« 中後でいいじゃないか | Main | コロンビア戦 »

June 05, 2007

となり町戦争@ザムザ阿佐ヶ谷

覚えていないくらい久しぶりのザムザ阿佐ヶ谷。前来たときにちょっと気になった併設のレストランに無理やり友人のKを呼び出してランチ♪わざわざここまで用がないのに食べに来るか、というとちょっと微妙ではありますが木の感じを生かした、外気の入るなかなか気持ちの良い空間で平日に仕事と全く関係のない話しながらランチ♪♪
そりゃあ幸せだってさ。


となり町戦争@ザムザ阿佐ヶ谷
cast
多根周作/青山千洋/
伊原農/枝元萌/はざまみゆき/多田直人/古澤裕介
鯛中卓也

【総合演出】ケンジ中尾 【潤色/演出】中井由梨子
【美術】島川とおる【音響】水木邦人【衣装】CieL
【舞台監督】加藤としお

舞台は総体的には期待通りの出来。いかにも普通のサラリーマンな多根くん、そしてどことなく無機質で淡々とした中に溢れる想いを秘めたヒロインの香月さんにあおちひ。事前に期待したとおり、原作のどこか現実離れした、やや異質で、ちょっとだけ異常で、それでも生活の延長上にある、と思わせる世界…微妙な違和感を感じつつも、もしかして自分もそっちの世界にふと迷いこみそうな。最初はやや唐突な感じもしたダンスも含めて舞台の上に現実に通じる異次元、を描くのには成功していた。

ただ、個人的には原作になかった香月さんの「理由」はいただけなかった。あれで心情的に主人公たち(特に香月さん)に共感しやすくなった、というひともきっと多いんだろうと思うけどわたしはこの話の眼目は月並みな理由を配したところにある不気味さ、底知れなさだと思うので。「となり町戦争」が原作、というのではなく普通の反戦争劇であれば十分OKなんですけれどね。原作者公認、ということなので作者的にはこれもありなのかなあ。

もちろんそれによって出演者の熱演が否定されるわけではなく、ハイリンドの作品はまた機会があったら観てみたいと思った。あおちひも、多田くんもキャラメルで普段見ることができない表情や演技を見せてくれていたし。(特にベッドシーンが色っぽくてドキドキした…キャラメルだとキスシーンもありえないしねー汗)。ただ、成井さんの作風からして、この舞台の経験がストレートにキャラメルの舞台で観られることはあんまりなさそうなのが残念。

|

« 中後でいいじゃないか | Main | コロンビア戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/15240914

Listed below are links to weblogs that reference となり町戦争@ザムザ阿佐ヶ谷:

« 中後でいいじゃないか | Main | コロンビア戦 »