« 演劇集団キャラメルボックス「クロノス」 その2 千秋楽あいさつと、終演後篇 | Main | 歌おう、 感電するほどの喜びを! »

November 26, 2005

これは奇跡に違いない

いや、タイトルが大仰な割に個人的な話なんですけどね。実は今日、日本にいない予定でありました。
職場旅行で近場の国へ行く予定で、まあこの大事な時に試合一試合棒に振るのはかなりブルーではありましたが、まあ普通であれば行かないわけには行かないので覚悟を決めてじゃあ楽しんでこようと。それが、金曜の明け方から腹痛やら吐き気やら…これは飛行機に乗れないだろう、行っても迷惑をかけるだろう、と言うことで幹事の人に連絡してドタキャン。基本的に丈夫なのがとりえなので、病欠もほとんどないし、ましてや旅行のキャンセルなんぞしたことは初めてなので少なからずへこんでいたりしたわけです。

それが…何と実のところ予想もしていなかった

相馬直樹さん先発出場ですよっ アナタ!!

いや、具合が悪いのはそこはもとが丈夫なもんで、昨日の夕方くらいには元に戻っていたわけですが、特に悪いものを食べたわけでもなさそうだし(仕事で胃が痛いときはあるけど) 風邪も一歩手前くらいの状態から悪くなっているとは思えないし…要は原因不明(←医者に行けよ。)。
まあ、具合が悪くても行くけど(笑)

いや、何かこのタイミングのよさは、何だか人間の知恵の及ばない大きなものが働いたとしか思えない…とか勝手に思い込んでおります(笑)

しかし、やっぱり相馬さん、只者じゃないよ。

|

« 演劇集団キャラメルボックス「クロノス」 その2 千秋楽あいさつと、終演後篇 | Main | 歌おう、 感電するほどの喜びを! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/7332721

Listed below are links to weblogs that reference これは奇跡に違いない:

« 演劇集団キャラメルボックス「クロノス」 その2 千秋楽あいさつと、終演後篇 | Main | 歌おう、 感電するほどの喜びを! »