« なっ何もこんな時に(号泣) | Main | その名前は宣伝になるのか?! »

September 21, 2006

それでも @ナビスコ2ND LEG VS千葉戦

結局、一斉退社日で、バンコク絡みの連絡も意外と早く終わったので無理やり帰って到着したのが後半半ば。
だからゴールは最後の阿部のPKしか見ていません。
でも、みんな本当に気持ちが入っているのがわかったし、決して走り負けはしていなかった。
コーナーキックの時にもっと盛り上がって一緒に闘ってくれ、とばかりにサポ席をあおったケンゴ、故障を噂されながらもゴール前にまで顔を出した宏樹、最後の最後まで気力で足で身体で止めに行った全ての選手達。
勝たせてあげたかった。
残念ながら、結果は変わらない。だから、この悔しさを超えてまた伸びていってほしい。

最後までピッチに倒れたまま起き上がれず、スタッフに抱えられて去って行った勇介の耳に勇介コールは聞こえただろうか。

|

« なっ何もこんな時に(号泣) | Main | その名前は宣伝になるのか?! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/11977218

Listed below are links to weblogs that reference それでも @ナビスコ2ND LEG VS千葉戦:

« なっ何もこんな時に(号泣) | Main | その名前は宣伝になるのか?! »