« 風邪っぴき | Main | いや、そりゃ喜ばしくはないけどさ »

March 23, 2008

勝てないときこそ。

なかなか初日が出ませんね、フロンターレ。

勝てない試合も三試合となり、早くも「大丈夫か?」などと心配していただいておりますが。そりゃさ、風邪で寝込んでるっていうのに次々携帯に送られて来る神戸の得点メールにはそりゃあへこみましたよ。ナビスコこそは気持ちのよいスタートを、と思ったのは選手もサポも一緒だろうけど、昼休みを無理やり遅くとってのぞいた実況はここのところのゴールの遠さと、連携の悪さを裏書きするような感じで。ただ、まだ三試合。確かに等々力で観たチームの姿は完成形には程遠かったし、連携やらバランスやらの悪さやら心配なところは多いけど、まだ何一つなくしたわけでも諦めなければいけないわけでもない。ちょうど強くなってきたチームが当たる壁、という気もします。すべてのチームが格上であたって砕けろ、だった頃を抜けて、自信も出てきて、勝てないチームはない→けっこう勝てる割合は高い→勝てるのがむしろ普通になってきて、補強もして。だから勝てないという現実に必要以上に落ち込んで愕然とする。危機感を持つのは大事だけれど、一番怖いのは妙な悲観論に乗せられてどんどん落ち込みモードに応援する方もされるほうも落ち込んでいってしまうこと。諦めたら終わりだから。去年の鹿島、といういい見本があるじゃないですか。獲るんでしょ、タイトル。

開幕前に書かれた相馬さんのコラム
<前略>
98年のリーグ序盤から中盤戦のことだったと思います。後半30分ぐらいで1点リードされていたゲームがありました。そんな状況で僕のミスからピンチを招いてしまったのですが、ジョルジーニョが身体を張って救ってくれました。そのとき彼は僕に近づいてきて、「俺たちはチャンピオンになるんだぞ!しっかりしろ!」と僕に怒鳴ったのです。ポルトガル語ですから細かくはわからなかったのですが、「絶対に負けてはいけないんだ。優勝するには今日勝たなければいけないんだ」というようなことですね。タイトルの行方なんてまだ見えてないような時期だったので、「こんな時期からタイトルを意識しているんだ」と思ったとともに、「負けていい試合なんて一つもないんだ」と強く思ったのでした。<後略>

うわーやっぱりジョルジーニョ、素敵だわ(はあと)←そこかよっ。
でも、あの時のジョルジーニョのように圧倒的なリーダーシップやキャプテンシーを発揮する選手がいるわけでなく、むしろみんなで支えあい補い合っている今年のフロンターレ。大切なのは、みんなで「タイトル取るんだろ!しっかりしろ!」って諦めずに声を掛け合っていくことじゃないでしょうかね。他のチームの選手やらサポーターに笑われたって自分たちさえ信じていられればかまわないじゃないですか。去年鹿島が勝ち始めた時点で、「優勝する!」とか言っても外野はみんなネタだと思ってた感じだったし。ひとりが強くなったり、責任を負うんじゃなくていい(みんなが放棄したら困るけど(^^;))、毎回毎回違う誰かが「俺たちはチャンピオンになるんだろ。諦めるな。」って声をかけていければいいと思うのです。場合によってはサポーターでもいいと思うんですよ、単にいらいらをぶつけるんじゃなくて、厳しかろうが優しかろうが背中を声として送れるのなら。
リーグだってナビだって落としていい試合があるわけじゃないけれど、それでもまだまだ序盤戦…巻き返せる可能性はいくらだってあるんだし。一番心配なのはチームのベクトルがかけちがったままどんどん離れていってしまうこと。
仕事で室蘭にはいけないけれど、頑張って想いを送ります。

|

« 風邪っぴき | Main | いや、そりゃ喜ばしくはないけどさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/40513033

Listed below are links to weblogs that reference 勝てないときこそ。:

« 風邪っぴき | Main | いや、そりゃ喜ばしくはないけどさ »