« DF好きとしてちょこっとだけ | Main | はしごでした。 »

June 29, 2007

スターは作るものなのか

そんな訳で、とっても幸せに席を立った「ラプソディ・イン・ブルー」。機嫌よく出てきて某民放のインタビュアーにつかまり、まあ幸せだったもんでカメラに映ることなどないだろうとたかをくくりちょっと答えてみたりする。

Q「今回の公演いかがでしたか?」
A「コラボレーションのような感じが面白かったし、今まで知らなかったダンサーの方もいろいろ観られて面白かったです。内容が…」
Q「(何か不満そう)はあ、コラボレーション…ですか?それはつまり?」
A「いや、いろいろな分野の人がひとつの方向性で作品を作り上げているのが新鮮、というか。」
Q「(とっても不満そう)それでは服部君の魅力とはっ!」
A「あ、演出の目の付け所が面白いというか(だって不満そうなので)いや、服部くん個人のファンかというとちょっと違うので」
Q「ああ、違うんですかぁ…(見るからにがっかり)」

マイク去る。で、この後もほかの人にインタビューは続いていたのですが
Q「服部君のどこが好きですか?!」
A「(?)という感じでちょっと口ごもる。」
Q「たとえば!可愛いとか!かっこいいとか!ジャンプがすごいとか!(<確かこの三つ)」

…三択にすれば?(--;)

何かもとめる答えがあって、それを拾いにきている、って言うのが見え見えでイヤでした。ハンカチ王子の斉藤くんや、ゴルフの石川くんとかの取り上げ方を見てても思うんですが、何で切り口がどこもかしこも皆局面的で一律なんだろう?たとえば「祐ちゃん」のチームメートやライバルは彼に対する証言者でしかなく、そっちをちょっと取り上げよう、とかそういう発想はないんだよね。羽生に俊輔を語らせても俊輔に羽生を語らせる、というのはまずない。特にスポーツ特集やら舞台紹介、と銘打つ以上は逆に「おおっこんな見方があったか!」「こんな選手がいたのかっ!面白そうだなっ!」と思わせる企画を組んで欲しい、ってのは贅沢ですかね?同じメディアの傲慢なら、「俺達の方がいろいろ観てるんだから玄人なんだよっ」という意味での傲慢さを見せて欲しい。今って「とりあえず素人にはこの程度の特集で充分」って雰囲気の傲慢さしか見えないんだもの。

|

« DF好きとしてちょこっとだけ | Main | はしごでした。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/15472515

Listed below are links to weblogs that reference スターは作るものなのか:

« DF好きとしてちょこっとだけ | Main | はしごでした。 »