« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

March 25, 2007

とりあえず巻おめでとう。日本代表VS

実のところ、今回の代表戦で一番嬉しかったのは巻のゴールかも(笑)
いや、「新しいヒーローが出てくると散々持ち上げるだけ持ち上げて、用済みになると落とす」という仕打ちの見本みたいだったもんね、最近の巻。生で観た時に何だかやたらこけるようになった気がして悪い時の隆行を見ているような印象で、正直ちょっとがっかりだなあ、って思ったのは確か。でもさー、スランプって言うのは誰にでもあるわけでそれを生活態度やら思い上がりやら言うのは怖いなあ、って思うわけですよ。あ、本来かばわなきゃいけないところを先頭に立って言っちゃう某カピタンは是非謝ってほしいですね、巻に。

俊輔は視野が広く球離れが前より良くなった感じで、サイドチェンジを多用してくれたのはかなりポイント高い。
で、俊輔を呼ぶのなら是非ケンゴと一緒に使って欲しかったので、割とオシムが早々にケンゴを入れてくれて嬉しかったです。最初にしちゃ、悪くなかったんじゃない?スパサカの俊輔の話を聞くとケンゴも気を使ってたようだし(笑。ただ、俊輔の強烈な自負も感じたけど。)。まあプレースタイルやら微妙なポジションやら性格やらもあったと思うけど、あの満男ちゃんと俊輔の二者択一的マスコミの煽り方がとってもいやだったのですが、今回は割と「競演」的なムードをマスコミも作りたがっているような気もしますね。しかし、スパサカ 最近お気に入りだからってあそこまで引っ張ると俊輔もうんざりするんじゃ。
オシム爺のこういうところ大好き(笑)。
「皆さんがワールドカップ直後にどういう記事を書いたか、もう一度お読みになったらどうか? 無くしたのなら私が探して、コピーして差し上げてもいい。」(スポナビ)

まあ後半はかなりペルーがやる気がなかったし、さすがに選手一度に替え過ぎで個人の持ち味は出てもチームのバランスとかはぐだぐだになっていたのであんまり参考にならないけど勝ったし、たくさんの選手が観られて楽しかったので言った価値はあったかな、と。しかし、本来右の駒野を左で使うほど左サイドに人材っていないのか?が謎。
1、オシムにとって未だに左のファーストチョイスはアレックス
2、というよりも加地と駒野がサイドとして1,2番なのでこの二人を併用する為にはこの方法しかない。
3、秘密兵器を意図的に隠している

…どれも考えづらいし使うならやっぱり本職の選手を使って欲しいなあ。


あ、ペルーの応援が通常の代表戦の相手国より多かった!可愛いペルーの姉妹がお母さんお手製のペルー鉢巻していて眼福でした(^^)
しかし、やっぱり代表戦は周りのテンションが余りに「代表が一番」なので疲れる(^^;) 今回も近くに割と代表フェチっぽい兄ちゃんが彼女に「やっぱり俊輔」「やっぱり高原」とくり返しており、二人が交代になった後でのFKの場面で「うわ~。だから俊輔か遠藤残しておけばよかったのに!蹴れる奴いないじゃん!!!」…直後に藤本が彼を黙らせるようなFKを蹴ってくれてちょっと内心満足の笑いでした。ええ、いやな奴です、わたし。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 23, 2007

ぐれてます。

↓とは書いたものの、ACLはやっぱり悔しいし、鹿もナビスコでこけるし、
「Jで活躍する選手を選ぶ」はずの五輪代表からチームのレギュラーで、去年の
ベストイレブンのタニがいともあっさりはずされるし。

とらなきゃいい電話を取っちゃって、度つぼにはまるし。

親に不機嫌をぶつけられるし。

何より、いろいろなことをかわせない自分がとってもいや。

がるるるるるる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自業自得、でも幸いなことにリーグ戦 ~川崎フロンターレVSバンコク UNIV

1-1 選手達を含め、多くの人たちにとって期待はずれであっただろう現実。

でもさ、天皇杯だって大学生や高校生舐めてかかるとそれなりに痛い目を見るんだよ。
ましてや一応国の誇りを背負ってきているクラブ代表。実際、今日のバンコクUNIVの選手達の集中力、運動量は素晴らしかった。試合の終盤まで普通だったら追わないような、ラインギリギリのボールを丹念に追いかけ続け、まさかこんなボール追いかけないだろうとセルフジャッジで速度を緩めたうちの選手達がボールを失う姿が何度もみられた。決して良い事とは思わないけれど、全員が超真剣に時間稼ぎに一分でも使おうとし、うちの選手たちは術策どおりいらいらして焦って、自分のペースを失っていった。特にキーパーのウィエラ選手は、いつも今日のようなパフォーマンスならJで立派に通用するんじゃなかろうか。

シュート27本、でも入ったのはオウンゴール一つ。特に最後の方は焦っていたからか無駄打ちが多くて、全然入る気がしなかった。相手は後半早々に一人退場、でも数的優位が生かせなかったどころか、一人多い気さえしなかった。そもそも、いくら過密日程と言っても、ホームの試合で相手よりも早く運動量が落ちてしまうのはひどすぎる。国際試合になったら味方同志言葉が通じなくなるんじゃないか、と思えるくらいばらばらの方向を向いていた感じ。ハーフタイムに修正されるかと思ったら何だかぐだぐだなまま結局最後までチームとしての戦い方も、意志も見えてこなかったし。
ブーイングするまでもなく、選手達が1番わかっている感じだったのでまだまだ全然諦めていないけれど。

(たぶんこっそり追記します。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2007

寒かった~けど 川崎F VS 横浜FC

さすがにベルサッサとは行かず、電車に乗れたのがすでに20時。
武蔵小杉の駅からタクって何とか見れたのが25分。そこまでして観るか、という人も多いかと思いますが(^^;) 今日 上司とした4月のシフトの話を考えても、本当に観られないんだもん(涙)。
おそらく4月に観られそうなのはACLの全南戦と、あと鹿島VS横浜の二試合くらい。うーん予想を上回る厳しさですな。まあ、たまたま他に日曜日の用事があったりするのも悪いんですが(←悪いのか?)。

で、会社にいるときから入る入る、モバイルの得点メール。ひねくれたサポなもんで(苦笑)、一点目は先制!と素直に喜んだんだけど、二通目(追いつかれたか?)、三通目(一点返された?)と悪い方にばっかり考えるのもどうよ。まあ、一昨年J1にあがったばかりの頃の名物終盤ばたばたショーを何度も見ちゃったこともあるし、割と私自身そういうことを考えることで失望や落ち込みを回避しようというところがある。
スタジアムに着く直前で4点目。「ああ、私はきっと得点シーンは観られないな」。

…ということで黒津くん、ネガティブな予想を覆してくれてありがとう(笑)。
どっちのゴールも鮮やかな、胸がすくようなシュートで、ここのところ落ち込むことが多かった私をかなり幸せにしてくれました。そしてやっぱり失点を許さず勝ちきれるようになったことに強くなった、と実感するなあ。
それでも「強豪」という言葉にはまだまだ違和感を感じてしまうのだけれど。

というか勇介…。いいかげん自分がどれだけチームに大事な存在になってるか気づこうよ。
次回やったらほんと、坊主とか。ええ、タニもです。
まあ、河村がまた貴重な戦力だって分かったのは大きな収穫なんだけど、それにしたってさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2007

U22ちょこっと&久々にファンサカ

別にマレーシア相手に苦戦してもいいと思うのよ。勝てば、そして次につながれば。

…勝ったことはそれでも評価したいんだけど、何か次につながりそうな感じがしないんだよね。
何を怖がってるんだ君たちは。相手、じゃないと思うのよ。予選突破へのプレッシャーとかそういうんでも
ない気がする。「キャプテンシー」「キャプテンシー」という声は多いけど、それこそキャプテンシーなんて一種類に決まったもんじゃないだろう。たとえばそういう意味では権化のように思われている本田さんや秋田がいたって夢のようなチームになるとも思えない。(何か、結果が出ないとチームや世代を問わず出てくるキャプテンシー幻想という奴はそもそも余り好きじゃない)。
普通さ、まだこの世代ってチームで大きな顔が出来ないから代表に来ると同世代ばっかりで試合にも出られて新しい体験でとにかく代表にいると楽しそう、ってイメージがあるんだよね。最初のうちこそそんな感じもあったけど、何か最近おどおどびくびくして見えて仕方がない。

で、監督様。今さら「Jの実績を考えて選手入れ替え」ってどの口が言ってるんですか?

新しい号のエルゴラの相馬さんのU22の記事の中の、出られないときの心がまえ云々の記事は勝手にタニに対する叱咤激励兼エールのような気がしてしまうんだけれど。

* * * * * *

久々にファンサカの話など。

ちなみに布陣は下記の通り。だって予算が少なくて緊縮財政のところ、野沢くんは怪我だしケンゴは高いんだもん。

GK 菅野(横浜FC)
DF 根本(大分) 古賀(柏) 水本(千葉)
MF 安田(G大阪) 水野(千葉) 谷口(川崎) 中村憲(川崎) 田中隼(横浜M)
FW 柳沢(鹿島) 久保(横浜FC)

どんどんぱふぱふ 退場者二人~(TT)
54ポイント…まあ、全てはタニですけども。
前回の隆行に続いて、何でそう退場するかなあ。
そして…ヤナギ…一応きみの復活を切望してるんですけれども。(第1節でヤナギと隆行の2トップにしようかと考えて…いや、さすがに自殺行為か、と思ったのは内緒だ。)

さて、次はなくなくタニを売り払い、だいぶメンバー刷新。結果はまた後で。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2007

となり町戦争@三崎亜紀

非常に現実感がない、だからこそ現実感があるともいえるような話。
要は普通の街に住んでいる、普通のサラリーマンがある日読むものがないからと町内報を見ると、「となり町との回線のお知らせ」が載っている。街は全然戦争の気配はしないのに、町内方に載る戦死者の人数は確実に増えていって…ついに、町役場からある日町民の義務として相手の町の調査任務を命じられ、ついには役場の女性香西さんととなり町に住んで潜入捜査まですることになるのだが、いっこうに戦争の姿は見えてこない…。

Continue reading "となり町戦争@三崎亜紀"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2007

開幕♪ 川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ

出かけるときはむちゃくちゃ花粉が飛んでいたため、思考能力がなく忘れ物はしてとりにもどるは、乗り過ごすは何だかだめだめ。こんなんで開幕、大丈夫か?←いや、別にあんたが出るわけじゃないし。

開門前に行くはずがついたらキックオフ20分前。ダッシュで後援会の更新して、入り口のところではもう鹿島の方の選手紹介が始まっていて、自業自得ではあるもののもう地団太状態でしたが、選手紹介、最初だけ切れたけど何とか間に合ったよ~。
久々のスタジアム、満員とは行かなかったけど開幕の喜びがほぼいっぱいになった客席に溢れているような気がする。対戦カードのせいもあって、スタジアムにいるだけで幸せでやっぱりこの空間はもはや自分にとって特別なものなんだな、と思う。ましてや開幕、ましてやホーム。
何より川島。(彼にとっては)普通のフィードや、普通のキャッチングで漏れる等々力の皆様の至福の溜息。
今まで、割とフロンターレのキーパーって、長所も短所も調子の波も極端なタイプが多かったからね(^^;)。もちろん彼らのことも、特にシーマンには思い入れがあるので応援してますが、それでもこの川島の安定感は特筆に価する。まあ知ってる人はよくお分かりかと思いますが、キーパーに限らず、「劇場系」の選手よりも普通のことを、普通にやっているように見える(いいかえれば地味とも言う)選手が好きなんだよね。
そして、序盤はなかなかボールが行かず、ちょっと私達を心配させた村上は、それこそ堅実なアピールをしながらボールを徐々に呼び込んでいった。シュートも打って、少しずつ自分の引き出しを開けても見せた。今日観た感じでは、派手ではないけれど「仕事きっちりがっちり」系の選手で、コーチングも話し合いも出来る選手なのでいろいろな意味でいい補強だったのではないですかね。仙台は何で出したのかしら?…キャプテンは翌年いちゃいけないの法則とかあるのか?
そして、宏樹のカバーリングや、めっきり人に強くなったガナや、ケンゴの見えてるっぷりを堪能する。勇介はちょっと大人しかったかなあ(でも、彼が場合によって大人しくなれるというのはある意味進化だ。)
そしてYさんからの質問「何でタニがボールもつと笑うの?」。うーん、タニにすれば不本意かもしれないのだけれど、わんこがボールとたわむれるのを観ていると顔が思わずほころんじゃうのに近い気がする。ボールに対して「常に100%」っぷりが何だか楽しくもおかしいのよ。
フロンターレにとってはいろいろな意味で価値ある勝利だった。

鹿ちゃんはファボンの強さは収穫だけどあとの外人ふたりがまだまだだなあ。中後ももうひとがんばり欲しいところ。ヤナギはだいぶいろいろ言われているみたいだけど、やっぱり敵目線で見ると、ヤナギとモト、っていやだよ?!たぶん、後の交代にしても田代と興梠、ダ・ニーロと、マルキに替えられたほうが個人的にはいやだったかも。ただ、次の日にサテを観にいった時にも思ったけど、なんかチームとしてとっても淡白な感じがするのよ。昔の鹿のひとたちも地味だ、地味だ、と言われたものの、けっこういまだに熱いじゃないですか。
それが、凄い才能をもっている子が多いのに、何だか枯れてる感じが否めないんだなあ。個人的にはある種の「嫌らしさ」も含めて鹿島が好きなので、よいこのチームにはあんまりなってほしくない、なんてわがままを言ってみたりする。
ただ、全然先行き悲観するような状態ではないと思うけどね。

されど一戦、たかが一戦の開幕戦。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2007

待ちに待った

開幕♪
今の職場はとにかく翌月シフトが決まるのがぎりぎりなので、もうほんと月末まで気をもみましたよー。
おまけに諦めていたサテ戦までついて来た♪ 
まあ、その分後半は大変ですけどね。去年の終戦から、わずか数ヶ月ですが、それなりにいろいろなことがあったからねえ。
黄金カードで始まる今年。今までよりも、去年よりも観られる試合の数はどっと減りますが、今年もサッカーを愛して一年を送りたいものです。フロンターレにとっても、鹿島にとっても、はばたけるいい一年になってくれますように。ちなみに、今年期待するキーパーソンはフロンターレが黒津、そして鹿は今さらながらヤナギです。とにかく、明日は幸せになれる試合が見たいなあ。

********

サポティスタとかで観たかたもいらっしゃるかもしれませんが。
もう、こういう発言にめっぽう弱いですよ。日本、ってけっこう外国人指導者に恵まれていると思うんだよね。
特にサンフ、けっこうユニークな外国人選手や指導者を引っ張ってきますよね。
選手だけでなく、サポも心して聞かないといけない言葉かもしれません。

http://blog.yoshida-yasutaka.com/20070208.shtml


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »