« かもめ食堂 | Main | 推理小説 »

March 30, 2006

とりあえず得点シーンには間に合いました

仕事かっ飛ばして後半だけでも、と残業切り上げて帰ろうとしたらちょうど会議から帰って来た上司に呼び止められまして…こっちはもう足踏みしてるんだけど話し長いんだ…(--;)
それでも大事な用事かと思って聞いてたら微妙に愚痴だった(--;;)

で、途中走ったりなんかしてようやく帰宅…すでに妹が観てたテレビからは相馬直樹さんの声が♪
実際観られたのは20分だったけど楽しかったです。
相馬さん、だいぶ解説慣れてきた感じ。何だか最後の方、話が振られてしゃべりだそうとした瞬間にチャンスになったりピンチになったりして腰を折られるのが続いてちょっと可笑しかった、もとい可哀そうだったけれど。

寿人のゴール、いいごーるでしたね♪
個人的には寿人も巻くんも他チームながらかなり好きな選手なので、W杯行かせてあげたいんですけれどね。
でも、やっぱり今はヤナギ…何とか間に合うように怪我が治りますように。

増島みどりさんのコラムで、今回の怪我に絡めてジーコのヤナギに対する思いをつづったものがあって。
以前、不調だったヤナギに対してのジーコの言葉に泣きそうになりました。鹿島の選手達はみんなジーコに対して特別な思いを持っていると思うけれど、ジーコとヤナギはちょっと特別な気がする…。

「私は柳沢を諦めない。柳沢を選んだ自分の目も諦めない。もし柳沢が、自分で自分を諦めるというのなら話は別だが、私は彼の力を知っている」 

ジーコだけじゃなく、みんな待ってるから。

|

« かもめ食堂 | Main | 推理小説 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/9344913

Listed below are links to weblogs that reference とりあえず得点シーンには間に合いました:

« かもめ食堂 | Main | 推理小説 »