« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 25, 2005

空白

何だか心の一部が抜け落ちたみたいな感じになってます。

ああ、更新できない言い訳かなあ?そうかも。
まず、何から語ろう…最初の言葉が見つからない、そんな感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2005

撤収~

来週から会社が移転なので本日半分は仕事にならず。午後はほとんど引越し作業。
旅行会社はとにかく個人情報が多いから最近とっても神経をつかうんだよー。

で、業者の人が入るので定時で即追い出されました。…年末年始で量が多い上に、全部仕事前倒しなのに(涙)
何でこんな時に引越しするかなあ。休み明けはきっと嵐のような事態であろう(溜息)
新しいオフィス、行った事ないんだよね。駅から至近なので(まあ、駅自体がちょっと微妙だが)迷う心配はなさそうだけど、新しいところってまずどこに何があるか、からはじめなければならないからね。仕事が落ち着けばそれが楽しみ、ってことにもなるけれど。

週明け、間違ってもとのところに行かないか心配。もっとやばそうなのは年明けだな(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

右往左往

会社の引越し前日に、しかも明日は定時に上がらないといけない(業者が入るため)という日に、観劇なんて思いっきり無謀だというのは百も承知ですが。でも、たぶん一番いい席だったのでチャンスを捨てられなかったんだもん。

案の定、出がけに引っ掛かって10分ほど遅刻。サンシャインのエレベーターに乗り込んでほっとしたのもつかの間、四階を押し忘れてました(大苦笑) で、時既に遅くスポーツクラブのある五階に到着。
けっこう、エレベーター来ないんだよね…で階段で降りればいいや、と降りたはいいものの、展示場の搬入口みたいな変なところに迷い込んでしまいまして…結局5階に戻ってエレベーターで4階に戻る、という。何やってんだ、あたし。どっちにしろ、ダンスは観れなかったんですけどねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2005

久々に

ちょっと酔っ払ったりしてじたばたしてます(うちでだけどね。)
大好きだけど、どうしようもなく終わりが近づく、いくつかのこと。
頑張ろうとしてもやっぱり不安な先のいくつかの想い。

こんな寒い日はやっぱり頑張りきれず何だか右往左往しています(苦笑)


Continue reading "久々に"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2005

寒そう…

天皇杯、鹿島の次の試合は仙台スタジアムで大宮と。
わりと天皇杯、仙スタはいい思い出が多い気がするので(98年の鹿島VS広島戦やら鹿じゃないけど高山ショーに打ち勝ったザスパVSマリノスやら)あんまりこっちは心配してないんだけど(←どっちも苦戦なのはいいっこなしだ)、ひたすら寒そうだなあ。

今まで自分で行った試合でなんと言っても寒かったのはなぜか付き合いで旅行がてら行った横浜フリューゲルス消滅の年のリーグ最終戦IN厚別 あれはね、ほんと寒かった。その時薩川さんは半袖だったかどうかは覚えていないんですけどね(笑) ものすごく印象的だったのが、コンサのホームだったのになぜかとび丸くんがいたこと。フリエ消滅による特別処置だったと思われ、そのあとのフリエ選手によるまるでホームゲームのようなパレード、コンササポの熱いフリエコールなど勝負を超えてサッカーへの愛、チームへの愛をスタジアムが分かち合った試合でした。雪ふってたんだよねえ。
鹿の試合で寒かったのは1998年のリーグ戦終盤の東京V戦IN等々力。当時防寒を甘く見ていたことによる部分が多いのですが。勝ち点3をとれば優勝、ってな試合に打てども、打てども決まらなくて、結局延長に突入した直後にハセのVゴール。「ハセー遅いよー」って勝ったのに苦笑いな盛り上がりでした。もっと物理的に寒い試合はいっぱいあったはずなのに、あの時の等々力の寒さは印象に残っています。
あとねー、2002年のVERDYの試合で雨が降ってたの。何戦だっけ?あれも寒かった。

まあ、結果的に試合が熱ければ寒かったことも笑い話なんですけどね。真夏でも心が凍りそうな試合もあるし。
さて、仙台もだけど。埼スタ、帰り道ほかほかと帰れる試合になってくれよーっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思いがけない訃報

帰宅してYAHOOのトップページを見て目を疑いました。

仰木彬監督が亡くなりました。いや、私小さい頃から周りは野球一色だったし、サッカー観だす前は球場にこそそうそう行かなかったけどいっぱしの野球少女(笑)でしたからね。
親と叔父一名が巨人ファン、別の叔父と祖父がヤクルトで、妹が広島、という訳のわからない家庭の中にあり、最初は巨人ファンだった私はいろいろな事情もあってなぜか近鉄ファンに(笑)
子供の頃に見た、近鉄が何だかお利口さんの巨人に比べてパワーがあって、個性的で魅力的に見えて。特に梨田と大石大二朗()最近だいぶ目方やらなにやら変わられた姿を見てショックを受けたのは内緒だが好きでした。あと、野茂は入団の頃から応援してました。でねー監督はね、それこそ子供の頃の西本さんをのぞけば仰木さんが一番好きだったかも。彼が作るチームはいつも内にパワーを秘めていて、選手がそれぞれに自分の色を出していて、戦う集団でありながら、どこか明るかった。仰木さんは個性派集団を軽く手綱を引っ張りながらうまーくまとめている感じで、野茂だって、イチローだって、仰木さんが監督でなければまた違う野球生活を送っていたかもしれない。(実際ファームで某コーチに無理やりフォーム変えられそうになっていたイチローをトップに引っ張り
あげたのは仰木さんだ。)さすがに、近鉄とオリックスの合併チームは愛せなかったけど、仰木さんはずっと応援してたんだけどなあ。

今シーズン途中でオリックスの監督を勇退されても、またきっと野球の世界に戻ってくると思っていたのに。
今はただ、ご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2005

長崎上陸

何だか飛行機が離陸するまでほんとに自分は長崎に行くんだろうか?状態でした。いやだってさー、昨日の朝まで体調悪くて止めようと思ったんだもん。で、電車の中でYさんからメールが来て中身も水に、やっぱり来れなくなったのかしら、とか早合点したり。前の試合を除いて、ここ数試合試合に出てなかったこともあって、長崎は想像以上に遠かった。引退する、ってわかってなかったらまず止めていたと思うし、相馬直樹が出ない、ってわかっていてもやっぱり止めていただろう。いや、いまやフロンタは大好きなチームなんだけど、それでも天皇杯を目的に来るにはやっぱり長崎は遠かったってこと。
でも不思議なことに長崎行きの飛行機に乗ってしまい、そしてその飛行機は東京を飛び立つ。長崎の空港、降りたのはいつ以来だろうね?こんなにちっちゃかったっけ?帰りはスカイネットにする予定なので、予約カウンターを探したけどない…あれ?と思ったら端っこに小さいのがひっそりと。

バス乗り場にいくとすでに長蛇の列…だから天皇杯を侮っちゃいけないんだってば。どう考えても次のバスには乗れないし、その次のバスは一時間後だ。みるみるいっぱいになるバスを観ながらどうしよう、と思っているといきなり臨時便が出ることに…しかも直行バス!…いやあ、茨○交通とかと違って対応早!ただ、何も先のバスから人をおろさなくても(笑) 諫早のバスターミナルで、社長発見!すごいねえ。普通の空港バスに並んで乗ってるよ。私は外野から観ていただけだったけれど、前の昇格時から今度の昇格までにチームもサポの雰囲気も驚くほど変わったのは間違いなくこの人の功績が大きいと思う。

スタジアムは何だかのんびりとした雰囲気。親子連れが目立つ…こっち側に座っている人も単にすいてるから座っただけで、大概はマリノスの代表陣(元含む)を見に来た感じ。中澤松田がでないことにがっかりし、久保の早めの出場に希望を託す。そんななか、なかなかなかなか来ないスタメン速報にいらいらどきどき。ようやく速報メールが来たのに、結果を知るのが怖くてなかなか開けずに携帯とずーっとにらめっこしちゃいました。やっぱり一人じゃ観れなくて、結局Yさんが他の子に聞いて教えてくれました。Tさんと合流してわいわいやっているうちに試合開始。
この間の試合でファーストタッチが遅かったから心配してたのですが、本日は一分以内にクリア。対面はハユマ…東京V時代、けっこう相馬さんーハユマの左右のラインは好きだったんだよね。
ジュニが帰っちゃったのでスタメンはフッキ…多勢の心配と不安@過去の経験をよそに、フッキが早々にゴール。
いつまで持ってるんじゃ…どこ観てるんじゃ…と叫び続けたリーグ戦がうそのように、今日のフッキは玉離れもなかなかよく、動きもキレている。そして、ケンゴとタニの中盤、しつこいようですが大好きです。あくまで好みで言えばバランスは三冠の年の鹿島のW浩二のコンビに匹敵するかも。
そして、あなた相馬直樹さんですよ。特に後半の上がりと行ったら!しかもクロスもちゃんと照準あってるし。二点目のフッキのゴールの起点は相馬さんですよ。ああ、やっぱりこの人の庭は左サイドだよ。ウマ好き三人ですっかり飲んでもないのに幸せにできあがっちゃいました。何でこの期に及んで惚れ直させるんだ相馬直樹(笑)。

あとはもう、90分守りきって勝つのみ!90分で!ええ!…でも嫌な予感が。過去の何度とない苦い残像が。で、嫌な予感というのは得てして当たるんだよねえ。ロスタイム…えー三分も?…もう三分たったよねえ?と思った瞬間、何であんたそこでフリーよ?の久保の同点弾。正直、ここでずるずる行っても不思議はなかったと思う。延長前半、ケンゴの鮮やかなスーパーゴール。天皇杯ってVゴールじゃないんだよね…その後の長かったことと言ったら。せっきーの切った三枚目のカードは黒津…交代はフッキ。まだ相馬さんが観られるのは嬉しいけれど、今年フル出場の試合なんて片手で十分数えられるくらいで…もう、延長後半は気力だけで相手についていっていたと思う。観る方も祈りながら固まっていたのでちゃんと説明できない(苦笑)…笛がなった瞬間、何だか真っ白になりました。相馬さん、何度も何度も手を振って嬉しそうだった。長崎まできてよかった、そして埼玉でまたみんなで相馬さんを応援できることを、このチームを観ていられることを幸せに思う。

帰りに食べた、長崎ちゃんぽん、おいしゅうございました♪空港まで送ってくれたTさん、長崎行きに背中を押してくれたYちゃん、ありがとう。一緒に観られて楽しかったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず宣伝

よくよく考えれば何だかばたばたと忙しいのを理由に相馬直樹さん引退セレモニーの様子もかけてないよっ!と思ったらこっちも書いてませんでした。キャラメルボックス「クロノス」感想。ええ、やっぱり菅野さん好きだなあ…というのはとりあえず置いておいて、チケットがまだ余裕があるそうです。ちゃんと感想も書くし、もうちょっと整備するよ、というのはいつになるかわからないので…(苦笑)とりあえず宣伝。
「タイムトラベル」「不器用」「まっすぐ」「捨て身」「無償」などがキーワードかな。ちょっとでも興味がある方はぜひ。
暇をもてあましていたり、最近生の舞台とか観てないなあ、という人もどうぞ。ええ、あたしは好きです。というか、憧れます。その勢いと、その想いに。私は得てして助走で息が上がっちゃう人だからね。時として無駄走りになりつつも、何度も何度も目的に向っていけるその強さがうらやましいです。

クロノス特設ページ(いきなり音が出ます。)  ←ネタバレ含みます。原作は「黄泉がえり」の梶尾眞治さん。

予約なんてしてみよう、って方はこちら

東京公演は25日まで、年明けに横浜公演があります。わたしも行くので、予定が会えばぜひご一緒しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2005

切ないなあ

今日はトライアウトの一回目の日でした。まだ、全部の参加者は出てないけれど100人近い選手が参加。

米山の「今日やったのはサッカーと違うけど」ってコメントがつらいよね。90分やって持ち味を発揮する選手もいれば、一試合一回のきらめきに全てを賭ける選手もいる。たかだか2日、限られた時間では見極める方も辛いし、見極められる方もつらい。たぶん他にも気になる選手はいっぱいでてると思うんだけど、とりあえずヨネにはヴェルディ時代世話になったし、助けられたことも多かったからねえ。チームに溶け込んでると思えなかった中、話しているのをよく見かけた。数多くない、ヴェルディで気になる選手の一人な訳で…。

でも、とりあえずひとりでも多くの選手に新しいチャンスが巡ってくることを祈らずに入られません。順調に行って出さえ、長く過ごせる世界ではないから。厳しい世界で、それでもサッカーが好きでもう少しその世界で何とか道を開こうとするならせめて、次のチャンスに恵まれますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2005

ストライキだなんてさ

ええ、某航空会社がストライキと言うことで残業でございました…ごほごほ。天災とか航空機遅延とかストライキとかは一応旅行会社としては免責なんだけど、お客さんには文句を言われるわ、責められるわ、連絡をしなければならないわ、状況が二転三転するのでいろいろ手を打っておく必要はあるわ、でとにかく大変。実際にそれまで準備してきたお客さんが出発できないので結局気分的にも作業的にも大損なんである。
こっちがストライキしたいよ…とか言いつつ、結局仕事がたまって自分に降りかかってくるだけのような気が(苦笑)

けっこう体調がやばかったんで、「ごめん、長崎はやめる!」と言うメールを打ちかけたところへYちゃんから「長崎行くかも!」ってメールが(笑) 何だかまた行く方向へ傾き始める。ああ、もうこうなったらどうせあたし行くな。少しでも体力を明日のために温存ないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

検索

このブログにはアクセス解析なるものがついていてしかも、文中の言葉をランダムに拾うもんだからけっこう変な言葉で引っかかってくる人もいて面白いんですが、最近一番多いのが「ダヴィンチ コード」と「映画化」。最初のうちは「さすがに人気があるんだねえ」と思っていたんですが、毎日一定数しかもこの二つの言葉を並べて、っていうことはきっと同じ人だよね?すみませんね、たいしたこと書いてないのに毎回引っかかって。

しかし、そう考えたら気になってきた。だってさ、映画が公開されるのって来年出しまだプレビューもやってないはずだし。とはいえメインの配役はとっくに出てるし。一体この人は何が気になって毎日毎日調べてるんだろう?一日五件ずつくらい必ず引っかかるのよ…この数週間ほぼ毎日。
と、思ったので一度ひいてみた「ダヴィンチ コード」「映画化」
…別に目新しい話は出てこないけど?

もしかして、同じように気になった人が連鎖反応で引いてみてるんだったりして(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

気持ちはわからんでもないけど

某携帯ショップの修理・不具合相談コーナーにて。実は無料で充電をしてくれるので私はけっこう愛用してまして、その時私は充電した携帯の引取り待ち。修理カウンターはけっこう並んでいる人がいて、その時はちょうどひとりのうちの母親くらいかな?のお客さんが、割と年配の相談員の人に携帯が壊れた、という相談。
どうも、間違ってロックをかけてしまっていたらしく簡単に暗証キーでロック解除できて問題なくなったのはいいんだが。状況が飲み込めた奥様、取り乱し始める。
「あら、壊れてたんじゃなかったの?」
「はい、こうやったらロックが外れますから。次からはこうやれば自分で外れますよー」
「あら、あたしすっかり孫が壊したのかと思って。孫に何でそんなことをするの!って叱り付けちゃったわ」
って言ったあとにものすごく自責の念に駆られてしまったらしく
「3歳の子のせいにして。またその子がねえ、自分が悪いわけでもないのに、おばあちゃまごめんなさい、ごめんなさいって泣くわけですよ。ああ、もう私なんて謝ればいいのかしら?」とその場で大号泣。相談員さん必死で慰めるが嘆きを募らせるばかり。
さすがにずーっと見てるわけにも行かず、近くの係員の人を呼び止めて携帯ピックアップしてもらってその場をあとにしました。いや、なかなかな『事件』だったんだけどね。
私は他の人でも用が足りることだったからいいけど、結局修理担当なんてそんなにいないからかなりの人が待ってたし、おまけに弊店間際ですでに店内には「蛍の光」のメロディが…(^^;)あのあとどうしたんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2005

業務連絡

ええっとまず、鹿耳さんとこで引退するクマちゃんへのメッセージ企画が!クマちゃんには別に弟子入りしたつもりはない!と言われそうですが、相馬さんと師弟コンビと言われるくらい仲がよく、遠征の時はいつも一緒でした。クマちゃんにひと言でもと思う方はぜひ。

ガンバ戦の引退セレモニー篇とか、テープおこしした古いネタとか、あとはJリーグのストーブリーグやら日常的なことやら、クロノスの感想やら…かきたいことは実はけっこうあるんですが風邪っぴきです…ええ、相馬さんの引退で心が風邪を引いたようで…とベタなことを言ってみる(汗)

遠征をあきらめ切れてないこともあり、身体優先にいたします。すまん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

風邪

毎年一度は風邪を引くんですが、いつもはだいたい冬場は持ち越えて、もう大丈夫かなあ?って思う頃、春の足音が聞こえた頃にごほごほとしかもけっこう重たいやつがやってくる感じです。うちは家系的にのどから来るのね。その年によって症状は違うんだけど、大体のどが痛いよー声が出ないよーから始まる。で、つらい思いをしてる割にはたいてい周りから、「あれ今頃風邪?季節はずれの風邪はなんとやら、って言うんだよねー」とか言われるんだよ、ぷんぷん(勝手に思い出して怒っている)。
したがって、この季節は基本的に風邪はノーマーク(?)なわけですがすっかりひいちまいましたよ。実は会社の隣の隣の人が風邪引いてまして、ちょっとやばいなあと思いつつ風邪を引く一歩手前くらいの状態がずっと続いていたのを何とか持ちこたえていたわけですよ。それが、やっぱり3日に一日屋外だったからか、朝起きたら声が出なくなってました。いや、やっぱり相馬さんの引退セレモニーと言うことで心が風邪を引いたのね(<言ってろ。)

こういう時に業者さんから電話があると、少しくらい作業が遅れていても何とか待ってくれたりするんですけどね。お客さんからの苦情の電話だったりすると、「声が聞こえない!」とかで長引いたりしてさらに消耗したりします。
普段丈夫だから、体調崩すと心が弱くなるんだよね(苦笑)

というか、仕事も週末も忙しいから、今かぜひいてられないのよー。さらに、一応長崎行きをあきらめていないので何としてでも治さないと…やっぱり首に葱巻いてみるか?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2005

あらあらあらあら@相馬さんで検索してきた方へ

なにやら 相馬直樹 と EM で検索していらしていただいた方がいらっしゃるようで(^^;)
お知り合いかしら?

昨日の試合と、セレモニーの話は書くと思いますが、引退に関してのエントリは天皇杯が続く限りは書きません。
相馬さんについて語りたいかたはぜひぜひ掲示板の方へ。怖くないよ(笑)

またまた個人的にとってもショックなニュースが。
くまちゃん引退。
また、心の中でストン、と何かが落ちて行ったような喪失感を感じています(涙)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

リーグ戦ラスト@ガンバ大阪戦

きっと無駄にだらだらと長いです。ただの感傷ですみません。
     *                *
最近人任せで開場前に着いたことがなかったのに、ちょっと頑張ってみたにもかかわらず…慣れないことをしたせいか、違う列に並んでしまい結局役立たずですみません(汗)。
今日はリーグ戦最後の試合、そして引退セレモニーがある、ということで相馬ファン大集合の趣き。一緒に観戦した人でも南は九州、北は北海道だったのでスタジアムにはきっと全国各地の相馬ファンがいたことでしょう。
まあ、これも相馬さんが早々に引退を発表し、またチームがいち早くセレモニーを開くことを決めてくれたからなんだけどね。懐かしい顔、初めてお会いする人、ソウマガスキナヒトミナトモダチ(←怪しい宗教みたい)。

今日の選手紹介は見逃さないようにしないと!フロンターレの好きなところは多い(多くなった)けど、この選手紹介はそのひとつ…スタメン発表の前に選手全員の画像が映るオープニングはチーム全体を愛してともに戦おう、と言う意志が感じられる。そしたら、そのいつものものの前にさらに違う画像が…ベティから始まり、アウグスト、相馬さんと、それぞれの写真と言葉でつづられ最後に「23相馬直樹引退」(←例)と結ばれるショートフィルムが。それもまたいい写真ばっかりなんだよー。えーん、試合前から泣かす気かよー(涙涙)。と言うかこれ欲しいんですけれど…有料でもいいから。いつもの選手紹介も、いつもとまた違った感慨を持って観ずにはいられない。引退する以外にも、チームを後にする選手達がいる。2年前は知らない顔が多かった…今は全員の顔がわかるようになった(と思う<弱気)。この、映像が試合前に流れることはもう二度とないのだ。
右サイドでスタメン。今年は出場試合数が少なかったから、何度も試合を観に来てもそのたび振られた、と言う人も複数いて、やっぱり今日スタメンでよかった。(ヤス、その分来年応援するから)。紹介時にはガンバサポからも大きな拍手。 そういえば、会場内に誰がゴールを決めるかを競馬新聞の予想形式にしたビラが貼ってあって、 ◎ジュニ、○ガナ △アウグストのあとに、×相馬 …やっぱり×ですか。そうですか。そうだよねえ、やっぱり(笑) いや、そりゃあ決めてくれたら嬉しいけど相馬直樹らしさを十分発揮してくれたらそれでいいや。

記念写真が終わるとすかさず逆サイドに全力疾走する相馬さん…あの、今日は右サイドです(笑) その昔、キャプテンマークをつけてるのに審判放り出して走っていった姿を思い出し、Kちゃんとウケる。
さてキックオフ…したはいいんですが、なぜかいっこうにボールが来ない。ボールが来そう、な場面は何度かあったような気がするんだけど、そのつど中盤でカットされたり、ずれたり、笛が鳴ったり、もあったかな?マルクスもケンゴも先週はそのボールを右に出してたんじゃ?(被害妄想) いや、ガンバがしっかりプレスをかけてきていて、カットされるケースが多かったっていうのもあるんだけど。こりゃ、ファーストタッチはスローインか?と思いきやスローインはミノ。もう、こうなると試合に集中している周囲のサポと違って、こっちの関心はもう、「相馬直樹がいつボールに触るか」になってくるわけですよ。もう、ボールが動くたびにものすごい緊張感(爆) それでもボールはやって来ない…結局5分くらいボール来なかったよね?電光掲示板の表示4分までは覚えてる。結局ファーストタッチは頭だったわけですが、もうそのときの盛り上がりようと言ったら(笑)
 その後はちゃんとボールが来るようになったわけですが、ちょっと最初の方は動きが固かったかな。あと、対面の家永、今伸び盛り売出し中スピードスター(確か) ガンバの中盤は二川がいなくてもパス出しのいい選手が多いから、一歩間違うとすぐにゴール前に運ばれる、ということでかなり対応に苦慮していた気が。根気よくボールを切ってましたが、攻撃に結びつけるのがその分難しかった気がします。アラウージョに一点決められて、すぐにセットプレーから周平が返して、さあ追加点をと思ったら宮本めに決められて…相馬さんの動きもだんだんよくなってきて、まず守備で、そしてボールは出ないながらも上がり始めてそろそろ攻撃にも絡めるかなあ、と思った矢先にタニがヘッドで同点。駆け寄る相馬さん、割とあっけないなあ?と思ったらそのままピッチの外へ。勇介と交代でした。ここで、相馬直樹 Jリーグのリーグ戦での戦いは幕を閉じました。外に出てからピッチに向って、深く一礼@心なしいつもよりちょっと長め。もうちょっと使って欲しかった気もするけど、交代は博打に近いものもあるから仕方がない。何といっても右サイドとしては勇介は本職だし、PKのシーンは見えなかったから何もいえません。ただ、勇介も佐原も100%勝ちたい、って思ってピッチに経ったわけだし、失点は結局は全員のせいだしね。

何となく、嫌な予感はしていました。試合終盤になって浮き足立つガンバベンチ。四点目が入った瞬間、歓喜のあまりピッチ上のガンバの選手が全員消えました。やっぱり、あれはどうかと思う。まだ、試合は終わっていないわけだし、相手チームに失礼。今回、一部のガンバサポの乱入騒ぎより、私は一番わだかまったのはこれかな。Vゴールならともかく…岡田さん、普段やたら厳しい笛吹いといてあれはいいんですか(毒)?ああ、ここで相手の好きに乗じて逆転できたらすごくかっこよかったのにー。

最後のホイッスルがなって泣きながら戻ってきた勇介を慰める相馬さん。ある意味、今日の中でも一番印象に残るシーンでした。ナビスコで柏に負けたときに、なきじゃくる満男をうながして、サポーターに挨拶に行かせたことを思い出したよ。こういうところでこその経験、こういうところでこその言葉の重み。等々力時報さんにその時の写真がUPされています(多謝)。
結局、目の前で優勝されてしまい、一番悔しい終わり方になってしまいました。でも、この悔しさはきっと明日に生きるはず。とりあえず、来年は根気一度も勝てなかったガンバに雪辱を。

…長くなってきたのでセレモニーは別エントリに。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

December 02, 2005

冬の訪れ

ただでさえいろいろショックなのに、長文で書いたエントリが一瞬で消えた。ここのところ、帰宅してからはココログが重たくて、開かないときのほうが多くて書きたいことも書けなかったのに(←夏休みの宿題の言い訳みたい)、珍しくすんなりあいたらこういう仕打ちかよ~っ!

でも今日しか書けないから短くなるけど書く。ええっとJリーグの各チームは11月末日までに来期契約を結ばない選手に対してその旨を通達しなければなりません。だからこの時期は、チームを去る選手の情報が満ち溢れるわけで…自分のチームから応援してきた選手がいなくなる、って言うのももちろんショックだけど関わりがあった選手や、他チームながら気になっていた選手、そのチームのかっては顔だった選手など…サッカー界も決して余裕がある世界ではないし、全ての選手に落ち着き先が決まるわけではないからかなり寂しい気持ちになる。ましてや好きな選手だと…落ち着き先が決まらないことにはこの後その選手のプレーが観られる保障はないもの。

昨日の掛川@神戸とかもびっくりしたけどとりあえず、今日はまずマスくん。未だに天才ドリブラーの称号は私の中ではマスくんのもの。鹿のときは天才肌だけど、ちょっとむら気で練習嫌いと言う噂もあり、サインをもらうのもぶっきらぼうでちょっと怖かったんだけど、でもそのプレーは本当に魅力的だった。ドリブラーでありながら視野が広く、サイドもちゃんと使ってくれて…大怪我からの復帰はとっても嬉しかったし(復帰戦は相馬さんのアシストにつながったこともあって、よく覚えてる)鹿島から出て行くときはとても寂しかった。外国人選手以外では、いなくなって最初に大きな喪失感を味わった選手だったかもしれない。久々に柏戦で見て、渋いプレーヤーになっていたけれど運動量豊富で中盤でよく効いていた。柏で居場所を見つけたな、と思った矢先だったのに(涙)
今回気になってしょうがなくて、柏系のブログを巡って何だか泣きそうになった。あふれてる本気で惜しむ声の数々…柏で頑張ったんだな、いい仕事をしていたんだな、と実感した。フロントはわかってくれなかったとしても、増田忠俊を柏のファンはちゃんと評価して忘れないでいてくれるだろう。移籍してきてそういう選手、って実はそう多くはないと思うしね。あとは、また彼のプレーを生かせるチームが見つかりますことを。フロンターレに来てくれたりしないかな。

ザスパでは大輔と洋平が…そしてオダジ引退。私が大好きだった、ザスパの立ち上げメンバーはもう、テラ、モミ、陽ちゃんと小島さんだけになってしまった(号泣)…これ以上のサプライズはないよね?本当にないよね?

そして、戻ってきたフロンターレオフィシャル。ベティ引退なんだ。それこそ、まだやれそうなのに。セレモニーで挨拶をする、って知って何だかちょっと安心する。フロンターレのサポーターにとっては、やっぱり相馬直樹よりもベティが川崎の顔だろう。その顔はやっぱり大事にするチームであって欲しい、と思う。そしてオヤジも帰っちゃうのね…アウグストを好きだ、って本当に思えるようになったのはフロンターレの試合に足を運ぶようになってからなのに。
他にもいろいろ…そしてこの後も出てくるんだろうなあ(鬱)
相馬さんだけでも十分ショックなのに、寒さが厳しそうな冬であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »