« 青のサンタさん | Main | そして川崎も来た。 »

December 23, 2007

とりあえず、鹿は抜けた

体調が思わしくなかったこともあってユアスタは諦め(だってユアスタ好きなんだもん。牛タンが笹かまぼこが…←そっちかよ!いやいやピッチの近さと声が聞こえる感じがとても好き)、テレビ観戦でした。
やっぱ寒そうだな ユアスタ…と思ったら別の意味で寒かった、と言うより肝が冷えました(苦笑)。
まあ、鹿に関しては試合に行けなかった身がどうこう言うことでもないと思うんだけどさ。

ただ、ホンダFCの戦いっぷりは本当に見事でしたよ。通常、J1を相手にした場合のJ2なりJFLチームの戦い方というのは、とりあえずドン引きしてカウンター、って言うのが多いと思うんですけれども、今日のホンダはそういうのではなく、非常にバランスが良いサッカーをしていた感じがしました。鹿島としてもパスを出す次の相手は何とか見つけられても、その次が考えづらい状況。そして、それを見越した上で鹿島のパスの出しどころはけっこう読まれてた、と思います。読んだ上で、個人が120%頑張って走って奪取してた。FWの子がディフェンスラインにまで戻って守って、さらに攻撃につなげてた。ある程度のリスクも侵して正々堂々とJリーグチャンピオンに臆せず立ち向かってた。敵ながらほんと、格好良かったよ。たぶんあの試合を見ていた鹿好き以外のほとんどのサポはホンダを応援してたことと思います。糸数の退場に関しては効いてただけに残念だっただろうけど、まあサッカーはひとり欠けたことは吉にも凶にも働くからね。新田の涙は、負けて悲しい、と言うよりも勝てるかもしれない試合を落とした、という悔し涙だった。

ただ、鹿島は勝った。そして、今までの経験上 鹿島はカップ戦途中までぐだぐだなとしに限って結構上まで上り詰める気もしたりもする(笑)。それにね、ホンダFCにいい試合をされた以上、そしてホンダFCを破った以上、鹿島は彼らの気持ちまで背負っていかなければいけないのよ。好きあらば喰ってやれ、と下位のチームが虎視眈々と上を狙い、そして下克上が時として実現するのがカップ戦の醍醐味。サポーターは、固唾を呑んでそれを見守り、時として「これがサッカー」というのをため息か歓喜を持って実感する。

さて、準決勝の舞台は整った。
後は川崎を待つだけ…頼むよ。

|

« 青のサンタさん | Main | そして川崎も来た。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/17449399

Listed below are links to weblogs that reference とりあえず、鹿は抜けた:

« 青のサンタさん | Main | そして川崎も来た。 »