« アザーライフ | Main | 自滅した感が否めない »

November 03, 2006

ある意味

10冠なんてどうでもいい。

それは結果として後からついてくるものだ。鹿島へと導いたのは間違いなく相馬直樹なのだけれども鹿島に魅せられた大きな原因は、ピッチの上で繰り広げられる一つ一つへの勝負へのこだわり、それを制することへの執念。時に汚いとそしられようと勝ちをものにするという気持ちが迸った試合はへたりやすい日々の気持ちに大きな刺激になった。結果が出なかった時期でも、試合終了後の涙、時にピッチ上での味方同士のやりあい、敗戦濃厚な中、味方を鼓舞するように走り出す選手の姿にまた試合に足を運ばずにはいられなかった。

いろいろあって今は他のスタジアムに足を運ぶことの多い身としては何もいう資格がない、とも思う。一喜一憂をともにしてないわけだから。でも、ここのところ生で見た数試合からは強い気持ちを感じることが出来ていない。

それでも鹿は私の原点。一分一分を勝ちに行く、執念を感じさせる試合を見せてほしい。

|

« アザーライフ | Main | 自滅した感が否めない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/12536232

Listed below are links to weblogs that reference ある意味:

« アザーライフ | Main | 自滅した感が否めない »