« ついに埼スタで初勝利 | Main | 黄金週間とACL~獲らぬ狸の皮算用ちょこっと »

April 27, 2007

勝った、勝ったよ~川崎フロンターレVS全南ドラゴンズ

結局着いたのはキックオフ直前…というか直後…理由は牛タンの誘惑に負けたから(笑)
こんなぬるいことでいいのかっ>自分…。

でもずっと前からすごく楽しみにしていたんですよ。前にも書いたかもしれないけれど初めて好きなチームというものが出来て試合に通うようになって、初めて「圧倒的な敗戦」というのを味わった感じがしたのがACWCの鹿島VS全南@国立だったから。何だかすごく印象的な試合で、「強いから」鹿島が好きだ、というわけじゃないんだ、というのも実感したし、試合後しおしおと落ち込んで歩いている時に出会ったのが今に続く蹴友(笑)だったり、敵ながら天晴れ、というので好きになった金泰映選手を後々まで好きで応援してみたり。あんまりいい趣味じゃないけれど、印象に残る敗戦、というのをあげたらベスト5に入ると思う。だから、チームは違えど今回の前南戦はある意味心待ちにしていました。

前回負けているからか、クラブチームでしかも大都市のチームではない全南は日本にあんまりサポがいないのか、けっこうアウェイのゴール裏は閑散。浦和と死闘を演じた後なので疲労が心配されましたが、それなりにいい動き…特にやっぱりジュニとマギヌンの好調さが光っていて…あ、そうそうガナがあまりに消えてるとか最初思ってたんですが、こういう訳だったんですね。どちらかというと真ん中より後ろをみていることが多いからってすぐに気づけよ、って感じですが。

1点目はケンゴのパスがほんとに美しかった。出し手と受け手の意図がピッタリとあった、狙い済ましたパス。あれを見ただけで言った価値があったくらい。 もちろん、村上のクロスもジュニのゴールも素晴らしかったけど。

2点目と3点目はほとんど同じ形。テセにとってはごっつぁんゴールと言えないこともないけれどごっつぁんゴールをきっちり決めることが以下に難しいかはサッカーファンなら知ってるはず。

圧勝、とか書かれてはいましたが1-0でリードした後、押し込まれる時間帯が長く、過去に終盤追いつかれて大事な試合を落とす、という経験が多いのでとってもどきどきしました。 関さんもいっていたけれど相手にセットプレーをとにかくとられすぎだし、ゴール近辺まで行かせすぎ。中盤でボールを簡単に取られるシーンもけっこう目に付きました。あと、最後のジュニに対する相手の反則や、それに対する態度も確かに目に余ったけど、こっちも激昂しすぎ。特に勇介さー、この間の反省の弁はどうしたのよ(--;)。
まあ、とにもかくにもホームでもアウェーでも韓国のクラブチーム相手に三点とって勝った、というのは凄いこと。夢のようなぼやけ方だった決勝リーグがちょっとずつ見えてきました。次、確実に見られる試合できっちりと決めて欲しいなあ(切実)

全く関係ない余談。
選手表示がポジション淳ではなくて、背番号順でかなり不思議な感じでした。タニと村上の2トップかと思って目を疑ったよ。

|

« ついに埼スタで初勝利 | Main | 黄金週間とACL~獲らぬ狸の皮算用ちょこっと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/14852398

Listed below are links to weblogs that reference 勝った、勝ったよ~川崎フロンターレVS全南ドラゴンズ:

« ついに埼スタで初勝利 | Main | 黄金週間とACL~獲らぬ狸の皮算用ちょこっと »