« クロツー~♪♪♪ | Main | 歓喜 »

May 18, 2007

5月大歌舞伎@昼の部ちょこっと

強行日程で無理やり行ったので最後の一本は見られず。
今月は演舞場と歌舞伎座と両方でやっているわけですが、私が観に行ったのは演舞場の方。

「鳴神上人」は話に聞いてたけど見るのは初めて。要は帝に怨みを持っている霊力を持つお坊さんが竜神を封じ込めてしまい、旱魃で困っているのを万策尽きた朝廷が色仕掛けで霊力を破ろうとする話…でいいんだよね。
何か、早替わりがあったり荒事があったり歌舞伎の娯楽的要素を詰め込んだような作品で楽しかったです。
でも、染五郎さん、「女の肌に初めて触れる」とはどーにも思えない程エロっぽいんですけれども(爆)…いや、色っぽいんじゃなくて、というかそれ以上に何だか目つきがエロいです。少なくとも女は周りにいなかっただけで別の道には走ってた感じだ(^^;)。酔っ払うシーンや、荒事のシーンは期待以上でした。あんまり染に関しては荒事が出来るイメージが無かったのですが、こういうのを見ると新感染は歌舞伎にも生きている気がします。

次が「鬼平犯科帳」。ご存知テレビドラマでは吉右衛門さんの当たり役。
だから根拠もなく、捕り物帳だと思ってたんですが、何でまた「大川の隠居」?。いや、短編集の中では好きな話ではありますが、舞台にして映える話ではあんまりないと思うんだけどなあ。だいたい、この手の人情話ってけっこう歌舞伎の他の演目でもあると思うので、わざわざ鬼平持ってこなくてもいい気がする…何となく去年菊五郎と吉右衛門で見た「人情噺小判一両」とかぶってしまった。
たぶん、創られた方はかなり鬼平が好きで、思い入れたっぷりなんだろう。原作の人気キャラクター、木村忠吾や佐嶋与力の登場や料理屋の嶋屋にわざわざ嶋屋という暖簾(提灯だったか?)がかかっているところなど、好きな人だとにやり、なんだろうけれど普通に見ると何だか唐突。そして、あの鬼平さんの奥様の妙に長いしかもピンでの登場シーンは一体なんだったんだろう(福助タイムと勝手に命名)。基本的には連作ではない限り、予備知識があるのを前提で作りすぎるのはどうかと思うので、もうちょっと派手な盗人を懲らしめる芝居にして欲しかった気がする。歌六さんの友五郎は渋くてとってもいい感じでしたけどね。
そういえばハプニングが多い日で、途中の幕が閉まらなくなるわ、船の竿が川のなかに落ちるわ、結構大変でした。川の中に落ちた竿を一瞬の間の後さっと飛び降りて沈みもせず爽やかに拾ってまた飛び乗る友五郎さん(笑)

三作目の「釣女」は後の予定との絡みで泣く泣く断念。
吉右衛門さんの醜女役、ちょっと観たかったのにな。

六月はどうにも時間が取れそうにないので、次の歌舞伎は前回見逃した七月の「十二夜」の予定。

|

« クロツー~♪♪♪ | Main | 歓喜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/14981792

Listed below are links to weblogs that reference 5月大歌舞伎@昼の部ちょこっと:

« クロツー~♪♪♪ | Main | 歓喜 »