恵の及ばない大きなものが働いたとしか思えない…とか勝手に思い込んでおります(笑)

しかし、やっぱり相馬さん、只者じゃないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2005

演劇集団キャラメルボックス「クロノス」 その2 千秋楽あいさつと、終演後篇

っていきなり真ん中の芝居すっ飛ばすし(笑)
結局好きな芝居ほど観想書くのが遅くなって結局書き逃す、っていうヤツなんですがわたしの場合。

千秋楽は西川さんの挨拶の後、クリスマス公演恒例のキャラメル配り。新人の小林千恵ちゃんからいただきました。
割りと早く舞台上に戻ってきた菅野さんですが、西川さんが一生懸命話振ってるのに今ひとつのれてない(笑)…そりゃあそう簡単にあのテンションから戻って来れないだろうなあ。
西川さんが締めて、次のアンコールで三方礼で、さらに次のアンコールで菅野さんのご挨拶。
「ありがとうございます。いつまでも終わらないんじゃないか、って思った神戸公演もついに千秋楽となりました。
(しばらくあたあたしている) …すみません、走っていたら今朝考えたことを忘れてしまいました。
あの、キャラメルボックスもDVDとか売っているのでなんですが、僕たちはDVDの中にはいません。僕たちはいつもここにいたいと思います。最近、CDとかDVDとかそういう個人的な時間を大事にすることが増えているけれど、こうやって舞台の上でお客さんと時間を共有するのは素晴らしいことだと僕は思います。それでこその演劇集団であり、サポーターの皆さんだと思います。皆様が劇場に足を運んでくださる限り、僕たちはここにいます。」(かなり意訳かも…汗) 

で、さらに拍手が鳴り止まず、だっち不在のため、二代目総締め担当のつついくんが締めて神戸楽終了。
今日の新幹線で帰るんですが、こちら方面のお友達に付き合っていただいて新神戸オリエンタルホテルのバーに特別カクテル「クロノス」を飲みに。ひとりだったらあきらめたと思うので感謝♪私はアルコールは甘くても辛くてもOKなのですが、色も味も爽やかな感じで美味しかったです。お話しているうちに、だんだん外が暗くなっていって5時過ぎくらいにはけっこう綺麗な夜景が観られました。これは冬公演ならではですよね。これからケーキを食べに行く皆さんをうらやましくお見送りして私は新幹線へ。思いっきり立ち見…ならぬ立ち席。でも、運よく目の前の方が新大阪で降りてくれたので後は座って帰れました。

今年も駆け足になっちゃった神戸、来年こそは有馬温泉と、布引ハーブ園と、風見鶏の館再訪と、それからケーキを実現したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

クロノス神戸楽 その1(前ふり篇)

神戸から帰ってきました。で、結果的には相馬さんがメンバーに入らなかったために千秋楽も観(られ)ることになり、その前に楽が観られないつもりでマチネだけのはずがソワレも観ることにしたため結果的には…三回連続で観た、と言う。そもそもマチソワ観る、と宣言した時点で複数の方から「あの芝居、続けてみるとしんどいかも」と言われたわけですが、はいしんどかったです。でも幸せでした~(笑)

で、どう幸せだったかと芝居の感想は次のエントリに譲るとして。
唐突では有りますが、実はこの間某さんと土方(ひじかた)話をして「そりゃあEM/蒼さんには上川氏の土方が一番かもしれないけれど」って言われてけっこうびっくりしたのでした(←あ、別に怒っているわけではなくてただびっくり)。いや、そりゃあ上川さんは好きな役者で、キャラメル観始めたのも上川さんがきっかけな訳ですが…ファンって言うのともちょっと違うんだよね。好きな役者さん、って広い意味ではたくさんいるし、そもそもある程度観ると情が移る、と言うかユニットごと好きになるのでわりと気になる劇団って言うのも多いし(サッカー観ていて好きな選手のチームを好きになるのと一緒)。だから、リピートする時は一度観て芝居が好きだった、とかユニット自体が好き、と言うケースが多い。
その中でも上川さんとか堤さんとか、あと大竹しのぶさんとかはちょっと特別で、言うなればJISマークみたいな感じ?「この人が出ている芝居ならきっと間違いはないだろう」、と。そういう意味ではそれなりに彼らの芝居もドラマも沢山見ているし、負うところも多いんだけど、たぶんファンというのとはちょっと違うと思う。そりゃぁ、舞台上の彼らにどきどきすることはありますが、でも普通はわりと客観的かつ冷静に見ていられる。ファンってもう少し主観的なもんだと思うんだよね。
「芝居バトン」のところでもちょっと書きましたが、その意味では私が「ファン」っていえる役者さんは一人だけかもしれない…キャラメルボックスの菅野良一さん。二足のわらじをはいている方なのでめったに舞台に立ってくれないこともあり、次はいつなんだろう、いつなんだろう?もしかしてもう一個の世界の方に行っちゃって舞台には戻ってこないんじゃないか、とか気をもみ続け、出るのがきまるとそわそわしながらはしゃぎチケットも複数回分最初から確保して首を長くしながら待っている。そういう人は私以外にもたくさんいて、公演中劇場で何度となくお会いする方もちらほら。

で、今回間が空いて約二年ぶりの登場…長かった…。…でも何で相馬直樹引退騒動の渦中なの~(涙)
ってどっちか関係の知り合いの方にはこのつながりがまったくわからないと思いますが。だってさ、本来はどっちかちょこっとお休みしてどっちかに集中したいくらいの状況なんですが、どっちも同じ時期でしかも期間限定なんだもん。劇場からスタジアムと麻生に通いたいくらいだ(爆)←仕事どーすんだ。
ただとりあえず「クロノス」の公演中は観に行けば必ず見られる菅野さんと違って、相馬さんの今の状況はほんといつ何分観られるかわからない状態なので前回のエントリのごとく、神戸楽を諦めてでもメンバー入りしたら相馬さん観に行こうと思っていたわけですが。…メンバー入ってないし(泣)

それで、「楽が観れないならせっかく神戸まで観に行くんだからニ公演 一日しかいないんだから昼夜連続」というのを決行してみたんですが、結局楽を観られてしまったので一日半で三公演、とか言うことをやらかしてしまいました(汗)…実のところ、相馬さん遠征メンバー漏れはかなりへこんだんですが、これはこれで至福♪
ああ、やっぱり菅野さん好きだわ。理由を挙げようとしてもいつもうまくいかないんですが、まあ結局のところ琴線に触れる、って言うことですかね。ついつい目で追ってしまう。もうほんと、待ってて良かったよ~(壊れてます。)
芝居に関してはまた項を改めて(←ほんとか)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2005

近況などなど

っていうか、本来なら明日は朝から神戸に行ってひさびさに神戸見物あんど甘いものでも堪能しようかな~などと思っていたつい一ヶ月ほど前。宿もしっかりキープ♪ で、土日は観劇~これについては項を改めて書こうかと思うけど、追いかけている役者さんが一年半以上ぶりに舞台に立つので、東京公演が待ちきれず、どうせなら友人にも会いがてら、関西遠征と行くか、と。楽のチケットが手に入って、楽しみだなあ楽しみだなあ~何だフロンターレ長居なんだ?近くにいるのに観れないなあ、などとも思っていたりしたわけですが。ちょうど、時間が重なるのね。

と思っていたらば何だか全然仕事が落ち着かなくて、明日は休みなんだけど懸案がいっぱいあるもんでとりあえず午前中はちょっと会社に行き、さらに歯医者に行き、そのあと新幹線、のはずだった。これでもすでに予定が狂っている。

そして、先週の相馬さん引退発表。

今書いて自分で驚いたんだけど、まだ一週間しか経っていないのね?何だか、とっても長い時間が経っているよな気がするんだけれど。で、とりあえず明日は麻生に行ってみようと思ってます。そのあと、遅くても神戸入りしようとも思ったけど、今日この時間に帰ってきて明日でかけられる状態でもないし、ちょうど家のほうも取り込んでいるし、と言うわけで明日は断念。明後日の朝に神戸入りします。
で、日曜日。ずーっと、ずーっと前から楽しみにしていた楽の日。正直、とっても、とっても迷っています。
引退まであと4試合+α(天皇杯)。メンバー入りは約束されていない。どの試合が最後の試合になるか、わからない状況。うち、一日はどうしても行けないしね。でも、仮にメンバーに入ったとして、いったからといって観られるかはわからない。というわけで、当日まで悩むと思います。

最近の近況。
先週の土曜日は神戸戦を観に行って、記者会見の後相馬さんが出てくるまでうろうろとで待ち。その後、夕顔さんと東京駅の沖縄料理で相馬語り。
日曜日は富良野塾の東京公演の後、品川駅の駅ビルでご飯。
で、月曜から本日まではひたすら仕事。あ、昨日は残業禁止デーだったので、ミュージカルを観に行く予定だったんだけど、いきなり会社に戻る羽目になり半分しか見られず。で、うちに帰ってくるとこちゃこちゃテープ起こしなどをしているけど遅々として進まず、といった感じです。
あ、リンクを二件追加するとともに、ブログのトップにもリンクを貼ってみました。どうだろう?使いにくくてすみません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2005

しのぶもじずり(追記あり)

ひたすらに思い乱れております。

実は知ったきっかけは仕事の合間に出来心でアクセス解析をみたらやたらと相馬直樹でご来訪された方が多く、さらにその中に「引退」と言う文字が…「え、縁起でもない(見ないふり)」と仕事に戻る前に携帯を観たらメールがいっぱい届いていました(涙)

お疲れ様、とも今はまだ言えない。
ああ、こんなことならHPもっと頑張って作っておけばよかったよ…とかいつだって私は後悔先に立たずだ。

相馬直樹を好きで、ご来訪された皆様。よろしければ掲示板の方にもよっていってください。せめて、彼がユニフォームを脱ぐまでの間、相馬語り、しましょう。

追記:あ、この何だかよくわからない題名ですが…どうしても事実そのものを題名にしたくなかったための
要は、逃げです。本当だとわかっているのに、文字にすると余計本当になってしまう気がして。
で、高校の時のかすかな記憶「しのぶもじずり、というのは乱れると言う言葉を引き出すわけですね」…ええ、こんなに心乱れる状態があろうか、ってんで引っ張ってみた、と。別に古典に詳しいわけでも何でもありません(好きだけど。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

同人誌あたりでやってればよかったのにね

いや、ここまで似ちゃうとちょっと申し開きも難しかろうね。あ、でもネットがなかったらここまで大事にはならなかったかも。

同人誌かなんかで、洒落でモチーフとしてやっているならまあありかなあ、と思うのよ。買うほうもそれを前提に買うわけで、その上で肴にしてあれこれ言うわけだし。でも、自分のもののように発表しちゃまずいよね。まあ元本のほうにかなり過剰な思い入れがあるから公平じゃないかもしれないけど、抜粋されたものだけ見ても原作の持つ輝きからは似て非なるものだなあ、とか思ってしまう。白紙の状態で読んだら結構感動できるかもしれないけれどね。

物好きなうちの妹はAmazonで注文などしてみたわけですが…さて、購入できるのか?それともその前にストップがかかるのか興味津々(笑) すでにストップがかかると踏んでか、USEDのサイトのほうに高額出品をしている人などもいるようで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2005

せめて安らかに

秋葉原駅の売店で、夕刊の釣り広告で本田美奈子さんの訃報を知りました。
私自身も中学生か、高校生の時だったか、デビューした頃は細いのにかなり歌が巧いアイドル、と言うイメージで、ちょっと見ないなあと思っていたら舞台デビュー。
最初に見た「ミス・サイゴン」は話自体がどうも馴染めず、彼女もやたらと力が入っていた感じで家族の体調不良も会って途中で出てしまいました。それから縁がなかったのですが、病気の報道とそのあたりで読んだブログでかなり彼女の演技を評価する声も多く、じゃあ復帰の舞台は観られたらよいなあ、と思っていた矢先でした。
結局観られなかったことを残念に思うとともに、舞台は一期一会だなあ、とも思います。あとで、と思っているうちに永遠に舞台上で会う、または再会する機会をなくしてしまうことは伊藤俊人さんの時にも思ったことであるけれど。
彼女自体も、まだまだやりたい役、やりたいことがいっぱいあったことでしょう。共演されていた市村正親さんも「悔しい」と言う言葉を使われていたけれど、さぞ無念だったと思います。

実は私、大学時代の友人を同じ病気で亡くしています。その時もあっという間だったのに、何で今回は妙に治るだろう、って思ってたんだろうね。

心からご冥福をお祈りするとともに、舞台で歌で彼女に出会った人たちの胸に彼女が生き続けていきますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2005

天皇杯 川崎的に開幕

やっぱり11月中なんて天皇杯、って感じしないわー。何か、「いよいよ押し迫ってまいりましたね。」という年末へのカウントダウンとしての位置づけとして天皇杯があったもんですから、何かこの次期だと切迫感に欠けるんですもの。年賀状も書いてない、掃除もしてないけど天皇杯にいくのがチームサポの至福&心意気、なんて妙に肩に力が入りながら行くのがいいのに。(←がっかりしなくても絶対5回戦にはそういう状態になってると思う。)

さて、相手は佐川急便東京。天皇杯の面白さはこういう普段見れないカードが観られてひょっとすると、ってとこだよね。ひいきのチームにはひょっとして欲しくはないわけだけど。対戦相手は違えど、去年までJFLにいたC大阪の古橋がいいことを言ってます。「少しでもサッカーやっていたいから、いつも天皇杯を長引かせたかった。」
ザスパの子達もそうだったけど、結局仕事の合間にサッカーをやるわけだからサッカーやってる時間が貴重なんだよね。仕事の状態によっては十分練習できないこともあるし。天皇杯はJリーグにいる選手にとってもサッカーに専念できる幸せを思い出す機会なのかもしれないね。

さて、そんな天皇杯はやる気まんまんの佐川に比べて、どうも何だか川崎はまったり省エネモード。いや、そんなことはないんだろうけど、全ての試合で自分達が挑戦者の立場だった今年一年の終盤に、久々に挑戦者として相手が向かってくるその状況自体に押されてる気がしないでもない(こじつけっぽいけど)。大丈夫かなあ?と思っているうちに相手の先制ゴール…いや、ほんとにきれいなゴールでした。それでも何だか目が醒めないフロンターレ。ガナのゴールで前半に追いついたものの、何だかどっちに転んでもおかしくなさそうな展開で。ケンゴも拓も逆転しようと気があせるのかやたらと前がかりで中盤すかすか、そこを相手に言いように使われてピンチを招いてました。ジュニの二点目のゴールくらいまでは佐川の守備、ほとんど完璧だったんじゃないかな。
で、そんな流れだと当然「セッキー 穴を埋めるにはふさわしい人材が~」とか騒ぐわけですけどね。柵の向こう側にいるだけで、先月あたりと比べたらそれでも進歩なんですが、そうすると出られるうちになんとか結果を、と思うのが人情(?)というもの。でも結局呼ばれたのはベティで…確かに最近のベティはいい活躍をしてると思うし、実際出てから流れも変わったんだけど、セッキー神戸戦のことも考えようよぉ(ぐちぐち)。終わってみれば5-1なんだけど、どうもあんまり快勝、と言う感じがしない試合でした。

今年は番狂わせはなしか…つまらんのう。(自分のところが勝ったからこそ言える言葉)
話が前に戻るけど、天皇杯って今まではちょうど戦力外通告のあとだったから、サポとしてはいろいろ消化したり、別れを惜しんだり、って言う機会でもあったんだよね。今年はここで負けてしまったチームのサポにとってはリーグ戦が終わるとそういう時間もないんだなあ、なんてついつい思ったりしてしまう。
ええ、一年のうちでサッカーファンにとっていやな時期が近づいて来てるので…勝ったのに何かネガティブですみません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2005

一般常識との乖離を感じる瞬間

うちの上司は「○×」がつくほどのとにかく虎キチなもんで、この秋はせっせと「聖地」に通ってました。まあ、私が観てても「キチ」ぶりがかなりエスカレートしててなかなか面白かったんですが、今書くとうちの職場の人が観たら一瞬にして身元が割れそうなのでそのへんはまた日を改めて書こうかと。

で、飲み会の前に同じ課の同僚。「最近、○×さん怪しいよな。絶対あっちに女がいるんだよ。問い詰めようぜ!」
私「えー?単に虎が強いからでしょ。絶対ないと思うけど。あったら夜行バスとかで帰ってこないんじゃ?」
「だってさー。月に二回も三回も関西行ってるんだよ?絶対変だって。女でもいなければそんな野球のためだけに何度も大阪行くはずないじゃん、ばっかだなー」

…いや、優勝かかってたら普通に行くだろ。というか、優勝かかってなくても週末全国大移動している人周りにいっぱいいるもんで、ついついそんなもんかと思っちゃうんですが。
ということは、ザスパの試合にせっせと通っていた頃は絶対「群馬にオトコがいるに違いない」とか言われてたんだろうなあ(苦笑)
というか、関東以外に住んでいる友人なのに、東京在住の人よりよっぽど会っている人も結構いたりする(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »