« オシム ジャパン初陣 | Main | ってことは(←間違いでした。ごめんなさい。) »

August 14, 2006

ダンス・オブ・ヴァンパイア

久々の東宝ミュージカル。祖父母に連れられていった歌舞伎と学校の演劇部をのぞけば、観劇の最初の方は劇団四季などミュージカルが多かったこともあって、今でも歌やダンスがある芝居はやっぱりわくわくする。
今回はほとんどないように関する予備知識なし。

キャストはとっても豪華。市村正親 山口祐一郎 泉見洋平(浦井健治)、剣持たまき(大塚ちひろ) 駒田一 佐藤正宏  阿知波悟美 宮本裕子 吉野圭吾
()内はダブルキャスト

↓面白かったんですが、人によっては怒ると思うのでたたみます。ストーリーに感動して涙した方は見ないでください。

えーっと。超個人的な意見では「筋道だったストーリーがあるミュージカル」として観たら怒るかな、と。少なくとも台詞や歌の内容によって、登場人物の心の動きや哀歓を表現していく、という作品じゃないような気がする。登場人物に入れ込める人もいないし。
ただし、「ヴァンパイヤ歌謡&ダンスショー」としてはなかなかの優れもの。何せ出ている人たちは日本のミュージカルシーンの一線級の人たちばかりだし、ダンスの質も非常に高かった。客席をいっぱいに使った演出も楽しかったし、最後の半ば強制的(?)なスタオベも演出の一部と考えれば別にOKなんじゃないかしらん。終わった後の感想としてはディズニーランドのアトラクションが面白かった~っていうのに非常に似ているような気がする。うん、だってもう一回観てもいいなあ~って思ったし。

改めて思ったけど、やっぱり山口さんは歌が上手いし、市村さんは芸達者だ。市村さんは等身大の役よりむしろ最初から役自体にかなり癖がある役のほうがかえって個性が生きるような気がする。で、この他にもかなり濃い面々の中でいい意味で色がない泉見くんと剣持たまきちゃんが緩和剤になっている感じ。特に泉見くんは情けない顔の時は力いっぱい情けない顔になっていて、変に照れやかっこつけがないのが好感がもてる(←褒めてるのかっ?!)。この作品におけるアルフレートは端から見れば全ての登場人物に振り回されているのに自分じゃそういう自覚がなくていっぱしヒーローのつもりの役だからね(笑)。何だかダブルキャストの浦井くん&大塚ちひろちゃんの『シンデレラ・ストーリー』コンビが非常に気になる。
そして吉野圭吾さん。いや、似合ってたけどさ…何か最近思い切り色物路線爆走中な気がするんですけども(爆)
いいんですか?トート@エリザベート やりたいんじゃなかったんですか?

最近ストレート・プレイが多かったからたまにはこういうのもいいなあ。

|

« オシム ジャパン初陣 | Main | ってことは(←間違いでした。ごめんなさい。) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/11424414

Listed below are links to weblogs that reference ダンス・オブ・ヴァンパイア:

« オシム ジャパン初陣 | Main | ってことは(←間違いでした。ごめんなさい。) »