« 帰宅しました | Main | 祝!! ケンゴ初代表選出!! »

October 01, 2006

不機嫌 川崎フロンターレVSサンフレッチェ広島

引き分け、という結果がどうこう言うより失点の内容が悪すぎる。一点目はともかく、2.3点目は過去何度も煮え湯を飲まされた佐藤寿人にフリーでシュートを打たれている。何か、寿人が走り出すと金縛りにあうくらいトラウマになっているのかしらん?まあ、寿人ばかりクローズアップされるんだろうけどウェズレーが終始危険な動きをしていて、それにすっかり気をとられた上に捕まえきれていなかったのも同じくらい重たいんだけど。

それに加え、気になるパスミスが多い気が。もともとパスミスはそれなりに多いチームだという印象で、それを最近はとられた後のパスカット、それもひとりじゃなくて何人かで素早いプレスをかけて奪い返す、というのが素晴らしく、またそこが浮き浮きとする所でもあったんだけど…何か今日のとられ方は気になった。リスクチャレンジや、相手に意図を読まれてカットされる、というとられ方ではなく、半端に預けようとしたり、後ろに戻してみたりのあなた任せの無責任なパスがミスにつながる、極めて実りのないパスミス。大敗したガンバ戦を見ていないから強くいえないのだけど、チーム全体が前に向う気持ちに迷いが出た結果、みたいに見えてしまった。惜しいシーンはいっぱいあった、シュートもいっぱい打った。でも勝たなければいけない試合、そして勝てた試合を中途半端なプレーで落とした。フロンターレのサポーターはめったにブーイングをせず、今回も二階で観ていた感じでは拍手で送っていた気がしたのだけど、過去鹿ゴール裏(端っこだけど)で育った私としてはやっぱり今日の試合は拍手で迎えるべき試合ではないと思う。

今が一番大事なときだと思う。今年のフロンターレにとって「勢いがある」「強くなった」という表現は適格だと思うけれど、「強い」という言葉を使うことはできない。実際「強豪」って書かれたり言われたりしてものすごく違和感があったもの。それでは「強いチーム」とは何か?って考えると少なくとも一つの条件は調子の波がきたときに持ちこたえられる、悪い時には悪いなりのサッカーが出来るチームだと思うのだ。たとえば一点差を守りきって勝つこと、それは噛み合わないときにはひどく難しいことだ。それでも、我慢しなければならないところは我慢して、時間を使わなければならないときには時間を使って、今何をしなければならないか、っていうことにチーム全員が同じ方を向いて。今、ここで折れたら終わりだ。優勝できるか、できないか、またはベスト4に入れるか、入れないか、というニ拓ではなくて、残りの一試合一試合の戦い方で今年、何を残せるか、何を財産に出来るのかが決まる。

|

« 帰宅しました | Main | 祝!! ケンゴ初代表選出!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/12102627

Listed below are links to weblogs that reference 不機嫌 川崎フロンターレVSサンフレッチェ広島:

« 帰宅しました | Main | 祝!! ケンゴ初代表選出!! »