« ぐれてます。 | Main | 「サボテンの花」千秋楽 一言挨拶 »

March 25, 2007

とりあえず巻おめでとう。日本代表VS

実のところ、今回の代表戦で一番嬉しかったのは巻のゴールかも(笑)
いや、「新しいヒーローが出てくると散々持ち上げるだけ持ち上げて、用済みになると落とす」という仕打ちの見本みたいだったもんね、最近の巻。生で観た時に何だかやたらこけるようになった気がして悪い時の隆行を見ているような印象で、正直ちょっとがっかりだなあ、って思ったのは確か。でもさー、スランプって言うのは誰にでもあるわけでそれを生活態度やら思い上がりやら言うのは怖いなあ、って思うわけですよ。あ、本来かばわなきゃいけないところを先頭に立って言っちゃう某カピタンは是非謝ってほしいですね、巻に。

俊輔は視野が広く球離れが前より良くなった感じで、サイドチェンジを多用してくれたのはかなりポイント高い。
で、俊輔を呼ぶのなら是非ケンゴと一緒に使って欲しかったので、割とオシムが早々にケンゴを入れてくれて嬉しかったです。最初にしちゃ、悪くなかったんじゃない?スパサカの俊輔の話を聞くとケンゴも気を使ってたようだし(笑。ただ、俊輔の強烈な自負も感じたけど。)。まあプレースタイルやら微妙なポジションやら性格やらもあったと思うけど、あの満男ちゃんと俊輔の二者択一的マスコミの煽り方がとってもいやだったのですが、今回は割と「競演」的なムードをマスコミも作りたがっているような気もしますね。しかし、スパサカ 最近お気に入りだからってあそこまで引っ張ると俊輔もうんざりするんじゃ。
オシム爺のこういうところ大好き(笑)。
「皆さんがワールドカップ直後にどういう記事を書いたか、もう一度お読みになったらどうか? 無くしたのなら私が探して、コピーして差し上げてもいい。」(スポナビ)

まあ後半はかなりペルーがやる気がなかったし、さすがに選手一度に替え過ぎで個人の持ち味は出てもチームのバランスとかはぐだぐだになっていたのであんまり参考にならないけど勝ったし、たくさんの選手が観られて楽しかったので言った価値はあったかな、と。しかし、本来右の駒野を左で使うほど左サイドに人材っていないのか?が謎。
1、オシムにとって未だに左のファーストチョイスはアレックス
2、というよりも加地と駒野がサイドとして1,2番なのでこの二人を併用する為にはこの方法しかない。
3、秘密兵器を意図的に隠している

…どれも考えづらいし使うならやっぱり本職の選手を使って欲しいなあ。


あ、ペルーの応援が通常の代表戦の相手国より多かった!可愛いペルーの姉妹がお母さんお手製のペルー鉢巻していて眼福でした(^^)
しかし、やっぱり代表戦は周りのテンションが余りに「代表が一番」なので疲れる(^^;) 今回も近くに割と代表フェチっぽい兄ちゃんが彼女に「やっぱり俊輔」「やっぱり高原」とくり返しており、二人が交代になった後でのFKの場面で「うわ~。だから俊輔か遠藤残しておけばよかったのに!蹴れる奴いないじゃん!!!」…直後に藤本が彼を黙らせるようなFKを蹴ってくれてちょっと内心満足の笑いでした。ええ、いやな奴です、わたし。

|

« ぐれてます。 | Main | 「サボテンの花」千秋楽 一言挨拶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/14376819

Listed below are links to weblogs that reference とりあえず巻おめでとう。日本代表VS:

» 日本代表−ペルー代表 [劇団天野屋 Part3]
キリンチャレンジカップ2007 〜ALL FOR 2010!〜 2007年3月2 [Read More]

Tracked on March 25, 2007 at 10:57 PM

« ぐれてます。 | Main | 「サボテンの花」千秋楽 一言挨拶 »