« あたふた | Main | クロノス横浜初日 »

January 12, 2006

Jリーグ往来2

中田浩二を見ていると、どうしても「田舎の小町娘が悪い男にだまされて吉原に売り飛ばされるが、そこで思ったように客がつかず、深川とかその辺の岡場所にさらに叩き売られそうになっている」みたいなイメージなんですが、時代小説の読みすぎですか(苦笑)?
それで、なかたこはイスラエルには行かずにすみそうなのかしら?とりあえず、海外においては社交辞令も愛想笑いもご法度だと思うよ?エルサレム観に行った時点で、向こうの人からすれば半分くらいは目がある、と思うと思うもん。行って断るために行くって言うのは向こうの常識ではなしだ。下手すると、これからの自分の株まで下げちゃうからさ…で、その辺もアドバイスしてくれない代理人なら切りなさい、って話だ。だって、彼のおかげで君のイメージが下がりこそすれあがったことないもの。鹿に帰ってこないなら来ないで仕方がないけど、自分で行っていたように限りある、大事な選手生命だから。鹿を出る時のメッセージで、「半年後にもっといい条件が来るかもしれないけど、半年後に自分がプレーしているという 確約もないわけです。「(前略)今行かなかったら、本当に後悔するだろうな」ということは、強く感じました。おそ らくこれは、ケガをして1年間サッカーができないという状態を味わった選手でなくては分からないと思います。(後略)」 同じように怪我をしてリハビリをして苦しんで、という相馬くんやクマちゃん、ハネケンたちを観ていたから、だったら複雑な思いはあるけど快く送り出そう、と心に決めた。だからこそその時間を大事にしてくれないとこっちもやりきれないよ。

***

隆行のレッドスターはいいんじゃないでしょうか。この前大掃除をしていたら、ピクシーの記事がでてきて、自分が買っている選手として自分のチームの古賀、大森の他にヤナギと隆行をあげていて(…好きな選手なんだと思うし、隆行としても今は何だかすごく行き詰った感じで本人もサポも相当ストレスを感じてるみたいだし。最近、生でプレーをあんまり観ていないから何ともいえないんだけどね。レッドスターって前、政情不安になる前は森山泰行獲得も、っていう話もあったんだよね。下手にイタリアやイギリスの下のほうのチームに行くより、ユーゴで道を切り開くほうが隆行らしいようなきもする。浩二と違って、W杯に出るため、って言うのも実はなさそう。新天地で挑戦、って言う方が本人のモチベーションが上がるんでしょう。

***

ザスパの高田保獲得はびっくり。いい話だと思うけど、高田にしろ、横浜FCの小野信義にしろ、数年前まではチームの顔だったイメージで。そういう選手がいとも簡単に切り捨てられちゃうのは何だか寂しい。
だから選手の方もチームに対して愛情がなくなるのかなあ(涙)

個人攻撃をするつもりはないけれど、J2に降格してしまったチームからJ1チームへの選手の流出があいついでいますよね。もし、あの頃鹿が降格するようなことがあったとして、選手達は移籍を考えたんだろうか、とか最近考える。仮定の話をしても意味がないし、世代も違うのかもしれないけどどうしてもそうは思えないんだよね。マスコミが全てを正しく伝えているなんて思っちゃいないし、言葉の切れ端からはその後ろにある悩んだ日々や決断に至った理由をうかがい知ることは不可能。それでも、「J2でサッカーするつもりはない、とチームに伝えた。」 と聞けば じゃあそのJ2に落ちたことには君には全く責任はないの?と思わずにはいられないし、まして「大観衆の前でプレーしたかった。」ってさ。今はファンの数が少ないから、友達ひとり誘って行こうとか、少ない分大きな声を出して、アウェーも苦しい中で行って、といういわゆるファンが少ないチームのサポーターの涙ぐましい努力を選手が一番わかってあげないとサポも報われないよね。そう思っても、せめて去っていくチームのファンの気持ちを考えて、言葉を選んで欲しいと思う。

緑にしろ、柏にしろ、実のところチームとしての思い入れはないし、特に柏サポには過去に等々力で無茶な応援されたりしてあんまり心象よくないんだけど(苦笑)、でも同じサッカーファンとして、今の彼らには同情するなあ(他サポに同情もして欲しくないだろうけどね)。降格したこと以上に、チームや選手に裏切られたような思いをさせられることに対して。結局ただサッカーが好きならどっかや誰かに入れ込んだりせずに(←なかなか難しいけどー笑)、面白そうな試合を選んで観に行っていればいいわけですよ。選手やチームを追いかけるとどうしてもいいときも、悪い時もあるし、胃が痛くなるような思いや悲しい思いをするときもあるし…でもそれが続くのは結局調子がいいときや勝ったときの喜びに加えて、そのチームや選手ならきっと頑張ってくれる、いい夢見させてくれる、信頼に応えてくれるって思い込み(まあ、観賞していて楽しい、って言う喜びもたぶんにあったりしますが)。その思い込みを覆すようなこといわれたりやられたりされると、何だか自分の足元が崩れるようなきがするよね。

某チームの20番って、鹿島で言うと3番や11番のような番号ではなかったですか…?

|

« あたふた | Main | クロノス横浜初日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/8125356

Listed below are links to weblogs that reference Jリーグ往来2:

« あたふた | Main | クロノス横浜初日 »