« いつになく更新してますね。 | Main | ミランの »

December 09, 2007

入れ替え戦ちょこっと

見てないので何もいえないんですけども。
個人的にはけっこう広島って思い入れがあるチームなんですよね。
奥ちゃんがいたころ、若手選手たちもそれなりに観てるし、その折に広島の皆さまにはかなり温かく接していただいた思い出があるし。
その昔、鹿島にとってはとっても苦手なチームなので一目置いてるし。
(そういやあ、今って清水とか広島がお得意さんなんだよねえ。隔世の感があります。)
何より前にも書いたけど、WEBを通してですがちょっとだけ接点があった広島サポの知人が今年なくなられたので、彼女のためにも今年は勝って欲しい、って思ってました。相手が引退を表明した秋ちゃんのいる京都、って言うのがちょっとあれだったけれども(^^;)

ただ、何とはなしにネットを散歩していたら、サポのチームや選手に対する不信感が予想以上に強く、なんだかちょっと切なくなりました。広島って割りとフロンターレと同じ低予算ながら前回落ちた時でさえそれなりに選手やチーム、そしてサポが同じ方向を向いているチーム、仲が良いチーム、ってイメージがあったから。
そしてサポの采配に関する懸念が的中した形で降格。個人的に、寿人の残留表明に強く打たれたので来年はたぶん、広島と仙台を応援するかな。あと、J1の動向次第で甲府。まあ、それもこれも自分のところ(2チーム)+思い入れがあるチーム(千葉とか)が安定した成績を残していてはじめていえることなんですけどね。

すでに鹿も含めて各チームの掲示板で勝手にストーブリーグが盛り上がっておりますが。私は今まで中心選手でありながらこういう時にさっさとチームを捨てて逃げるような選手を個人的に信用しません。まあ、チームから戦力外通告をされていたり、試合に出られていなかったと言う場合は全然別ですが、試合に出られていてチームが落ちた、って言うことはやっぱりそれなりに責任の一端はあると思うしね。同じ理由で試合に出ていながら「レベルアップ」やら「チーム内競争」を理由に移籍する中心選手も信用できないな。だって、そのチームの雰囲気を作っているのには自分も責任があると思うしね。最近、「自分がチームを背負って立つんだ」っていう選手が少なくなっているのは寂しい限り。その意味では自分が応援しているチームの選手達からチームに対する愛が感じられるのは幸せなことだとしみじみ思っていますが、やっぱり本当の真価はつらいときにこそ発揮されるのだろう、と思っています。

その意味では元々好きな選手である寿人の残留宣言は嬉しいけどね。ただ、他の選手の動向によってはこういう選手がババを引いてしまう嫌いがあるのは哀しいことですが。

|

« いつになく更新してますね。 | Main | ミランの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/17314548

Listed below are links to weblogs that reference 入れ替え戦ちょこっと:

« いつになく更新してますね。 | Main | ミランの »