« ある意味スゴイ | Main | クレーム電話 »

March 25, 2006

井戸からヒ素が・バングラデシュ広がる汚染 

「Jリーグタイム」(←今こういう題名だったんだ…初めて知ったよ。)のあとテレビつけっぱなしにしていて次に始まった番組だったので何気なく見始めたのですが。

バングラディシュの井戸の砒素汚染とそれにともなう砒素中毒を取り上げたドキュメンタリー。バングラディシュでは川や池の水を飲んで伝染病や下痢などで死んだり病気になったりする人が多かったのでWHOやユニセフの援助で各地に井戸が作られ、それが人々の貴重な飲料になっていたわけですが近年になってその井戸の多くが砒素に汚染されていることがわかったのだそうです。番組の内容紹介によると、8割以上の井戸が汚染されている村が全国に約8千カ所、その水を飲用している人は3500万人。

国は危険な井戸を赤く塗り、CMなどでもアピールする一方、砒素が含まれない深層水井戸の掘削や、水の濾過装置などを作ってそちらからの水を利用するように呼びかけていますが、数が限られている上になかなか浸透せず結局多くの人が今も砒素入りの井戸水を飲んでいるのが現状。そりゃあ、これが安全なんだと言われて飲むようになった井戸水が今さら危険でしたって言われたって受けいれ難いよねえ。安全な井戸水は隣の村にしかなく、30分も歩いて少女が汲みに来るけれど持ってかえれる量は家族全員の分には全然足りない。

砒素は無味無臭、静かに身体の中に堆積し、症状が出てくるのは5-6年後。黒い斑点が出て、それが潰瘍になり、悪化すると癌になって死に至る。発覚した時点で治療が必要なのに、貧困で治療を受けるのも難しい。
バングラディシュ以外にも、中国、ベトナムなどアジアの様々な地域で同様の問題が起きているそう。

正直なところ、こんなに大きな問題があることを全然知らず、皮膚全体に黒斑や主要が浮き出している人々や、今なお井戸の水を飲み続ける人たちの映像は大きなショックでした。日本は今、空前の水ブームだそうで、一応水道の水が飲めるにもかかわらず、成分補強やら炭酸入りやら水が選び放題じゃない。一方で身体によくないとわかっててもその水を飲み続けるしか選択肢がない人たちが居るわけで。
知って今すぐ何かできるわけじゃないだろうし、何だか暗澹たる思いですが、とりあえずもう少しちゃんと知らなければいけないな、と。感想、というレベルで物が言いようがないです。

番組で紹介されていたアジア砒素ネットワークはこちら

|

« ある意味スゴイ | Main | クレーム電話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/9257285

Listed below are links to weblogs that reference 井戸からヒ素が・バングラデシュ広がる汚染 :

« ある意味スゴイ | Main | クレーム電話 »