« いよいよナビスコ準決勝2ND LEG | Main | なっ何もこんな時に(号泣) »

September 20, 2006

プライベート ライヴズ

チケ代もそれなりなので、行こうかどうか迷っていたんですがたまたま予定がなくなった日があり、結局行っちゃいました。お目当てはキャラメルの西川さんと、あとは最近割と久世星佳さんの出られた公演に評価が高いものが多く、興味があったので。劇場も好きな青山円形劇場。

あらすじ: 離婚してそれぞれ別の相手と結婚したカップルがたまたま新婚旅行で隣り合わせの部屋に宿泊してしまい、やけぼっくいに火がついて手に手をとって逃げ出すわけです。でも、もともとお互いの自我が強い性格から別れたわけで、すぐに大喧嘩。そこへ置き去りにされたお互いの相手も後を追ってきて、と言う話。

思ったより面白かったです。感動するとか、後に残る、とかそういう話じゃないんだけど。自分の周りにいたら困るけど、舞台の上でのやり取りを聞いてる分にはほんとにおかしな、はた迷惑な人たち。久世さんも、葛山さんも役者としてのイメージはいいのか、と思うくらいの大乱闘ぶり(笑)

西川さんも相変わらず美味しいところを持ってってました。登場人物は正確に言うと五人なんですが、何故かHPにもパンフレットにも四人しか載ってないのはどうなんだろう。しかも、五人目の女中さんの役の詩梨さんがまたとっても達者な人で、この人と西川さんがいわばぼけ担当。他の三人が力いっぱい血管切れそうな演技なので、ボケ組みの二人がいい緩和剤になってました。 今まで客演、って言うと劇団とは違ったタイプの役をやる、と言うイメージがあったのですが、今回の西川さんはどちらかというと劇団でやっている役の延長のような。それでがっかりした、と言うわけではなく「西川浩幸」という個性は外に輸出(?)するだけの価値がある一つの作品だな、と実は感心しました。

円形のセットで見られたのは面白かったけど、どうしても円形劇場のこじんまりした空間でやらなければいけない芝居ではないと思うので、どっちかというともうちょっと大きめの劇場でやってチケットをせめて5000円~6000円くらいにしたらもっと動員できた気もします。

|

« いよいよナビスコ準決勝2ND LEG | Main | なっ何もこんな時に(号泣) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/11965220

Listed below are links to weblogs that reference プライベート ライヴズ:

« いよいよナビスコ準決勝2ND LEG | Main | なっ何もこんな時に(号泣) »