« 入れ替え戦ちょこっと | Main | 青のサンタさん »

December 14, 2007

ミランの

ぴたん、ぴたん、と吸い付くようなトラップがすごいなあ、と。読んだ場所よりも少しそれて、狙ったと思われる場所に選手が走りこんでるのもすごかったし、ボールが出てくるのもすごかったです。

だからって日本のサッカーのレベルがどうこう、って声高に語る必要もないと思うし、相手を本気にさせた、って強がる必要もないと思う。別にレッズだから、って言うんじゃなくてまだ差は感じたし、やっぱり学ぶものはたくさんあるなあ、って思ったし。

ただただ素直に感動するところはすればいいし、それなりに得たものはある、って思えればいいんじゃないかな。
どこかの誰かが書いた筋書き通りに気持ちを左右されることはない。

まあ、正直なところあんまり歯が立たなかった、ってのも困ったんだけど、人が悪いもんで「同じ日本人として全面的にレッズを応援した」ってんでもないかな。やっぱり、どうせなら愛するチームにどんなことでも一番乗りをして欲しい、ってのが人情なもんだし(笑)。ただ、うちが出たにせよ、浦和が出たにせよ、どこが出たにしてもだ。やっぱりまだまだ歴史の重みはちょっと違うのね、って思ったことは間違いないような気がするんですけどね。

|

« 入れ替え戦ちょこっと | Main | 青のサンタさん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/17362001

Listed below are links to weblogs that reference ミランの:

« 入れ替え戦ちょこっと | Main | 青のサンタさん »