« 突っ込み禁止(笑) | Main | ほへと占い »

December 23, 2006

タニとケンゴ、そして全南ドラゴンズ

ベストイレブン明けの日刊スポーツの記事より。

「中村と谷口。ともにボランチながら、プレースタイルは柔と剛、売りは技術とフィジカル、理論と本能、出身は高校サッカーとクラブユース。今夏のファン感謝デーで、2組に分かれて行ったゲームでは、中村が「ツッコミチーム」、谷口が「ボケチーム」に入った。異なる長所を出し合う2人は、試合開始15分後にピッチで密談を行う。谷口が「どうっすかね?」と相手の出方を問い、中村が狙い目を伝える。こうしてチームを2位に導いた。」

いや、まあ狙いとしては悪くなく、面白い記事なんだけど…やっぱり「対極」にしようとするとちょっと無理あるよねえ。「理論と本能」ってそれではまるでタニが頭使ってないみたいじゃ(笑)…まあ考えるよりも先に手足が出ているような気は確かにするけれど。で、対比だけでなくこの2人の共通点は、素直にいろいろ吸収していることだと思うんですね。もちろんそれぞれのスタイルはあるんだろうけど、監督、同じチームの選手、対戦相手、いろいろな経験をするたび、一試合、一試合また違う一面を見せてくれる気がする。正直、この2人のどちらかを代表に持っていかれるのは辛いし、疲労も心配だけれどでも絶対に得て帰ってくれるものの大きいと思う。来年、彼らがまたどう変わっていくのか楽しみです。

そして、ハードなリーグ戦と代表に加えて来年はACLがある…もうくらくらするほどのハードスケジュール。
対戦相手がようやく決定。

バンコク・ユニバーシティ(タイ) BANGKOK UNIVERSITY FC
川崎フロンターレ KAWASAKI FRONTALE
アレマ・マラン(インドネシア) PS.AREMA MALANG
全南ドラゴンズ(韓国) CHUNNAM DRAGONS FC

うわー全南だよー!全南だよ~!!
実はこのチーム、1999年ACWC(アジアカップウィナーズカップ←確か)で鹿島と国立で対戦→4-1で鹿島惨敗。確か先制したのは鹿だったんだけど、仕事で遅れてったために観られず1点目取られた瞬間にスタジアムに到着したため、ものすごく敗北感が強かったゲーム。99年はあまり調子がよくなかったシーズンだったとは言っても負け慣れしてなかったこともあって、あんな手も足も出ない、という印象のゲームは初めてだったかも。とにかく、寄せが早い、守備が強い、そして前へ、という意識がチーム全体から感じられて。その時鹿島の右サイドをことごとく破っていたのが韓国代表で洪明甫とコンビを組んでいた金泰映(キムテヨン)で、あまりに敵ながら天晴れだったのでその後も引退するまでずっと応援していました。だから、今度全南とやる、って聞いて凄く楽しみ。だったらAWAYだって行きたかったのに四月の水曜ですか(汗)…さらにHOMEも黄金週間前の最後の水曜ですか…うぅ。ああ、でも頑張って観戦したいですよ、この組み合わせならまず全南が最大の壁だと思うしね。

だんだん、だんだん、来年の足音が聞こえてきた感じ。

|

« 突っ込み禁止(笑) | Main | ほへと占い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/13175052

Listed below are links to weblogs that reference タニとケンゴ、そして全南ドラゴンズ:

« 突っ込み禁止(笑) | Main | ほへと占い »