« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

March 31, 2008

とにもかくにも

勝ったよ…(涙)
寒かったけど、試合内容は寒くなかった。まあ、一部熱くなりすぎた嫌いはありますが(苦笑)…どうも、このカードって毎回荒れてる気がするなあ。ジェフのDFって優良外人が多くて、実は過去をさかのぼってけっこうすきなのだが、どうもフロンターレの後ろよりの選手とジェフの外人DFって何か引火作用があるのか知らん。佐原が修行にいっる今年は勇介が久々に熱くなってましたね(^^;)。審判の前田氏はどっちかというと今回フロンターレに有利に転んだ笛が多かったけど、何だか試合のコントロールが全く出来ていなくて、いろんな意味で怪我人でそうで本当に冷や冷やしました。「家本の後継者はオレだ!」って名乗りあげたいのか?…しばらく会いたくないなあ。
まあ、「11人の相手とやりたかったよ」といえるほどまだまだ余裕はないので…正直勝てた、という結果が本当に全て。

選手たちからは本当に勝ちたい、という気持ちが伝わってきた。今年の目標をタイトル、とかかげたこともあるけれど、フッキがいなくなり、今日はジュニもガナも黒津も怪我でいなくて、今まで何とか積み重ねてきた自信が勝てない試合が続くことで、ぽきっと折れてしまいそうな不安感。それを、全員が前の試合より少しずつ、走って足を少しずつ先まで延ばすことで掴み取った勝利…ある意味クッキーのゴールに象徴されていた。特に印象的だったのが大橋かな。去年までは上手いけど、何となく汚れ役は避けたい、というイメージがどうしてもぬぐいきれなかった。スタミナもなくて、後半になるとだんだん存在感が希薄になっていく感じ。それが、今日は交代しなくてもいけるかも、っと思わせるくらいよく走って頑張っていた。あと、恭平初出場おめでとう。
まあ、相変わらず打ってる割にはシュートが決まらなかったり(敵ながらかっこよかった立石の大当たりもあったけど。)、まだまだちょっとバランスが悪い感じだったり、課題はたくさんあるんだろうけど、とにもかくにも全員でつかんだ勝利。やっぱり、フロンターレはこうじゃなくっちゃね。

久々のそうまにあな方々との観戦は寒いながらに楽しかったし、等々力の桜はとってもきれいでした。相馬さんがかけらくらいしか観られなかったのがちょっと心残り(笑)

* * * * *
オヒサルの選手たちのコメントがほんとに嬉しそうで、何かちょっと涙目。そして、相手のクゼ監督のコメント、JSGOALではカットされてるようですが、これをちゃんとフルで載せたのはチームとしての見識だと思う。自分たちの問題でもあるわけだしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2008

いや、そりゃ喜ばしくはないけどさ

そこで、「これはハンドですよっ!!ハンドですよっ!」と叫んでも判定はくつがえらないのはJリーグを観ててもわかるだろうよ?>マツキチ
正直、フロサポ(とあえていう)の私でさえ、何故ここで今のヤマギシ?なんて思ってしまう選手器用だったりするわけですが。まあ、その前になんで今駒野?なんて思ったりもするわけですが。何か、緩急とかしたたかさとかと無縁だなー、今の代表(苦笑)。よくも悪くもすごく真っ直ぐ。
…幸い一発勝負じゃない。
今のフロンターレ同様、ここで諦めたら試合終了な訳ですよ。
今度はホームで、バーレーンに、オマーンに勝てばいい。ところで、岡ちゃん。やっぱり満男ちゃんは本山はだめなんだかね?
何というか、口だけでなく底のところにしたたかさを持っている選手がほしい。

しかし、ケンゴも、こういう時にチームの顔としてインタビューによばれる選手になったんだね。

***
かたやフロンターレはフッキと決裂した模様ですね。別にフッキに怨みがあるわけでは全くないんだけども、
私としてはどんな華麗なプレーよりも、チームプレーとしてのサッカーが好きなので、そこが妥協できないんだったら、フッキはよそで幸せになってね、というところではあります(苦笑)。ショックはそれなりに大きいと思うけれど、逆に今のタイミングでよかったかな。引っ張れば、引っ張るほどチームのバランスが崩れたと思うし。さあ、黒津、クッキー、満を持して君らの出番だ。

***

そして、心配してたけど隆行は移籍先が決まったようですね。
日本のJ1よりアメリカのJ2なんだねえ。価値観は人それぞれだけど、遠くから活躍を祈ってます。
<追記>けっこうにびっくりしたのが、マスくん(増田忠俊氏:元鹿島~F東京~柏~大分)がこんなことを書いていたこと。私はこの二人が同じピッチにたったのを見た覚えがないんだけど、そうかーかぶってるもんね(^^)何となく嬉しくなってしまったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2008

勝てないときこそ。

なかなか初日が出ませんね、フロンターレ。

勝てない試合も三試合となり、早くも「大丈夫か?」などと心配していただいておりますが。そりゃさ、風邪で寝込んでるっていうのに次々携帯に送られて来る神戸の得点メールにはそりゃあへこみましたよ。ナビスコこそは気持ちのよいスタートを、と思ったのは選手もサポも一緒だろうけど、昼休みを無理やり遅くとってのぞいた実況はここのところのゴールの遠さと、連携の悪さを裏書きするような感じで。ただ、まだ三試合。確かに等々力で観たチームの姿は完成形には程遠かったし、連携やらバランスやらの悪さやら心配なところは多いけど、まだ何一つなくしたわけでも諦めなければいけないわけでもない。ちょうど強くなってきたチームが当たる壁、という気もします。すべてのチームが格上であたって砕けろ、だった頃を抜けて、自信も出てきて、勝てないチームはない→けっこう勝てる割合は高い→勝てるのがむしろ普通になってきて、補強もして。だから勝てないという現実に必要以上に落ち込んで愕然とする。危機感を持つのは大事だけれど、一番怖いのは妙な悲観論に乗せられてどんどん落ち込みモードに応援する方もされるほうも落ち込んでいってしまうこと。諦めたら終わりだから。去年の鹿島、といういい見本があるじゃないですか。獲るんでしょ、タイトル。

開幕前に書かれた相馬さんのコラム
<前略>
98年のリーグ序盤から中盤戦のことだったと思います。後半30分ぐらいで1点リードされていたゲームがありました。そんな状況で僕のミスからピンチを招いてしまったのですが、ジョルジーニョが身体を張って救ってくれました。そのとき彼は僕に近づいてきて、「俺たちはチャンピオンになるんだぞ!しっかりしろ!」と僕に怒鳴ったのです。ポルトガル語ですから細かくはわからなかったのですが、「絶対に負けてはいけないんだ。優勝するには今日勝たなければいけないんだ」というようなことですね。タイトルの行方なんてまだ見えてないような時期だったので、「こんな時期からタイトルを意識しているんだ」と思ったとともに、「負けていい試合なんて一つもないんだ」と強く思ったのでした。<後略>

うわーやっぱりジョルジーニョ、素敵だわ(はあと)←そこかよっ。
でも、あの時のジョルジーニョのように圧倒的なリーダーシップやキャプテンシーを発揮する選手がいるわけでなく、むしろみんなで支えあい補い合っている今年のフロンターレ。大切なのは、みんなで「タイトル取るんだろ!しっかりしろ!」って諦めずに声を掛け合っていくことじゃないでしょうかね。他のチームの選手やらサポーターに笑われたって自分たちさえ信じていられればかまわないじゃないですか。去年鹿島が勝ち始めた時点で、「優勝する!」とか言っても外野はみんなネタだと思ってた感じだったし。ひとりが強くなったり、責任を負うんじゃなくていい(みんなが放棄したら困るけど(^^;))、毎回毎回違う誰かが「俺たちはチャンピオンになるんだろ。諦めるな。」って声をかけていければいいと思うのです。場合によってはサポーターでもいいと思うんですよ、単にいらいらをぶつけるんじゃなくて、厳しかろうが優しかろうが背中を声として送れるのなら。
リーグだってナビだって落としていい試合があるわけじゃないけれど、それでもまだまだ序盤戦…巻き返せる可能性はいくらだってあるんだし。一番心配なのはチームのベクトルがかけちがったままどんどん離れていってしまうこと。
仕事で室蘭にはいけないけれど、頑張って想いを送ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2008

風邪っぴき

すみませぬ~
開幕したこともあり、芝居やら本やら感想書きたいものがたまってるものもあり、久々に更新する気まんまんだったのですが、思いっきり風邪こじらせました。
咳のし過ぎで横隔膜が痛いほどな上に、さらに花粉症でとんでもないことになってます。
熱も出たり、出なかったり。

逆に開幕戦ニ連戦で、ちょっと元気が出たのですが月曜からの三勤で逆戻り、というかさらに悪化。まあ上司に言わせれば絶対「週末のサッカーが原因」ってコトにされそうだからいわないんだけど。

休みなんですが、久々に家で寝込んでおります(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2008

いよいよ開幕

その日、Vゴールで(イシ君だったのは実は忘れていたー汗)逆転勝ち、歓喜のオブラダに沸く鹿スタで、肩を落として挨拶をしにきた選手たちを励ますように、いつまでもコンサドーレサポが歌い続けた『好きですサッポロ』。確かその年の降格制度は何だか変なシステムで、札幌はJリーグの成長のひずみに落ち込んだような形での降格だった。長年サッカーを観てきたからそれなりに降格のシーンも観ているけれど、あの年の札幌はサポーターの熱さとともに一際印象に残っている。正直言って札幌の昇格はダークホースだったけれど、ちょっと嬉しかった…また厚別あたり行っちゃうかも(笑)
その札幌を鹿スタに迎える開幕戦。きっちり真剣勝負、そして王者の誇りをかけるのが礼儀。
決して楽な相手じゃない、というか今のJで楽な相手なんか一つもないだろう。

そして、またシーズンが始まる。
今年はどんな夢を見せてくれるんだろう?
応援し続けることのできる選手がいて、また新しい期待や不安が前にいっぱい待っていて。
土曜日は鹿スタ、そして日曜は等々力。今の勤務シフトで開幕ニ連戦なんて、なんて幸せなことか。
あやうく等々力のチケット買い逃すところだったことは内緒(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2008

何よりも悔しいのは

この試合を応援に行けなかったこと、というのは去年から散々味わってきた想いなのでおいといて。

**
「もう終わっちゃったかなあ?(涙)」などと想いつつ休憩室に駆け下りてテレビをつけたらPK戦 寿人とソガちゃんとの対決。ソガちゃんナイスセーブ!!!思わずガッツポーズ…だったのに不可解なるやり直しで。「あんだよー!審判誰だよーっと観てうつった顔に目を疑った。

チームのサポーターにとって冬は長い。引退、戦力外通告と、出たり入ったりの辛い大波を乗り越え、自分のチームの試合が観られない、長く長く感じる冬を乗り越え、風のうわさに一喜一憂し。ようやく待ちに待ったシーズン初めの大一番。審判の名前を見て喜ぶことはまず難しいといっても、何でよりにもよって一番不安なチョイスなんだ。そして、どうしてそれがものの見事に的中するんでしょうか(悔涙)。
何か、新学期最初の給食がグリーンピーススープだったような気分だよ。(←単にわたしが嫌いだっただけ。)

まあ、「審判が」「判定が」と並んでもおかしくないコメントで選手たちが、しっかり反省するべきところは反省し、前を見据えた発言をしてくれていることをものすごく幸せに思い、勇気付けられたのだけれど。
どんな波があろうと、逆風が吹こうと、それを乗り越えて強さを発揮してこそ真の強さ。今年の風もなかなか強そうだけど、それに打ち勝つだけの強い心と、チームワークを育てていってほしい。それはフロンターレも同じ。この日のI主審なんてものともせずに勝てることがアジアの頂点への道だと思うから。ハンデこそあれ、他からのヘルプは望めなさそうだしね(含みあり。)

そして、広島にはおめでとうを。まあ、ジャッジに関しては広島のせいじゃないし、2点とられてなお諦めず最後までボールを追った。特に寿人の2点目は見事。鹿島にとっても川崎にとっても、どうも苦手意識のあるいやなチーム、という印象が個人的には強いのだけど昨年は淡白なイメージが強かった。これを励みに頑張ってJ1昇格してください。まあ、川崎的には一年だけ寿人のいないJ1を謳歌させていただきます(汗笑←その間に新たな苦手を作る、なんてことにならないように…。)

ただ、やっぱりくどいようだけど言っておきたい。

その昔、相馬さんがこんな意味のことを言った。「3000円出せばCDが買える。CDは長い間楽しめるけど、試合はその日の2時間だけ。その3000円をかけて観に来てくれるファンに報いることが出来るような試合をみせたい。」。これは選手だけが心しなければいけない目標なのだろうか。
1年のうち、何試合の中の一試合なのかはその人によって違うけれど、確実にその日の主審を観て、楽しみにしていた気分に、試合前から水をかけられるような気分を試合前から味わされるようなことがある。そして悪い予感は大概あたっちゃうんだよね…試合の勝ち負けに関わらず、荒れた試合はやっぱり悲しい。
選手が主役になれる、両方のチームが輝ける、そんな試合を見たいんだよね…それ以外の人が目立つ試合なんて悲しいじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »