« 異動になっちゃいました | Main | 真剣に日程とにらめっこ中 »

January 22, 2007

ノボリの引退試合@於日本平

一時間寝過ごしました(汗)。で、こういうときはずるずると遅れるのが私の悪いくせ。で、結局日本平についたのは開場をややすぎたころでした…な?何、この人、人、人。たまさか日本平にきたのが去年の川崎戦を除けば天皇杯が多く、あんまり人がいないところしか観てないのでこの人の量はびっくりだ。到着したら、ちょうどバナナキング@スパサカがはじまっていた。相馬さん…いやこの豪華FKキッカーメンバーでいるはずもないか。
ちなみにホーム側にすわってしまったのだけど、特に居心地悪いこともなく、普段遠目でしか観られなかったエスパの踊る応援風景がとても新鮮だった。

アップが始まる。逆側の陣内だったので遠めではわからない人も多い中、相変わらず走るとすぐ分かるんだよね、相馬さん。何か、久々に観るこれでもかというばかりのストレッチと、それでもなお話し続ける姿♪やっぱり相馬直樹はこうでなきゃ(なんか間違ってますか?)。スタメン発表…え?名波はと思ったら、ご家族に不幸があったそうで欠席。私の切望する黄金の左サイドはまたもお預けなのね…頼むよ、ホンダヤスト(えらそうだな)。

このまま放っておくと一生書かない気がするので順不同の箇条書き。
時系列はこちらでも観て想像してください(←なんていい加減な。)。
しかし、エスパの公式サイトファン目線をつかんでいい仕事してんな。何か、日本平に言ったり清水サポ観るとやっぱり元祖サッカー王国の余裕みたいなのを感じてちょっと尊敬したりする。見てる人たちがサポである以前にまずサッカーファンである、という感じ。

・柱谷@闘将、ペナルティエリア近くでかなり露骨にノボリにレイトタックル。で、ファールとられるとお約束どおり抗議。実のところ私はこの2人の現役時代の対決を観た覚えがないんだけど、実際に観た人はさらに笑えたんでは。
・健太、大きくなったねえ(違う)。そしてその健太に何だか頑張って勝負を挑むつなみん。ボールを競い合う姿がまるで「駆けっこ」で笑えた。とてとて走る健太に、ゆっくり目のスライディングタックルでボールを奪うつなみん。周りからは笑い声が…笑うとこなのか?(おかしかったけど。)
・イチの蹴ったボールが小村に当たり、いったん起き上がりかけたのにいきなり「痛いんだよ~何するんだよ~」とばかりに大げさに倒れこむ小村。空気を読んで真顔でわざとらしく駆け寄り、イチをにらむ北澤。98年W杯の合宿で一緒だった大人気ない先輩達に、「はいはい。謝ればいいんですよね」とばかりに苦笑して助け起こしに行くイチ。
・山口に「抜いてやる~」とばかりに、張り切ってドリブル勝負するノボリに「ふふっ俺が抜けるかなっ」とばかりに応戦する山口(←ちょっと脚色)。素さま、決して運動量が多いわけではないと思うんだけど、危機察知能力と視野の広さは健在。容赦ないDFも健在(^^;)
・ノボリのシュートをナイスセーブする下川、さらに真田。空気読まないし(笑)
・後半ノボリがオールジャパン側でプレーしていた時に、相手(エスパルス選抜)がFKをゲット。そのときにエスパのユニに着替えてFKをけりなおすノボリ。これ、ユニをわざわざ替えたところが秀逸だったと思う…単に「のぼりさん蹴ってください」じゃ試合にもショーにもならないもんね。あれ、入ったらどっちの得点になったんだろう?
・ゴールはどれもいいゴールでした。あと、カズとラモスはやっぱりすごいね。「魅せる」プレーを心得ているのは今の代表選手にはないところだと思う。

そして相馬直樹さんは前半20分頃、すっかり息が上がって動けなくなった磯貝さんに変わって登場。「?都並さんと交代じゃないの?」と思ったらいきなり素様と組んでダブルボランチへ。いや、それはそれでなかなか楽しいんだけど…(以下自粛)。でもここにいたときはそれでも何だか前に行きたそうな感じで、じりっじりっと前に上がってはまた味方がボールをとられてじりっじりっと下がる、という動きをくり返していたのでした。一本だけ前のほうでボールを受けてセンタリング、というシーンもありましたが…あの時も左サイドじゃなかったと思うよ。で、そのクロスは一瞬人がいない方向に飛んでいくかなあ、と思いきやクロスバーに当たってくれてよかったよかった。
後半つなみんが変わったのに、左サイドはやらしてもらえず、それどころかセンターバックに…まじですか?まあねえ、このメンバーじゃわがままはいえないよねえ。自分のほかは先輩か俺様ばっかりだもんね(苦笑)
CBはちょっとだけトラウマがあった(^^;)ので心配しましたが、横パスが多かったものの無難にこなしてました。というか、とにかく面白けりゃいいや、的な流れになっている周りの選手を尻目に何だか、やたらと真面目にスペースつぶしていたような。けっこう運動量もあったと思う。まあ、こういう試合では持ち場を放っておいて前に駆け上がっても文句いわれなそうなもんだけど、それをしないのが良くも悪くも相馬直樹さんかと。
ノボリがゴール決めたときに、ヨシカツに「お前も祝福に来いよー」みたいに手招きして呼んでいたのと、あと試合終了間際に大きく手を広げて、「ラインを上げろ~!!」みたいなゼスチャーがちょっとかっこよかったのがまあツボでしょうかね。しかし、私の願ってやまない名波とのコンビ、それが無理なら左サイドを駆け上がる相馬さんを再び見られる日は来るのかしらん。まあ今日はポジション的には不満でしたが、本人が楽しそうだったのでこちらもそれなりには満足ですが。

しかし、ここのところの移籍騒ぎやらチームにあっさりと切られる選手たちやらを見ていると、10年以上も同じチームの顔としてプレーして、そこのチームで惜しまれつつキャリアを終えることができるノボリは幸せな選手だなあ、としみじみ。今日の引退試合に参加していた選手たちがエスパも他チームもすごくノボリを尊重して、試合を盛り上げようとしていたのはやっぱり人格のなせる業かと思います。

…しかし、海外の選手の引退試合も皆こんな、笑えるもんなんでしょうか?素朴な疑問なんですが。

|

« 異動になっちゃいました | Main | 真剣に日程とにらめっこ中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/13610997

Listed below are links to weblogs that reference ノボリの引退試合@於日本平:

« 異動になっちゃいました | Main | 真剣に日程とにらめっこ中 »