« 何なんだろうこの緊張感は | Main | ちょっと休みます。 »

November 04, 2007

悔しさをひとつひとつ

積み重ねてこのチームは大きくなる。
Jリーグ昇格の年、目の前でガンバに優勝されたことが次の年の2位につながり、昨年の準決勝、フクアリの悔しさが決して楽な道のりではなかった今回のこの舞台につながったのだと信じている。
表彰台でのガンバの歓喜を、多くの選手は目をそらさずに見守り、そのどの背中からも、ひとりあえてセレモニーから背を向けたミノの姿からも悔しさが痛いほど伝わってきた。

試合の局面局面を観れば、チャンスは作っていたかも知れないし、惜しいシーンもあったかもしれない。でも、試合通しての戦い方をみれば点差以上の差を感じた。特に差を感じたのが守備で、戦術の差もあるのだと思うが、ボールホルダーに多くの選手が集中し、他の選手へのマークが外れて特に後半は自由にパスを回されて苦しい状況になっていたフロンターレに対し、ガンバの守り方はボールに過度に人が行き過ぎることなく、マークの受け渡しにも余裕があった。最初の頃のチャンスに一点決めていればまた違ったのかもしれないけれど。やっぱりみんな固くなっているのはありありと感じられたし、点が決められなかったことで、9月の点が取れなかった苦しい時期のトラウマが余計に選手達から余裕を奪ってしまったのかもしれない。勇介は点を取られてから明らかに元気がなかったし、セッキーとしてはかなり思い切った早さでの交代も結果的には功を奏さなかったし。みんな、やっぱり未経験ゾーンでの決勝の雰囲気に飲まれていたのかもしれない。

2位では何もならない、という声もあるかもしれない。でも、これで決勝の舞台をひとつ経験できた。
この経験はきっときっとこのチームの宝になる。そして、近い将来、できれば来年、「あの悔しさが今日につながった」ってまたいえる日がきっと来ると思うから。

「どのチームも初タイトルまでに悔しい経験をしている。若いぼくらもこの悔しさを生かさないと」
BY 箕輪義信(スポーツニュースIZA

|

« 何なんだろうこの緊張感は | Main | ちょっと休みます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/16967039

Listed below are links to weblogs that reference 悔しさをひとつひとつ:

« 何なんだろうこの緊張感は | Main | ちょっと休みます。 »