« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 31, 2006

加地さん大丈夫だよね?加地さん(涙祈)

起きられたのでドイツ戦観てます。
ひえ~加地さん~(涙)
最初観た時はたいしたことないかと思ったけれど、よく観ると足首を引っ掛けるようにしてこけてるのね。
ポジション的にも、そして地味ながらいまや代表の中での存在としても今やその不在が大きな不安となる選手となった。何より、最初の非難吹き荒れる中からここまで成長して頑張ってきた本人のためにここで怪我で離脱、って言うのは勘弁して欲しい。

うぉっ枠行ってんじゃん、高原(驚)

駒野がほんとに良く頑張っていた。
駒野さん、いかんせん地味だからねえ。ただでさえ、出場できる機会の少ないDFの控えで、もう完全にバックアップのイメージしかなかったけど、どうしてどうして虎視眈々と出場機会をうかがっていた感じ。
だてに10代から広島でスタメン張ってるわけじゃないからね。

うわっすごいじゃん高原(@@)

ま、二失点はとられるべくしてとられた二失点だし、守備は相変わらず課題ありありなので下手にここで勝っちゃってマスコミが変な方向に突っ走るより良かったんじゃ。

加地さん だいじょうぶかな 加地さん。
ここまで紡いできた夢を何とか本戦につなげてあげたい、って心から願うのだけれど。

情報はやっ
サポーターズスタジアムより
http://sports.nifty.com/saposta/cs/masujima/details/060531004150/1.htm

加地さんは今の時点ではねんざの模様。そしてマコ…運がないなあ(涙)
せっかくここまでそれなりの出場機会を得て、警告累積とか考えるとポジション的にはスタメンも狙えたのに。
言葉もないです。
まあ、最後に残った23人でがんばってもらうしかないのだけれど。出られない選手のためにもね。

* * *
高原言ってくれないかなあ。
「なぜリーグで点取れなかったのに2点もとれたんですか?」
「こっちのチームにはヤナギがいないからね」
(↑完全なフィクションです。)

ジーコ、満男ちゃん観たいよ、満男ちゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2006

石川~(涙)

ヴェルディ移籍、というのをなぜかヴェルディサポの友人のメールで知る(汗)
ここのとこ、オフにはレンタルの噂があとを立たずそのたびに覚悟したけどこのタイミングとは思わなかったよ。

まあ、サイド好きな分サイドにはうるさいので一時期サテでもあんまりやる気が感じられず、根無し草のようなディフェンスを見せていたときは怒ってたこともあったけれど。最近はサテでもトップでもたまに観られた試合ではけっこう好みのプレーとか見せてくれて、今年こそ新井場と対等にポジション争いして欲しい、って期待していたのだけれど。まあねえ、ワールドユースの同期がW杯の中心メンバーとなるとやっぱり本人としても考えるところも多かったんだろうね。レギュラーとって、ハードなJ2で苦労して、一回り大きくなって、そして必ず帰ってきてください。
しかし、ヨシロー、ネモ、そして石川ってこの左サイドのいつかなさ加減はいったいどうなんだろう?(汗)
イバは一回り大きくなって帰ってくるだろう石川に抜かれないように、さらに一回り大きくなるように(笑)

今年のキックオフパーティで「尊敬する相馬さんを目指して」とか言っていたらしいイシ君、何も移籍先まで真似しなくてもいいのに(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米原万里さんが亡くなりました

米原さんの名前をはじめて知ったのは、まだたぶん新入社員のとき。上の人がロシア関係で、お役所がらみの大きな仕事をするときに、米原さんが役所側でお願いした通訳さんのリストのトップに入っていて。私が持っていったファックスを上司がちらりと見て、「おおっ米原万里か~日本一のロシア語通訳なんだぜ、この人」と言いました。
私自身は米原さんと仕事上で関わる機会はなかったけれどそれがずっと印象に残っていて、数年後に「不実な美女か、貞淑な醜女(ブス)か」が文庫化された時は嬉しかった。
通訳さんやガイドさんとは仕事上長く関わっており、彼女達から学んだり可愛がってもらっていたこともあって、その第一人者である彼女の文章は仕事の上からも、単純な好奇心としても面白かった。やや斜めな語り口がこころよく、そしてその場が見えるかのように的確にその場面を切り取っていた。
すごい通訳さんの一つの条件は、事務的な通訳であっても通訳する相手の「色を出せる」ことなのだと聞いたことがある。長い間行動を共にする専属通訳であるならまだしも、様々な国際的場面を渡り歩く職業通訳の人にとって「その人の色を出す」までになるには鋭い観察力と相手の信頼を得るだけの説得力が必要だと思う。インタビューの通訳をするとき、相手に「この人に私のことがわかるのか?」って不安な思いをさせないくらいの。
米原さんの書く文章は淡々としつつ、それでいて生きた人間が描かれていた印象がある。最近はテレビでお見掛けすることも多かったけれど、その印象は変わらなかった。

56歳 まだまだ通訳ガイド業界では現役の年齢なのに。
日々いろいろなことが起こる世界情勢の中、もう少し彼女の文章を、言葉を読んでいたかった、と思う。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 27, 2006

RENT

ゴールデンウィーク中に観たもう一本。もう、去年からずーっと公開を、今か今かと楽しみにしていました…って前にも書いたか(笑)
主要人物8人中6人が最初にオフブロードウェイで「RENT」が幕を開けたときのオリジナルキャスト。映画が完成するまでには出演者が脅迫された、などいろいろなことがあった、という噂があった、というのも前に書いたか(笑)

で、観に行ったんですがかなり期待通りでした。
いや、やっぱり舞台→映画で期待していると裏切られる可能性もあるし、その面ではドキドキだからね。
まずねえ、歌がやっぱりイイ(^^) 予告編及び冒頭で使われている「SEASONS OF LOVE」もいいんだけど、個人的には「WHAT YOU OWN」とか「GLORY」とか、映画ならではの過剰演出がちょっと笑っちゃうけど「TANGO MAUREEN」とか好きな歌いっぱいあるなあ。前にAMAZONで買った「RENT ~ORIGINA CAST」のCDをエンドレスで聴いております。舞台版なんだけど、歌っている人のほとんどが同じ、と言う軽くサントラ状態(笑)

Continue reading "RENT"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

やらなきゃいけないことがいっぱいあるんだけど

どうもおとといの雨で風邪を引いたらしくて昨日の朝からのどが痛く、さらにちょっと貧血でふらふらしてきたので早退しました。いや、「丈夫が取柄」系なので非常に珍しいです。と言うか、具合が悪い自分にあんまりなれていないので、ちょっと体調が悪いと気分的ダメージが(←ひよわだ。)。
当面の仕事だけ片付けていたらずるずる時間が経過して会社を出たのが16時半過ぎ、昼ごはん食べていなかったので御茶ノ水のSOUP STOCK TOKYOで休みがてらスープだけ飲んで帰りました。「参鶏湯」とかのさっぱり系がなかったので「オマール海老と渡りがにのスープ」。けっこうあたりでした…前ヨーロッパに出張に行ったときに、胃が疲れると夕飯代わりに頼んでいたFISH SOUPに似てるかも。そんなにくどくないんだけど腹持ちがいい感じ…海産物が嫌いな人には生臭くてだめかもしれないですけどね。

キャラメルの夏公演「雨と夢の後に」の先行予約だったので、それだけやって後は薬だけ飲んでぼーっとしていました。寝ようと思うと意外と眠れない。というか、春ちゃん(うちの犬)が逝ってしまってから実はなんだか眠りが浅いです。不眠症、ってほどじゃないんだけどね。家帰ってから一緒にすごせる時間はあまり多くなかったけど、いろいろ受け止めてくれていたんだなあ、って今さらながら思ったりします。対してこっちは負のエネルギーを押し付けてなかったかなあ、って。

やらなきゃな、って思ってることはいっぱいあるんだけど。
niftyのホームページ作成プログラムが5月末で終了なので、それまでに模様替えしなけりゃいけないんだけどなあ。携帯がいろいろ不具合なので出来れば変えたいんだけど、とか本の整理やら部屋の片づけやら。こまごましたところから思い切って片付けないと何だかずっとうだうだしてそうな気がするので。
とりあえず、週末。まずは不本意ながら体力回復に努めたいと思います。あ、芝居一本行くけど(だめじゃんー笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

美しき運命の傷跡

トリコロール三部作などの監督、キシェロフスキの遺稿を映画化。監督のダニス・ダノヴィッチ、「ノーマンズ・ランド」は観たかったのに観られなかった。
出演 エマニュエル・ベアール カリン・ヴィアール マリー・ジラン キャロル・ブーケ 他

Continue reading "美しき運命の傷跡"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

ちょっとだけ。

等々力でナビスコ予選リーグ最終戦 フロンターレVSアントラーズ@私的黄金カード。

フロンターレは現在首位にいるといっても印象的にはけっこう危ない試合を何とかしのぎきって勝ち点を粘り強く拾ってきて…その結果としての首位。決して圧倒的な強さを発揮しているわけではないが、本日は一応今年度のベストメンバー、GKが相澤ではなく久々の吉原。

アントラーズは満男ちゃんがW杯でいない。アツシもだけど、ここのところずっと離脱していたし、厳密に言えばソガちゃんもいないのだけど、まあここんとこにしてはそんな悪いメンバーではない、と思う。

確かに審判もかなりバタバタだったさ。ミネの退場にしてもまあ、アンラッキーだったと思う。

でもさーやっぱり、じゃあ審判に泣かされましたね、10人だったからきつかったですね、でいいのかなあ。

まあ全ては結果論ですけどね。最後の最後まで勝負にこだわる鹿島のサッカーには見えなかった。
ボールを抑えつつ、少ない機会を虎視眈々と狙っている威圧感が感じられなかった。
何かやけに淡白に見えた。
最近等々力に行っている回数が多い私が言えたぎりじゃないけどさ、いや言うなればだからこそ悲しくなっちゃうんだよぉよぉよぉ(ただの駄々っ子)
やっぱりさー、このしたたかさが鹿島なんだよ、とかいいたいじゃん(ただのわがまま)


まあ、とは言え思い返せばだいたい毎年こういうことを言っているような気もしたりして。
特に99年の浦和との準々決勝。駒場の一戦めがひどい試合で、二戦めの前半も全然やる気が見えず、あの時のハーフタイムのブーイングは相当なものだった記憶がある。それでも、後半で二点決めて(二点目が相馬くんだ) ヤナギの決勝点で勝った試合。

だから、このまま結構勝ち上がって決勝まで言ってあわよくば…っていうのも期待しちゃったりして。それで、「やっぱり鹿島ってのは」って言われるの(笑)。

対する川崎はそういう段階ではないし、今までどおり題字に、題字に勝ち点を拾ってって欲しい。で、も一度再戦、とか言ったら最高なんだけど(ええ、あくまで個人的に)
というか、次は因縁の(ええ、これまた個人的に)レッズ。
難敵だけど、毎回負けるわけにも行かないからね。と言うか三度目の正直で絶対見返してやれ(ただの個人的感情)。

ええ、今のところまだ代表よりも完璧にナビスコムードです。
しかし、大事な二戦目が平日って…中断期間なのに辛すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2006

バトン

だいぶ前に(←おい) シロツキさんから回していただきました。
「普通の?バトン」でございます。忘れた頃にやって見る(笑)


01. 回す人5人を最初に書いておく

今回はすでに回ってるか、あるいはどーせ回してもやらないよねえ?、か、 忙しそうで回すに忍びない、などいろいろな理由をもってパスでござる。

02. お名前は?

EMです。
蒼です。

ふたつあわせても何にもなりません(^^;) 行き当たりばったりな性格がHNにもでてしまっただけです。


03. おいくつですか?

お砂糖は入れません。

04. ご職業は?

一応旅行会社のOLです。
忙しいときは、助けてくれ~ もうだめだ~と叫びながら仕事をし、飛行機の席が取れるとガッツポーズです。

05. ご趣味は?

何だかんだ観るものが好きです。サッカーやら芝居やら映画やら本やら社寺仏閣やら観光地やら自然やら。
あ、でも食べるものも好きです。

06. 好きな異性のタイプは?

最近気がついたのですが、割と頬骨がしっかりしている人が好みみたいです(笑)
ん?某役者さんは違うかな。あと、割と好きなものについて延々と語る人も好きみたいです。

07. 特技は?

方向音痴(違)

08. 資格、何か持ってますか?
ペーパードライバー。
あとは仕事関係の資格と、しゃべるとぼろがでる語学関連の資格。
継続は力なり、を反対側から証明している(汗)


09. 悩みが何かありますか?

ええ、常に。○日先のとれてないホテルとか、○日先のとれてない飛行機の座席とか、来そうな台風とか、とばなそうな飛行機とか。なのに同僚に言われる「悩みなさそうだねえ」…だからって悩みをつくってくれんでもええ。


10. お好きな食べものとお嫌いな食べものは?

好きなもの 麺類 なめこ 芋栗系のお菓子    

嫌いなもの  らっきょう

11. 貴方が愛する人に一言

「……。」 普段言葉数が多い割には大事なことは常にいえない。

12. 回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします

ということで今回はパスです。誰か持って行っていただくのは常に大歓迎です。


しっかし、今回はストレートですねえ(笑)
ネタ系バトンのほうが勢いに任せて回しやすいかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2006

あやかちゃんが亡くなったそうです。

救う会ホームページより

「アメリカ、マイアミ大学・ジャクソン記念病院で多内臓移植(五臓器移植)を受け、療養中だった茨城県・常総市の神達彩花ちゃん(1)は、5月14日深夜に体調が急変し、ICU(集中治療室)で治療が続けておりましたが、5月16日13時13分(日本時間5月17日午前2時13分)に両親の腕の中で天使になりました。」

手術が成功した後も気になって、時々HPを見ていました。毎日、毎日寄せられるアメリカからのご両親のメッセージは毎日の様々な検査や治療でのご苦労をのぞかせつつも、娘のひとつひとつのしぐさや成長の兆しに喜びを隠しきれない様子が伝わってきて、あやかちゃんの日々の成長と、元気で帰国してくれることを心から願っていたのですが。

でも、この数ヶ月がご両親にとってかけがえのない日々であったことは確かだと思うし、この手術と残ったお金が他に苦しんでいる赤ちゃんや子供たちにとって助けになってくれることを祈るばかりです。

やましたみらいちゃんを救う会


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2006

がんばれ 小さな命

日本列島がW杯の代表発表に沸き、早くもお祭り気分に突入する中で神達彩花ちゃんの容態が急激に悪化していることをkaoriさんのところで知りました。
一時は心肺停止状態になったそうで、やや持ち直したとは言えど、予断を許さない状態だそうで、主治医の方の「彩花ちゃんの人生最大のピンチ」と言う言葉もHPにありました。

http://save-ayaka.com/

日本中のサッカースタジアムで、それ以外のところで、多くの人が「助けたい」と願った生命。何とか、またこの山を越えて笑顔を取り戻して欲しいです。頑張れ………(祈)

そして、もうひとり、ここにも闘っている小さな命。

http://homepage2.nifty.com/miraichan/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2006

わ~い♪

と、巻の召集でやたらとテンションがあがっているおバカです(汗)
いや、それでもクボタツの落選は心底びっくりしたんだけどさ。
正直、スコットランド戦で全く動けてなかったから、ちょっとどうだろ、とは思いましたよ。
そんでも潜在能力のすごさはたとえば去年の長崎でも思いっきり見せ付けられましたからね。
というか、やっぱり大黒なんだ。大黒、ガンバのときはある意味一目おいていたんだけど、あの頃の「もらったボールは全部ゴールへ運んでやるぜいっ」的な迫力って最近見えない気がしていたので。ガンバにいたほうがよかったんじゃないか(結果論)

さて、でもここで選ばれたとしても向こうでベンチに入れるか、とかまだまだいろいろあるんですけどね。

しかし、お祝い電話までいただいてしまったわ(汗笑) 巻サポかっつーの。
いやいやだってアツシも満男ちゃんも入ると思ってたしさ(笑)

でもさ、今さらながらしみじみと思ったりする。誰もが巻、寿人のためのテストだと思ってたキリンカップ。あれは久保のためのテストでもあったんだなあ、と。久保が普段の久保であれば誰よりもゴールへひきつけられていくおのれ自身を見せただろう。でもあの時の久保は久保自身にさえ見えなかった。久保がいないのは、他サポにでさえ、心寂しく、最近サッカーから離れていたうちの妹さえ悲嘆にくれている。でもね、何だかあのスコットランド戦の久保をテレビでさえ観てしまうと、寂寥感を覚えるものの何となく納得もしたりする。敵であれ、味方であれ、底知れない脅威を感じなければ久保じゃないもの。

…駒野、最年少なのね?見えない(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2006

へたれな週末

野沢君を観に鹿島に行こうと思っていたのに、結局体調が戻らず、それならそれでかなり観たい舞台もあったのに、何だか頭痛までおまけについてきて断念。普段丈夫だとこういう時に打たれ弱いなあ。
そして明日は会社だ(溜息)。そもそも入社した時の有休が以上に少なく風邪なんかで取るわけにゃーいかねえ、と思っていたせいか、月曜日に休むと何だか週末遊んでいたせいだと思われそうだ、と言う意識があるせいか(前の上司がそういうことをことさらに言う人だった) 明日休む勇気が(苦笑)。いいや、1時40分から昼休みとって代表発表見るもんねえ。

一応現実的予想に基づいた希望
GK(3)・・・川口(磐田)、楢崎(名古屋)、土肥(F東京)

 DF(8)・・・中澤(横浜FM)、宮本(G大阪)、田中(磐田)、加地(G大阪)、三都主(浦和)、坪井(浦和)、中田浩(バーゼル) 駒野(広島)

 MF(7)・・・中田英(ボルトン)、小笠原(鹿島)、小野(浦和)、中村(セルティック)、福西(磐田)、遠藤(G大阪)、松井(ルマン)

 FW(4)・・・久保(横浜FM)、玉田(名古屋)、柳沢(鹿島)、巻(千葉)

残るFW 一枠ですが うーん海外組だったら高原かなあ。大黒の方が性格的には好きだけどね。イナモはこれだけボランチできる人がいるからいらないです。

面白かったのが、エルゴラが選んだ裏日本代表。今年召集のなかった選手数人ずつを編集部がノミネートし、
投票で選ばれたものですが、一位メンバーがこれ。

GK 都築 DF山田(浦和) 松田 闘莉王 家長 MF 今野 中村憲剛 小林大吾 藤本(清水) 田中達 平山(ヘラクレス)

まあ、DFは個人的には苦手な方が一名いるのと、怪我のタナタツはちょっと置いておいて。
ただ、やっぱりポイントは今野。いや、個人的にやっぱりジーコジャパンは守備の要、と言うかいったんボールを中盤でさらわれるとあれよあれよと言う間に最終ラインまで行っちゃうのが(--:) 仏W杯の山口、日韓の戸田にあたる仕事人がいないのよ。攻撃時に人数かけられないのもそれが一因のような気もするんだけどなあ。いや、阿部勇樹よりも長谷部よりも今のタイミングで最終テストしてみて欲しかったなあ(前二者には次のW杯で期待している)。

ケンゴはね、 フロンターレを応援するものとして絶対に代表ユニを着て欲しい選手ではあります。でも今の段階ではスタミナが不安。最近の連戦で明らかにパフォーマンス落ちてるもの。その辺を克服して、W杯後の日本代表にはぜひ名乗りを上げて欲しいなあ。ちなみにタニは、第一DMFのところで、今野、啓太につづいて3位につけてます(^^)←だいぶ今の時点では啓太と差があるけど。

さて、GW中に観た映画とか、ほったらかしになってしまってるバトンとか(シロツキさんすみません)、最近結構あたりの多かった本の話とか書きたいこといっぱいあるのですが今日は体力温存します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

選ばれなくても終わりじゃないから

巻の瀬戸際のプレーに涙目になった。点取れなかったけどね(TT)
全てのゴール前のゴールに絡もう、と言う気迫。かっこいいゴールじゃなくても、体の一部だけでも触れれば、と言う気概。今日の久保なら巻を選んでくれよー、ジーコ~。(そういえば、似たような気持ちを見せるFW、ひとり知ってるような気が…あれは校風なんですか?それともあの代だけの?(謎))

スポナビの巻くんコメント。
「今日は3-0以上で勝たなきゃいけなかったし、ゴールを狙っていた。ゴールという目標に向かってプレーした。相手もしっかりゴール前を固めていたし。引いてる相手の攻略法? 高い位置でボールを取れればゴールに速くいける。前からプレスをかけていこうと思った。高い位置でボールを取れればいいと思ったけど、なかなか前線で起点になれなかった。自分が入った後、FWが3人になって、より前線からどんどん行こうとした。僕が真ん中で2人がちょっと下がり気味というイメージでプレーした。どうしても点が必要だったからリスクはしょうがない。アピールという意味ではやるべきことはやったかなと思う。これで終わりじゃない。選ばれるかもしれないし、選ばれないかもしれないけど、選ばれなくても終わりじゃないから」

* * * * *
昨日の朝から体調が悪くて、それでも気分転換するつもりの予定いっぱいの土曜日。朝一の予定をキャンセルして、二番目の芝居を途中で中座する、と言う体たらく。劇場の人がすごく親切で、また調子悪くなったら困るし、と遠慮したにもかかわらず再度入り口の近くの係員の人の近くに座らせてくれて最後の部分は見られたけど(多謝)。
それでもスコットランド戦、行こうかどうか迷ったんだけど、雨だし埼スタだし、遠いし、試合は観られても帰りを考えて断念。うちで大人しく観てました。
オガサ、攻めにバリエーションをつけようと意識がうかがえて、伸二とのバランスも良かった。ただ、守備を考えるとこのフォーメーションがいいのかは疑問だけどね。終盤の中盤がやたらと空いていて、W杯出場レベルの国にあそこを自由に使われると思うと(怖)…。あと、前半の加地さん、よかったですね。
しかし、どーやったらゴールにボールが入るんでしょうか。逆にあそこまで入らないと一種才能ではないか、と(汗)
ゴールポストに賄賂贈ってみるとか…某国代表で有名になった呪術を取り入れてみるとか…真剣にスカイラブハリケーンとかトリプルオーバーヘッドとか練習してみるとか(^^;)

* * * * * * *

さて、泣いても笑っても15日には発表。
サプライズは、まずないと思う。ジーコはファミリー、と言う意識が強く、たぶんこの四年間は彼にとって選出ではなくて、家族をつくってきた四年間だったんだと思う。
それが正しいかはともかく、新入りはやっぱり愛情面で不利だよね。
たぶん、ジーコが監督としてキャリアを重ね、監督商売で生き残ろうとするならばだんだん非情な部分を身につけて行くんだろうけど、その意味では彼は監督としては「若い」し、どうしても現場の監督として生き残らなければいけない、って必然性はないもんねえ。
鹿サポとしては、ある意味ずっとジーコを観ているし、選手達のジーコに対する想いやらエピソードやらを聞いていると、やっぱり愛情深い人なのである。だから、今まで長い時間をともにすごし、自分の苦境を救ってくれた選手達を切るのは良くも悪くも難しいだろうな。

…巻くん(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

エレファントカフェ

表参道ヒルズのあと、ここに行ってみました。
薄暗い、黒を基調にまとめた店内に、店名の由来になっている象の彫り物、とかいうと何だか怪しげですが、怪しげな割に健全な雰囲気(←何のこっちゃ)。

メニューはけっこういっぱいありましたが、食べたのは
生春巻き
ヤリイカのフライ、ケイジャンソース
ナシゴレン(辛い)

どれもおいしかったです。ディープで本格的なエスニック料理が好きな人には向かないと思いますが、近くで用があったり表参道ヒルズ混みすぎだよ~たけぇよ~とか思った方には結構おすすめかも。最近エスニックも結構高かったりするし、人数多めでちょっと変わった肴でわいわいビール、って言うのが一番いいのかな。

個人的に気に入ったのが、デザート代わりに頼んだ、ブラックタピオカ入りアイスチャイ。甘くなくて、それでもデザート気分でいい感じでした。タピオカが大きいから太目のストローで飲むんだよ♪…ってもしやみんな知ってるもの?(^^;)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2006

表参道ヒルズ

ゴールデンウィーク中に友達がきたので、行ってみました。
すーごい混んでました(^^;) 安藤忠雄氏のデザインだそうですが、大きな吹き抜けの周りをスロープ状の回廊が取り囲んでいる感じ。一番上まで上って下まで降りてみました。一番上がレストランフロア(2000円以上するカツサンドがあったりー汗)、その下がファッション系。お店がどれも小さくて、通路も人が多かったこともあって狭い感じで、通路にたくさん人がいる割には店の中にいる人が少ない。何か、店とその中にいる人を外からみんなで覗いている感じ。

…ん、この感じ何かに似ているなあ…と考えて、あ、水族館みたいだ、と。

それなりに面白かったけど、個人的には買い物しないまでも自分のペースでうろうろするのが好きなので、スロープ一方通行の感じがちょっと苦手。まだ、六本木ヒルズのほうがいいかなあ。食べ物のバラエティも多いし。
平日の昼間とかに来るとまた違うのかもしれないですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2006

その瞬間は観ていないのだけど

23人枠やら最期のアピールやらを全部吹っ飛ばしてとりあえず思うのは『村井慎二よ、無事でいてくれ』。着地の時に変な降りかたをしちゃった、とか聞いちゃったら誰かさんが怪我したシーンがフラッシュバックして余計他人事とは思えないよー(TT) 。正直、怪我をしなくてもW杯は厳しいだろう、と思うのだけどせめて大きな怪我ではないように。相馬さんが怪我してから余計に、味方だろうが敵だろうが、好きな選手だろうがアマチュアだろうが難だろうが、とにかく怪我で選手生命を左右される姿は観たくないです。ほんと、大事でないことを祈ってます。

*     *      *
頑張って仕事を切り上げて前半終了間際から観ることができました。わーい、後半からなら巻くんに間に合うぞーとか思ってたら、あら先発だったのね。携帯速報から観ると何だかなーな前半のイメージだったんですが、うちの妹に言わせると玉田がかなりよかったそうで。後半もタマは悪くないんだけど、このペナルティエリアに入り込むまでのわくわく感と、シュートを打った後の脱力感が一時のやなぎとかぶるなあ(苦笑)。いい動きはするんだけど、ゴールの期待感があんまりないんだよね。割と選手としては好きなんだけど、FW枠が厳しいからなあ。
と、テレビの前で冷たい戦争をする巻派の姉と玉田派の妹(笑)
どっちにせよ観はじめた最初は中盤がなくて、行き当たりばったりなイメージ。福西は以前の怖さがないよねえ。
満男ちゃんと伸二が入って試合が躍動し始めた感じ。サイドの動きは今いちでしたが…。
巻くんのゴールは嬉しかったけど、あれだと代表への決定打にはならないかな。今日のタマの入らなかった何本かのシュートもジーコはそれなりに評価しそうだし。ただ、今の代表に一番欲しいのは決定力だと思うので、今ゴールの神様が近くにいる人を少なくとも1-2名は選ぶべきだと思うのだけど。

攻めも心配だけど守りももかなり心配。CBだけのせいではなく、中盤に守備のタレントがいないからなあ。満男さんあたりが一番守備してるイメージなのってどうなんだろ。
泣いても笑っても来週には発表ですね。とりあえず、埼スタには行く予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連休明け

いや~もう、今日会社行くのがいやだったこと、いやだったこと。
もう、電車揺られながら♪ドナドナ♪が頭の中で勝手に鳴り響いちゃいましたよ。

休み明けだってだけで憂鬱なのに、うちの職種は休み中にお客さんが動いてるからねえ(まあ、休み中が一番忙しかった人もいるわけだから贅沢はいえませんが)
とりあえず、大きなトラブルはなかった模様で一安心。
しばらく休みが少ないのがきついですね。

連休の締めくくりは迷ったあげく等々力で。今季見た中では一番チーム全体の調子悪そうだった。特にケンゴとタニに先週あたりから疲れが見えて、そのせいかマルクスが自由に動ける機会が減っている気がする。ガナも悪いガナだったし。でも、なかなか無失点に抑えられなかったチームが結果オーライな部分はあれど無失点に抑え、勝てたことはとっても大きい。首位にいるけれど、まだまだ強豪じゃない。選手も、応援する側も一試合、一試合を大事に大事に戦っていくことがこれからにつながっていくんだと思う。ここで守りに入ったりしたら優勝どころか上位もおぼつかないからねえ。

で、携帯で鹿島の結果を知って(TT)。
去年の最終戦の時の某チームの一部サポの行動にひどく嫌な思いをしたこともあって、どうしても埼スタに行きたくなかったんだけどこの結果だと、何だかその場にいなかったことに罪悪感を持ったりするわたしはひねくれ者なのかしら。
試合を見てない人間が何を言うことも出来ないけれど、前にも確か書いたとおりアントラーズは悔しい思いを食べて大きくなってきたチームだから。ここで本当に悔しさを痛いほど噛み締めて前に進んで欲しい。

と、人にばかり言ってないで自分も頑張んないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2006

黄金週間

というわけで、家に居るとかえって辛かったりもするし、まあまったり休めることも早々ないので何だかんだと出かけております。え?旅行? 旅行会社の人間はこんなに混んでて高い時に旅行に行ったりしないのだ。

もっとも、あえて人と会おう、という気もしなくて、というか人と約束をとりつける余裕がなかったこともあり、ほとんど単独行動だったりしますが(苦笑) 

明日は家で大人しく、相馬直樹さん解説の「鹿島VS浦和」観ているつもりだったのですが、人に会う用事もあって等々力に行くことになりそうです。まあ、中断にはいるとなかなか観られないし。しかし、何だって最近私が行こうとすると雨が降るのかしら。もしかして、うつったのかしらん「雨女」(^^;)>友人諸姉(笑)

* * *

そういえば、今回のことで複数の人に「えーっ 犬飼ってたの?知らなかった」って言われました。
で、自分でよくよく考えてみたんだけど、どうも私って自分が好きな人(生き物)のことを他人にストレートに語るのが苦手らしい(汗)。何かネタを元にポツリ、ポツリと語るならできるんですが…人間がひねてるんでしょうかね(苦笑)
思い入れのある芝居や、試合のほうが余計書けなかったりするしね(単に筆が遅いだけ、とも言うが)

だから掲示板の方が、ブログより書き易かったりもするのです…いや、とっかかりがね。
偶然見つけたブログや、友人のブログで生き生きと同居人(犬猫)のことを語ったり、惚気たりしているのを読むと密かに尊敬したりもします(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

10日たちました。

あっと言う間に10日がたちました。心配してメールいただいた方、察して触れずにいてくれた方々、どっちもとてもありがたかったです。

読むのがつらい方もいると思うし、私も何度も見られないのでたたみます。

Continue reading "10日たちました。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »