« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

May 30, 2007

中後でいいじゃないか

こんな断幕が出ていた、って言うのはこちらで知った。

なかなか鹿スタには行けていない私ではあるけれど、黄金週間中のFC東京戦。惚れぼれするような鋭いゴールももちろん嬉しかったけどそれ以上に猛ダッシュでゴール裏に走ってきてくれた中後の気持ちに打たれた。試合にでるようになってチームでの立場が変わっていっていることへの自覚や責任感が試合後のコメントから感じられるようになってきた。確かにまだまだかもしれない。チームを支えるところまで行っていないかもしれない。
野沢くんだってそうだ。不運な怪我はあったけど8番の重みに耐えて不在が響くチームの中心にようやくなりつつある。

せっかく迷った末に芽を出しつつある彼らの上にまた浩二や満男ちゃんを呼び戻すことで本当にいいチームが出来るのか?彼らだって夢をつかみに海外へ行って、ようやくつかみかけたりまだ夢に指先さえも届いていない中で呼び戻されて、チームに集中できるのか?サポとしてもわだかまりを捨てて心から応援できるのか?相手チームではなく、味方であるはずのサポーターが「お手並み拝見」から入るようならピッチの上の選手を後押しできるんだろうか。
ようやく見るからに危なっかしい状態から、少しずつプラスに転じてきたチーム。チームの核に、能力がある選手をぽん、ぽん、とはめ込めば急にチームが強くなるわけじゃないなんてこと、今まで散々見てきてるじゃないか。せっかくプラスに向いてきたベクトルをまた過去に戻すのか。確かにこのところの観客動員やらチームの低迷やらでフロントが危機感を持つのは分かるけど、「チームの成長」よりも「目先の優勝」が観客を呼び戻すとまだ信じているのかなあ。そもそも、まだあの二人を呼び戻すことが「優勝」に直結できる、って本当に思ってるの?仮に満男ちゃんが戻ってきて、野沢くんと中盤で組むならまだいいかもしれないけれど、野沢くんがダニーロの控え、になる可能性だってここのところいい感じになってきた本山が控えになる可能性だってある。それを公正なチームの競争、とか層の厚さ、って言うのはかなりに無理があると思う。実際素材的には鹿島ってかなり層が厚い部類だと思うけどね。

補強が全く必要じゃない、とは言わないけれどそれが満男や浩二、って言うのはあまりに安易じゃないか。どうせ上を狙うなら野沢や中後、田代や本山、今出ている選手を核に行こうよ。
そして、満男や中田浩二には、折角旅立ったんだから向こうで夢をつかんで欲しい。

* * *
5月26日、久々の鹿スタ。デーゲームなのにシャッターが閉まっている売店があることや、人の少なさにショックは受けたものの。もちろん勝ったこともあるけれど、希望が持てる内容だった。特にサイドフェチとしてはくり返される大きなサイドチェンジが嬉しく、そこに関しては翌日のフロンターレ、中へ中への一辺倒の攻撃に前日の鹿島と比べてストレスを感じたほど。若手組も頑張っていたけれど、本山、ソガ、新井場には一味違う、チームを背負っていこうという気概を感じたんだけどどうだろう。特にイバは守備でもけっこう効いていた、と思うのだけれど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 29, 2007

遠い夏

お祭りの時期、友達と行った東北。
北国のイメージとは程遠い(後に東北の夏の暑さは何度も味わうことになるのだけれど)照りつける日差しの中、ばてるのをこらえるように、何故か歌いながら歩いたのが当時流行っていたユーミンの「真夏の夜の夢」とそして、ZARD「揺れる想い」。ドラマの内容を反映してねっとりとした歌い方の「真夏の…」と飽くまでもさわやかな「揺れる想い」の対比も何だかおかしくて、どちらもさびが印象的でもういやだ、っていうくらい頭の中を周り続け誰かがやめても別の誰かが「揺れる~」と歌いだすのが可笑しくて、訳もなくげらげら笑いながら歩いた。今でも旅行のあれやこれやを思い出すと、テーマソングのように一緒に「揺れる想い」が頭の中を流れる。

特にZARDのファンだったと言うわけではないけれど、ある意味一つの時代を彩ったバンドなのは間違いなく、他にも思い出深い歌も好きな歌もたくさんあって。そういえば最近見ないなあ、って思っていた矢先だった。
休止したり再会したりするバンドも多いから、まさか病気だなんて思っていなかった。
こんな終わりはやっぱり寂しすぎる。

それでも彼女が創り唄った歌はこの後も残っていくのだろう。
そして歌とともに、残る記憶や、光景も多くあるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2007

ひどすぎるっ!!!!

やべっちFC…1998年のキリンカップのパラグアイ戦。早いリスタートからゴールを決めたのは城彰二じゃなくて
相馬直樹さんなんですけども~!!!!?

いいんだ、所詮日本のサッカー番組なんてこんなもんだ、ふん。
数少ないゴールなのに…(←そこかよ。)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 27, 2007

サンジャックへの道@シネスイッチ銀座

元の上司が映画好きで、多い週は8本くらい映画好きや、彼自身が映画好きに教育したい、と見込んだ(?)元同僚やら部下やらに映画レポートを送ってくれるのだけれど、私とは何故か微妙に見たい映画がずれている(^^;)。それでも、時として気がついていなかった作品や、ノーマークの作品を教えてくれたり興味を持たせてくれることがあって、密かに楽しみにしている。
正直、迷惑に思っているらしい同僚も多いので(メールサーバーに制限とかあると大変だもんね)、けっこう熱心な読者の一人だと思うんだ、私(笑)。

この映画はそんな一本。最近舞台を追っかけるのが精一杯で映画情報にかなりうとくなっていたこともあり、正直送ってくれたレポートも読まないでためてたのよね。

要はとにかく仲の悪い、けんかばかりの個性派揃いの中年三兄弟(長男、長女、次男)が母親の遺言で三人一緒に巡礼の道をフランスから歩いてスペインのサンチャゴ・デ・コンポストゥーラまで行かないと遺産がもらえない、ということになり、ほんとにイヤイヤながら巡礼ツアー@徒歩に参加する、というお話。ツアーにはハイキング気分で参加した女子学生二人組やら、そのカタワレに惚れているあまり年下の弟分をメッカへの巡礼だとだまくらかして参加したイスラム教徒の同級生やら、だまされて参加した難読症の弟分やら、何だか分けありっぽい女性やらまあ個性豊かな面々で。これがガイドを務めるやはり異教徒のギィに連れられてフランスから、スペインまでの巡礼の道を徒歩で旅するわけです。

以下ネタバレ。

Continue reading "サンジャックへの道@シネスイッチ銀座"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2007

歓喜

勝ったほうもいや負けたほうさえも後々そこに居合わせた事を誇りにできるようなそんな試合。勝者を愛する皆様、おめでとうございます。今週は何があっても乗り切れるのではないでしょうか(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2007

5月大歌舞伎@昼の部ちょこっと

強行日程で無理やり行ったので最後の一本は見られず。
今月は演舞場と歌舞伎座と両方でやっているわけですが、私が観に行ったのは演舞場の方。

「鳴神上人」は話に聞いてたけど見るのは初めて。要は帝に怨みを持っている霊力を持つお坊さんが竜神を封じ込めてしまい、旱魃で困っているのを万策尽きた朝廷が色仕掛けで霊力を破ろうとする話…でいいんだよね。
何か、早替わりがあったり荒事があったり歌舞伎の娯楽的要素を詰め込んだような作品で楽しかったです。
でも、染五郎さん、「女の肌に初めて触れる」とはどーにも思えない程エロっぽいんですけれども(爆)…いや、色っぽいんじゃなくて、というかそれ以上に何だか目つきがエロいです。少なくとも女は周りにいなかっただけで別の道には走ってた感じだ(^^;)。酔っ払うシーンや、荒事のシーンは期待以上でした。あんまり染に関しては荒事が出来るイメージが無かったのですが、こういうのを見ると新感染は歌舞伎にも生きている気がします。

次が「鬼平犯科帳」。ご存知テレビドラマでは吉右衛門さんの当たり役。
だから根拠もなく、捕り物帳だと思ってたんですが、何でまた「大川の隠居」?。いや、短編集の中では好きな話ではありますが、舞台にして映える話ではあんまりないと思うんだけどなあ。だいたい、この手の人情話ってけっこう歌舞伎の他の演目でもあると思うので、わざわざ鬼平持ってこなくてもいい気がする…何となく去年菊五郎と吉右衛門で見た「人情噺小判一両」とかぶってしまった。
たぶん、創られた方はかなり鬼平が好きで、思い入れたっぷりなんだろう。原作の人気キャラクター、木村忠吾や佐嶋与力の登場や料理屋の嶋屋にわざわざ嶋屋という暖簾(提灯だったか?)がかかっているところなど、好きな人だとにやり、なんだろうけれど普通に見ると何だか唐突。そして、あの鬼平さんの奥様の妙に長いしかもピンでの登場シーンは一体なんだったんだろう(福助タイムと勝手に命名)。基本的には連作ではない限り、予備知識があるのを前提で作りすぎるのはどうかと思うので、もうちょっと派手な盗人を懲らしめる芝居にして欲しかった気がする。歌六さんの友五郎は渋くてとってもいい感じでしたけどね。
そういえばハプニングが多い日で、途中の幕が閉まらなくなるわ、船の竿が川のなかに落ちるわ、結構大変でした。川の中に落ちた竿を一瞬の間の後さっと飛び降りて沈みもせず爽やかに拾ってまた飛び乗る友五郎さん(笑)

三作目の「釣女」は後の予定との絡みで泣く泣く断念。
吉右衛門さんの醜女役、ちょっと観たかったのにな。

六月はどうにも時間が取れそうにないので、次の歌舞伎は前回見逃した七月の「十二夜」の予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2007

クロツー~♪♪♪

今日も相変わらず忙しく、仕事はヘビーで、しかも大変お世話になった方の訃報やら後輩の退職話やらもちらほら。勝ったのは嬉しいけれど人が行けないときに限って何だか楽しそうな勝ち方じゃありませんか(じぇらしー)。

でも、帰ってきたら疲れが吹っ飛ぶニュース。

黒津、小宮山らを日本代表候補に初召集

嬉しいなあ。明日からまたがんばろー。
チームのファーストチョイスはジュニーニョとガナ、サブをテセと争う中でも、常にひたむきに準備をして結果を出してきた黒津。膠着した試合でも7番が準備しだすとがぜん期待感が。何かつかんで帰ってきて欲しいものです。
そして、勇介も今度は持ち味発揮できるようがんばってね(今日のゴール、あんまり嬉しそうなんで笑っちゃったよ)

堀池さん@やべっちFC クロを注目選手で取り上げてくれてありがとう♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2007

断念

五月のシフトが出た時から本当に楽しみにしていた今日の鹿島VS磐田@カシマ。久々に鹿スタ、そして鹿島サポにとってはいわば『クラシコ』。

が、珍しく体調不良につき諦めます(泣)。考えると夜予定がいれられなくなったあおりで平日の休みも休日の休みもめいっぱい予定いれてたし、毎日残業だったり飲み会だったりでさすがにばてたのかなあ。ここで無理をすると仕事でも迷惑をかけるしこのあとの予定にも差し支えるので泣く泣く諦めます。テレビでは観る予定…くやしいなあ。

* * *
テレビ観戦で残念だったけれど、勝ててよかった。(ちょっと追記する、と思う)

どうでもいいですがこの日本語は間違いでは>日刊スポーツ

サポーターからはブーイングを浴び、MF水野は感極まって涙を流した。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2007

初めてとかいうことよりも

だってACL以前はそれなりに勝ち抜いたチームもあったしね。そんなことより応援しているチームがまた、ひとつ大きな経験をしてまた階段を一段あがったことがとても嬉しい。

…一点目の後の二点目が遠く、攻め急いでパスミスをくり返す展開に怒りまくっていたことは内緒だ(笑)
思いっきりバンコク大学戦の悪夢を思い出したよ。
リーグのレベルがどうこう言っても、やっぱりどの相手もそれぞれの国で勝ちあがってきたタイトルのプライドを持つチーム。そうそう簡単には勝たせてくれない。数字の上では快勝でも、どの試合にも違う方に転びそうなポイントはやっぱりあった気がするし。

トーナメントには中東勢が出てくる。また大変さが一段アップするし、気候や条件的にも過酷な国も多いだろう。
それでも今夜はとりあえず喜ぼう。しっかり喜んで満喫しておくことも次のステップにつながる気もするし。

…鹿ちゃんも勝ったことだし(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いろいろな意味で頑張ろう。

ちょっと前に帰ってきました。黄金週間明けたと思ったら何だか以上に忙しい(涙)

明日もちょこっと会社に行きます。まだまだ自分の力が足りない。まだまだ戦力になってないなあ。
周りの人たちがとってもいい人たちなので辛いです(TT) 体力も貯えないと、この後もたないよねえ。
結局はサービス加重時代のあおりなんですよね。たとえば労働人口が減ったとしても、人手不足になったとしても営業時間短くしたり、書類を簡単にしたり、ってもはやできない時代になってるんだと思う。でも、そんなに人間のキャパは簡単に増えないしね。

とりあえずほんとに必要なことだけさくっと終わらせて、美味しいお昼を食べて(高校時代の友人とランチ予定)、芝居を観て、そして等々力。

この試合までエネルギーを持たせて、いい意味で燃焼できたらいいな。どうせならホームで決勝トーナメント進出を決めよう。(いや、いろんな意味で切なる願いなの)

ガナの処分が出て、まあ予想の範囲内だったのでとりあえず一安心。どこかの余計なことばかり言うおじさんが「半年」とかぬかすからどうなることかと思ったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2007

632

今までJリーグに在籍していた外国人総数だそうです。ちなみに国にして55カ国。

1位はブラジル、二位が韓国、三位がアルゼンチンはいいとして五位のクロアチアが結構意外。
ニーノ・ブーレ いたねえ(^^)

スパサカでの外国人特集。個人的にはもうジョルジ、ジョルジ、ジョルジなわけですが(笑)
ジョルジーニョを私が鹿スタで観られたのはたったの一年足らずだったけれどインパクトはとにかく大きかった。
当時の鹿島の試合全体から感じられた勝つ意思、をとにかく体現していた選手。たぶん、ジョルジのサヨナラ試合、ということで行った笠松が最初の遠征だったんですよね。

あと、こういう特集には出てこないけれどもファビアーノ。こちらのサイトによるとブラジルのゴイアスで元気に現役続行中だそうです(^^)
クマと同い年で、日本にいた頃はまだ可愛らしい感じすらあったんだけれど、渋い大人のお兄さんになったって感じですね。
あと、鹿島にいた外国人ではやっぱりビス、あとはエウレルが好きだったなあ。
オヤジ(アウグスト)は鹿の時はまあ、相馬さんと被るのも合ったけれど守備をしないプレースタイルが嫌だったんだけれど、川崎に来て好きになったかな。マルクスも好きだったんだけどねえ…。

他のチームではやっぱりピクシー。最初に好きになったシジマール。そして、ドゥンガにペトロはやっぱり好きかな。後思いつくままにあげればバデア、柳相鉄、ミョンボ兄さん、ミリノビッチ、トーレス、オレグ、ノジュンユン(漢字が出てこないー。)、ポポヴィッチ、智星くんも好きだったな。まだJにいる人ではユンちゃんとジャーン。たぶん、まだまだ思いつくかと。今さらだけど、本当にいい選手多いよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2007

黄金週間とACL~獲らぬ狸の皮算用ちょこっと

この三連休出勤でした(涙)。んで、明日一日休みで、一日出て、3連休♪ こういう勤務になったほうがゴールデンウィークのありがたみ分かりますよー。でも久々にほんまもんの支店も休みの三連休は嬉しいですよ。
実のところはあんまりこの時期は忙しくないんですよね。旅行好きな人はまず出かけてるし、ゆっくりしたい人は家で寝ているので、わざわざ支店に足を運ぼう、って人はあんまりいない。久々に電話に追われない数日間でした。朝トランク引っぱっている人がいるとちょっと寂しいけどね。この先数ヶ月は山なので長期の旅行にはまず行かれないし。

旅行といえばACL(アジアチャンピオンズリーグ)←持ってき方が強引だな。オフィシャルツアーが4日間になってるー(泣)。実は3日間だったらけっこう行く気で、一応二連休にまではしてもらってたんですよね(汗笑)。今は朝の開店が遅めなので、早朝の成田着だったらそのまま会社に行けるし。チーム(サポ)的にも夢に観た大舞台ってのももちろんあるけれど自分の好きなチームのために海外に行ってみたい、という欲望(?)を満たすため、なんてのもあったと思う。で~も~あと一日今から休めないのよ~(涙)。あきらめてHUB狙いかなあ。だったらせめてその前のアレマ・マラン戦を勝って、目の前で何とか勝ち抜け決めて欲しいなあ。
それだもんで、まだ早い、まだ早い、と自分に言い聞かせつつあがった場合のシミュなどしてみたりして。現在各組で1位なのがそれぞれUAE, サウジ、ウズベキスタン、イラン、中国(山東省)と、日本のふたつで、さらに去年の優勝の全北…濃いなあ。韓国、中国は何とかなりそう。ウズベキスタンは実は今最も行きたい国のひとつだったりするんだけど、フェルガナっていうのはいわゆる観光地とは離れた国境付近の街だし。なかなか厳しいなあ。
ま、あくまで取らぬ狸…次のアレマに勝たないと意味がないから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »