« 本日はノー残業デー | Main | 風邪っぴき »

November 19, 2006

諦めるには早すぎる 川崎フロンターレVSアビスパ福岡

タニ、スパサカのインタビュー、相変わらず目が泳いでいるし(笑)

用があって前半30分くらいの到着でした。いつもいい仕事をしている映像担当の方の気合もことさら入っていたようで、選手紹介のときの特別映像が素晴らしいものだったらしいですね。観たかったなあ。
途中からなので、あんまり言えないのですがケンゴが抑えられてるからか、メンバーがいつもとかなり違うからか、固くなっているのか乗り切れないのかなんとも微妙な印象の試合。黒津、大好きなんだけどどうも最近調子がいい感じがしないんだよねえ。あ、でもニシの気合はばしばし伝わってきました。セッキーもあんまり選手替えないひとだから本当に待ちに待った機会だったんだと思う。

PKの場面はクロが本当に懸命に走って、相手の前に一瞬でも出られたことで獲れたもの。贔屓目なしにPKだと思いました。蹴ったのはガナだったわけですが、なぜか今日の新聞に「PKを獲ったら蹴らせてもらう」みたいな談話が載っていて予言みたいでした(笑)。それでも決まるまでは大不安だったんですけどね…やっぱりあの場面で蹴るのはすごいプレッシャーだと思うし。ようやく一点先制…それでもその後の試合、残留がかかっている福岡のボールへの執念が上回っている感じでことごとくボールを拾われる。クリアボールがことごとく相手のところに行くもんでもう、取った~あ゛ー(溜息)の連続で。まだまだ時間はあるし、こんなことやってて凌ぎきれるのか???と思ってたらやっぱり途中出場の田中にやられました。実は、一瞬この時点で駄目か?と思ったことを告白します。今までのあの平坦なテンションで、チャンスもそんなに作れているイメージじゃなかったし。メインに席がなく、手すりにもたれて立ってみていたのでタニのゴールはほぼ目の前、もう、ほんと嬉しかった。スタンドからも、周りの人からも沢山の人が嬉しさのエネルギーが一瞬伝わってきて等々力の色が変わったような気がしました(笑)
ほんと、ありがとう。そして、最後まで諦めなかったことで、レッズが負ける、というおまけがついてきたような。
試合終了後、ケンゴがメインに来るまで振り返り、振り返り、ずっと頭の上で手を叩いては頭を下げてくれました。

…日本平、チケ買っちゃったよ(ぼそっ)
相馬さんが引退したらもう遠征はしないんじゃ、って思ってたのに(^^;)
でも何だか、ここまで来たら今年のこのチームの戦いを最期まで見届けたくなっちゃったのでした。

|

« 本日はノー残業デー | Main | 風邪っぴき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/12738109

Listed below are links to weblogs that reference 諦めるには早すぎる 川崎フロンターレVSアビスパ福岡:

« 本日はノー残業デー | Main | 風邪っぴき »