« クロノス神戸楽 その1(前ふり篇) | Main | これは奇跡に違いない »

November 22, 2005

演劇集団キャラメルボックス「クロノス」 その2 千秋楽あいさつと、終演後篇

っていきなり真ん中の芝居すっ飛ばすし(笑)
結局好きな芝居ほど観想書くのが遅くなって結局書き逃す、っていうヤツなんですがわたしの場合。

千秋楽は西川さんの挨拶の後、クリスマス公演恒例のキャラメル配り。新人の小林千恵ちゃんからいただきました。
割りと早く舞台上に戻ってきた菅野さんですが、西川さんが一生懸命話振ってるのに今ひとつのれてない(笑)…そりゃあそう簡単にあのテンションから戻って来れないだろうなあ。
西川さんが締めて、次のアンコールで三方礼で、さらに次のアンコールで菅野さんのご挨拶。
「ありがとうございます。いつまでも終わらないんじゃないか、って思った神戸公演もついに千秋楽となりました。
(しばらくあたあたしている) …すみません、走っていたら今朝考えたことを忘れてしまいました。
あの、キャラメルボックスもDVDとか売っているのでなんですが、僕たちはDVDの中にはいません。僕たちはいつもここにいたいと思います。最近、CDとかDVDとかそういう個人的な時間を大事にすることが増えているけれど、こうやって舞台の上でお客さんと時間を共有するのは素晴らしいことだと僕は思います。それでこその演劇集団であり、サポーターの皆さんだと思います。皆様が劇場に足を運んでくださる限り、僕たちはここにいます。」(かなり意訳かも…汗) 

で、さらに拍手が鳴り止まず、だっち不在のため、二代目総締め担当のつついくんが締めて神戸楽終了。
今日の新幹線で帰るんですが、こちら方面のお友達に付き合っていただいて新神戸オリエンタルホテルのバーに特別カクテル「クロノス」を飲みに。ひとりだったらあきらめたと思うので感謝♪私はアルコールは甘くても辛くてもOKなのですが、色も味も爽やかな感じで美味しかったです。お話しているうちに、だんだん外が暗くなっていって5時過ぎくらいにはけっこう綺麗な夜景が観られました。これは冬公演ならではですよね。これからケーキを食べに行く皆さんをうらやましくお見送りして私は新幹線へ。思いっきり立ち見…ならぬ立ち席。でも、運よく目の前の方が新大阪で降りてくれたので後は座って帰れました。

今年も駆け足になっちゃった神戸、来年こそは有馬温泉と、布引ハーブ園と、風見鶏の館再訪と、それからケーキを実現したいと思います。

|

« クロノス神戸楽 その1(前ふり篇) | Main | これは奇跡に違いない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/7276764

Listed below are links to weblogs that reference 演劇集団キャラメルボックス「クロノス」 その2 千秋楽あいさつと、終演後篇:

« クロノス神戸楽 その1(前ふり篇) | Main | これは奇跡に違いない »