« デブラ ウィンガーを探して | Main | 雪が少しでひと安心 »

February 05, 2006

よかったね、よかったよ(感涙)

クマちゃんが鹿島アントラーズ通訳じゃなかった、スカウトで鹿島復帰~!!!
鹿に戻ってきてくれたのももちろん嬉しいけれど、何よりもう一度サッカーに関わる気持ちになってくれたのが本当に、本当に嬉しい(感涙)。サッカー選手はサッカーに関わらないとその後の消息も分からなかったりするからそれが心配でさびしい、と言うのもあるんだけど、クマの場合は一生懸命やったのに結果につながらず辛そうで、あんなにサッカーをやる喜びを体中から発散させていた人がこのままサッカーにネガティブなままサッカーから離れてしまうかもしれない、と心配していたので(相馬さんに関してはサッカーから離れてしまうとは実はあんまり心配しなかったのよ)。層の暑さに苦しんだ時期、長い長いリハビリや、その後の怪我との戦い、そして今度の仙台で昇格を目指したのに今一歩で及ばなかった苦しい闘い、クマならきっとサッカーを志す選手たちやその家族たちの不安や悩みに、入団前も入団後もきっといいアドバイスをしてくれる事ができると思います。
すごく大変な仕事ではあるけれどやりがいはありそう。以前、先日退任された平野スカウト部長のインタビューがとても興味深かったので貼っておきます。 前編後編

ついでに(←ついでかよっ) 相馬直樹さんスーパーサッカー引退後初登場について。
(今日は確か久保特集だし、出るとしても来週だろう…なんか疲れたから寝ちゃおうかなあ)と思いつつも、来週の予告とかやるかもしれないからとりあえず見よう、と思ったらいきなり相馬直樹さん登場。うわーいきなりだよ(@@)
なんだか緊張しているのがありありで、こっちまでテレビの前で固まる。今週のVTR集で振られるまでしゃべりださないから放送事故かと思いましたよ。「はーい」「はーい」「ねえ」が続き、終盤「やっぱ」がでてきてなぜか安心する(笑)
相馬直樹さんといえば話が長い、しゃべるしゃべると言われて長いことになりますがよく考えてみれば、フォルサにしろ、Jリーグナイトにしろ、身内のなかのオレ様状態だったからいきなり全開モードで行けたわけで、しゃべりを職業にするにはまだまだ駆け出し状態。こういうとき、台本があると気になっちゃってかえってあがるんだよね。試合解説だった天皇杯の決勝の時の方がいけていたので、こういう構成に慣れてないのも原因だと思います。
ま、そのうち「そーま、うるさいよっ」と思うくらいしゃべるようになるから、きっと。

あ、どうでもいいけどアレックス「フィジカルとか一番やりたくない練習だと思うんで…」とかストレッチダイスキ、持久走大好きの人に訴えてもあまり意味がないと思うぞ(爆)

|

« デブラ ウィンガーを探して | Main | 雪が少しでひと安心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/8511525

Listed below are links to weblogs that reference よかったね、よかったよ(感涙):

« デブラ ウィンガーを探して | Main | 雪が少しでひと安心 »