« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

August 25, 2008

ソフトボール金メダル

何だかちょっと同僚とヘビーな話をして更衣室に降りたらずっと前に帰ったはずの違う同僚がソフト観てた(笑)。六回いきなりピンチでテンションあがりまくり。上野は凄い。確かに凄いけど彼女を支えた守備陣も三点をものにした攻撃陣も負けないくらい凄いと思うのでした。ビバ!チームスポーツ!
何日か明けて。決勝戦は何度も名場面集でリピートされるのに最終回は最後のアウトのシーンだけっていうのがかなり淋しい。特に2アウト目は試合を動かした大事なポイントだったとおもうんだけどなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2008

サザンオールスターズ30周年大感謝祭

行ってきました。
サザンに関しては、大ファンとかCD全て持ってるとか、と言うわけでは決してないのだけれど。
もちろん好きな曲はたくさんありますが、何かもう、私の世代にとってはもうある意味時代そのものだったりするんですよね。
サザンがデビューしたのは小学生の時で、それから人生のいろいろなシーンの近くにサザンの曲がありました。
あの頃、誰かがこれを歌ってたとか、ちょうど気持ちが揺れていた時期に聴いて涙した曲とか、そんな曲ばかりのコンサートは何だかとっても感慨深いものがありました。

単純に楽しかったです。たぶん、来ている人も私みたいな気楽な同窓会気分のひとも多かったと見えて、ある意味まったりとした感じで。他のコンサートみたいにステージに向って失神しそうに叫んでいる人とかいなかったし(笑)その分、コンサートとしての盛り上がりにはちょっと欠けたかなあ。特に前半、けっこうメドレー形式だったのね。で、個人的にはメドレーって三曲くらい勢いでやるのが限度なのかなあ、って思うわけですよ。だって、けっこう歌ってサビだけが好きだとは限らないでしょう。二番の最初の一節が好きだったり、何度もくり返されるリフレインがその繰り返しゆえに好きだったり。ましてやコンサートってちょっと長すぎるくらいに思える間奏やこれでもか、とその間に観客をしつこいくらいにあおったり、というパフォーマンスがひとつの醍醐味だったりすると思うので。だから、正直、前半のメドレーを中心にした構成はあんまり乗り切れない部分もあったりしました。まあ、それでも後半これだけみんなが知ってる名曲を連ねてどう終わらせるのかと思ったらそう来たかという感じ。それでもあの歌も聞きたかったなー、って言う歌が残るのも三十年の重みなのかな。まあその辺は約束してくれた復活に期待するとしましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2008

やなぎさ~わ

ついついたいそうの富田くんがでてくると↑歌いたくなってしまうんですが(笑)厳密にはヤナギの顔にちょっと楢崎風味をプラスすると富田くんになる気がします。
あと、内村くんは田畑智子に似ている気が。

個人的にはサッカー以外で生で一種目見られるっていわれたら男子の体操かな。アテネ五輪の代表がとっても好きだったのですが、今回のメンバーもいい感じでした。あんまりちゃんと見られなかったのが残念だなあ。だって、テレビだと生中継以外はさわりしかやってくれないことが多くて。

新しい採点方法がどうしてもよく分からないんですけどね。
日本勢もだけど、鉄棒のイタリアのカッシーナ、ダイナミックで難度の高い演技だったと思うのだけど、あんまり点数伸びませんでしたね。
満点が10点じゃないのって何だか変な気分(笑)
すべからく単純な方が喜びも感じやすいのは私がおばかさんだからでしょうかねえ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2008

うおっと

一ヶ月近く立っちまいました。
オリンピックは最初の2戦は休みをとっていたのに、何故か両日とも会社にいて頑張って帰りついたのは後半になってから。まあ、日本であったオリンピックは仕事がらみで忙しかったのはしょうがなかったとしても、だいたい五輪の時期は漫然とテレビがついていて、家にいる限りはありとあらゆる競技の中継を見ている、と言うのが恒例だったのでなんとも今回は物足りないわ。内芝の金メダルもヤワラちゃんの銅メダルも、ちゃんと録画ですら観てないんだよー…切ない。
今日は久々に11時前に帰ったので、谷本選手の金メダルは見ました!今までの五輪の記憶に残る中でも、なんとも鮮やかな一本。久々に気分が良くなったところで、なでしこの勝利の録画…ああ、テレビでいいから名まで観たかったなあ。

男子サッカーについては後半X2しかみてないけど、書きたいことはいっぱいあるのですけれども。
ただ、これからの選手たちを自国のメディアが「谷間」やら「谷底」やらと貶めて悲嘆して見せるのはどうなんでしょうかね?いったい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »