« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

September 30, 2007

口惜しいです。

雨だから行かないんじゃなくて仕事だから行けません(涙)

こういうときだからこそ無理しても行きたいのに(TT)

そして、こういう時に甲府はいやな相手です。

せめて後半戦にあわせて昼休みかなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2007

全然冷静になんて観れやしなかった~川崎フロンターレVSセパハン

武蔵小杉からタクシー。等々力に着いたのは後半残り15分。
相変わらずの決定力不足と言えばその通りなんだけど、それでも選手たちは皆今の精一杯で闘っていたと思う。
ピッチの選手たちも、観てるこちらも余裕なんてかけらもなく。後半終了間際には試合の流れにいつになくひときわ大きい、応援の拍手に涙目になる。もう80分走り続けている選手たちに疲れが見えないはずもなく、ましてや柏戦に出た選手たちは更なる疲労を負っているわけで、全体的にいつもだったら考えられないミスも見えたりする。終了直前、ついにケンゴ交代。思わず「えっ?!」と声を上げてしまったけれど、最初から試合を観ていた人から聞くと頑張ってはいたものの明らかにペースダウンしていた模様。このチームにとってのケンゴの存在を考えると余りに痛いのだけれど、ただでさえ過密日程の上に代表もあったケンゴ、やっぱりここで無理をさせるわけにはいかなかっただろう。関さんにしろ、マルセロにしろ、疲労に身体が耐えかねて故障に苦しんだ選手達を嫌というほど観ている。守備が軽い、と特に代表では言われることの多いケンゴに比べても、正直大橋はさらに守備が不安…でも、今日は良く頑張ってくれたと思う。走っていたし、守備もしていた。

とにかく、打っても打っても点が入らない。前半はかなり相手のキーパーが当たっていたらしいし、時間が少なくなるに連れて早打ち無駄打ちが多くなる。加えて相手がドン引き。中東のチームには代表でかなり苦しめられているイメージが多かったし、セパハンはかなり強豪、と聞いていたのだが明らかに引き分け狙いの時間稼ぎをしていた。そこで過剰に熱くならなかったのはこちらもAWAYでの対外試合の経験が生きた、と言えない事もないけれど。みんな疲れてる。時間がたてば立つほど、ホームだからこそ一点取れない、その重みがのしかかる。

PKはいつも嫌だし、どうしても嫌な予感がしたんだけど。目の前のPK戦でいい思いしたことないもんなー(遠い目)
。ジュニも、ガナも決してPKは得意じゃないイメージがある。というか、今までいろいろなチームのPK戦を見ていて、実のところけっこうFWやテクニシャンMFはPKが苦手だ。だから、ジュニ、ガナ、大橋といった時点ですでにどきどきだった。そして四番手はタニ。正直うわーっと目を瞑りたい感じ。ロッカー室に逃げ込むオシムの気持ちが良くわかった。チームの中でも数少ない、二試合連続のスタメン選手。デビューしたての頃は、90分持たずによく足をつっていたのに、今日は最後までよく走っていた。でも、PKのこの緊迫感はやっぱり違うしね。ある意味で度胸がある選手ではあるけれど、このシーンでのプレッシャーはまた格別だっただろう。そしてタニのキックは大きくゴールを逸れた。倒れこむ姿から目をそらすことが出来なくて。「まだ負けたわけじゃないぞーっ」と声をかける隣のサポさんの声が甲高く震えてて。セパハンの5人目が決めた瞬間は、何だかあっけなかった。ワンテンポ遅れて喜びを表現する相手選手たちの姿が妙に現実的でなく目に映った。

最後まで、佐原に抱えられるようにして挨拶をし、グラウンドを後にしたタニ。ゴール裏を中心に精一杯の励ましだった谷口コールは今はまだかえって追い討ちのように聞こえたかもしれないけれど。

今までPK戦でいい思いをした覚えは余りないけれど、PKを外したのをきっかけに大きくなった選手はたくさん観ている。相馬くんもゼロックスで外しているし(観てないけど)、テレビだけど大泣きしていたユースの頃の清水の市川とか、そして何よりも印象的だった1999年鹿島のナビスコ。グラウンドコートを頭から被り、涙に暮れていた満男ちゃんの姿は「5000万円満男に投資したと思えばいい」という観戦仲間氏の言葉とともに今でも忘れられない。

負けたけど、それでもこのACLでチームは大きな財産を得たと思う。そして、何年かあと「あの試合があったからこそ、今のフロンターレがある」といわれ、喜びの輪の中にタニがいてくれたらこの負けは大きな意味があったと思えるよ、きっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2007

一夜明けて~AWAY柏戦

他の方のブログやら、書き込みやら観てたら何となく、頭冷えてきた(笑)

まあ、特に前半は楽しいところもいっぱいあった試合だったんですけどね。養父君もひやひやするところもいっぱいあったけど、視野の広さやセンスを垣間見せてくれたし。佐原の周平とはまた違った攻めのディフェンスも何だかワクワクした。ただ、やっぱり人がいないならいないで、もうちょっとやりようはなかったのかな、って思ったりもする。
たとえば拓。ここで出番がないくらいなら、去年一昨年のあの我慢して使い続けた努力は何だったのかな、って思ったり。終盤気持ちをこめた走りを見せてくれたクッキー。彼は若手の中ではまだ出場機会を与えられていた方なんだし、彼を先に出してはどうだったんだろう?少なくとももうちょっと早く出してあげればよかったんじゃないか、って思ったり。そして落合、ミスから出られなくなっていったそのリベンジをここで果たさなければどこで果たせるんだと。まあ、どういっても全ては結果論なんだよね。ある意味、一点でも取れてたらまあいいか、って何だか妙に納得して帰った試合なのかもしれない。

私はやっぱり人が悪いので、今回はしょうがないねえ、っという結論はまだ出せない。この試合をそう割り切る為の条件はふたつ(←すみません、えらそうで。)
ひとつはやっぱり、次のセパハン戦、あそこで一試合休んだだけのことはあった、というプレーをお休み組が見せてくれること。今回の敗戦は出なかった選手だって悔しいだろうし、できれば出たかっただろう、その思いを形にしてくれること。
そして、もうひとつは今回出たメンバーを、その場しのぎのバックアップでなく、これからのフロンターレを支える柱になってもらうためにチャンスを与えてくれること。もちろん、それは彼ら自身が日立台で学んだことをどう生かしてくれるかにもかかっているのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2007

で、この試合の位置づけは何なんでしょうか?~VS柏レイソルAWAY

正直、事前に情報収集する余裕もなかったので(情報が出てたのかも知らない)、モバイルの携帯速報でスタメン知ったとき目を疑っちゃいましたよ。思わず、しばらくご無沙汰していた磐田(&相馬)サポさんに動転していきなりメールしちゃったほど。「…河村ってCBできるの?」
「器用な選手なのでそこそこはこなすのでは」というお返事をいただいたのでちょっと一息ついたものの…ほら、だって私2チームで経験があったはずだった某ごひいきさんのリベロでジェットコースター気分味わったトラウマ思い出がありますもんで(汗)。いや、きょう出た選手個人個人がどうの、って言うんじゃないんですよ。割と集団そのものに情が移るタイプだから、基本的には初スタメン、初ポジション、初出場なんていうのは大好きだし(ちなみに初舞台も好きー笑)、はらはらしつつ楽しみに見ることができるのですが、今回に関しては容認できないよ。まあ、累積やらケガやら、で止むにやまれず、て言うことは過去にもありますよ。でも、今回は違うよね。まあ、イランでの疲労が思ったよりも深かった、というのはあるかもしれないけど。連戦は分かっていた状況なのに、リーグ戦でまだ残留も優勝も決まっていない状態でごっそりスタメンを入れ替えて、ベンチにすら経験の浅い若手、って言う状況はやっぱり言い訳できないよ。職場で先輩社員が過酷な仕事量に疲れてばたばた倒れていき、いきなりほとんど経験のない若手ばかりのメンバーで大事なプレゼンやれ、っていうようなものだと思う。

前半はともかく、一点入った後の動揺しっぷりは何だか嫌に懐かしい(--;)感じでしたが…それを三人で食い止めろ、って川島、ヒロキ、タニはなんかの罰ゲームなんですか?(まあ、クロやガナがいたとしてもだ。)。

…すみません、まったく冷静な感想じゃなくて。でも、去年の鹿がナビスコのためにリーグ捨てた時も思ったけど、やっぱりこういうのって間違ってると思う。チームにとっても、選手にとっても、試合に足を運ぶサポにとっても。
まあ、それがわかってるからこそ、セッキーも一緒にゴール裏に来てくれたんだとは思うけれど。
そして、こういう試合を見せられても応援せずにはいられないのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2007

あとはホームで勝てばよい

遠いアウェイでのセパハン戦。試合内容は観られなかったので携帯にへばりついてました(終盤意識がところどころ途切れてますがー汗)。映像が観られなかったのはそりゃあ淋しかったですが携帯の実況の文章からスタッフの方の映像が観られない人達に何とか試合の様子を伝えようと言う思いが伝わってきてちょっと感動しました。
とりあえず、条件が悪い中で失点を背負ってこなかったのは何よりかな。あとは全力で(?)疲労回復に努めていただいてホーム等々力です。休みとれなかったんだよなー(涙)。何とか後半に間に合うようがんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »