« いや~なんとも魅力的な面子だ | Main | これを幸せと言わずしてなんと言おうか »

July 18, 2006

オールスターちょっとだけ

いや~ゴール後の巻くんのパフォーマンスは 賞品の「牛」だったんですね~(情報源:エルゴラ)。え、皆さんわかってました? 観た時は何だかわからなかったのでもしや、「オシムさんは鬼~」っていう意味かと本気で思ってました(笑)

落雷で電車が止まってた影響で前半15分過ぎから観戦。実のところ、最初の方の中澤さんが何となく顔もプレーも精彩ないように見えて、引きずっているのかしらん?ってちょっと心配だったりもしたのですが。プレーを重ねるごとに自分のプレーをステップに少しずつ戻して言っている感じ。エネルギーがたまったところでそれを燃料に前へ、前へ。迎え撃つは宮本…相手に不足なし(いやありか?でも絵柄的にはおいしい)…でFKゲット。しかし、この時点でもまさか蹴るとは思わなかったさ。決めちゃうところが千両役者…これで彼を乗せてしまったら鹿にとってもフロンターレにとっても怖いところだけれど、反面、オシムジャパンは当面彼に柱になってほしいところでもあるのでその意味では嬉しいかも。というか、相手を調子に乗せちゃいけない、調整が悪い方が望ましい、とか言ってちゃ本当はいけないんだよな。みんなが好調をキープして、レベルの高い争い、っつうのをやらねばいかんのだな。
で、ゴールを決めた中澤の後ろからバンバン叩いて祝福する満男さんがとっても微笑ましくてリプレーでもしばし見入る。
前半目を引いたのはひいきめもあるけど、ネモちゃんと鈴木慎吾。どちらも、相手のボールを素早くカットしては積極的に上がってチャンスにつなげていた。サイドに関してはジーコは最初から割と固定する方向だったと思うのでチャンスがなかったけれど、この二人あたりはこれから十二分にチャンスがあると思う。
反面、ヤナギはトンネル抜けてないかなあ。光は見えてきてるのか、って言うのは本人しかわからないと思うのだけれど。気持ちのベクトルがまだゴールに一直線に向っていない気がする。まあ、この日に関しては久保も玉田も似たようなものだった気がするけれど。

後半、2トップが替わってヤナギ・久保・伸二→巻 ガナ、そして大宮の小林大悟。大悟はヴェルディに相馬さんがいた頃にちょうど期待の若手として試合に出るようになって、当時は巧いんだけどまだまだ線が細く好不調の波が大きい、という印象だったんだけど、今年の好調を裏づけするように面白い選手になっててちょっとびっくり。小学生の頃しか知らなかった子がいきなり高校生になって目の前に現れるような印象(笑)。DFが疲れてきていたこともあるので、単純に前半と比べるのも酷なんだけど、後半のJ-EASTは面白かった~。キーマンは間違えなく、大悟に、巻、途中から入ってきたバレー。彼らの「行ってやる!獲ってやる」光線むき出しのプレーに周りが触発された感がある。執念とか、闘志むき出し、ってのはそんなに思いつめたものばかりでもない、と思うのだ。何か、負けるとマスコミも、観てるほうも「全力で」「死ぬ気で」って悲壮感ばかりを煽るんだけど、本来は「やってやろうじゃん」「目立ってやろうじゃん」みたいな明るい闘争心も必要だ、と思うわけで。後半のJ-EASTは個人のパワーがいい感じで相乗効果となり、チーム全体に力を与えてました。テレビで観ててもとーても楽しかった。
まあ、マスコミ的には今日の好プレーはすべて「オシム代表への名乗り」って構図になるんだろうなあ(苦笑)。

|

« いや~なんとも魅力的な面子だ | Main | これを幸せと言わずしてなんと言おうか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/10988762

Listed below are links to weblogs that reference オールスターちょっとだけ:

« いや~なんとも魅力的な面子だ | Main | これを幸せと言わずしてなんと言おうか »